地図

ニューギニア航空の航空券の検索・予約

パプアニューギニアのナショナルフラッグ ニューギニア航空

ニューギニア航空 (Air Niugini) はパプアニューギニアの国営航空会社です。1973年に初めてパプアニューギニア国内線を就航し、これまでアクセス困難だった都市や地域へのアクセスを向上させました。首都のポートモレスビーを拠点にブリスベンマニラ香港シンガポール行きの路線を開設。日本にも乗り入れており、ポートモレスビーと東京 (成田) 間を週2便運航しています。ポートモレスビー経由でバヌアツフィジーソロモン諸島オーストラリア (シドニー・ブリスベン・ケアンズ) への接続便を利用することもできます。航空アライアンスには加盟していませんが、国内線・国際線あわせて25都市以上もの就航地があり、アジアおよび南太平洋地域を中心とした路線ネットワークを構築しています。

ニューギニア航空の割引プラン

ニューギニア航空のWEBサイトより搭乗日や行き先を指定すると、最安値運賃を検索することができます。ポートモレスビー-東京 (成田) 路線では、ニューギニア航空の正規割引運賃が設定されています。エコノミークラスはパラダイス35、パラダイス14、パラダイス・セーバーの3タイプ、ビジネスクラスはビジネススーパーセーバー 、ビジネスセーバーの2タイプの割引運賃があります。パラダイス35、14はそれぞれ出発35日前、14日前までに予約・購入が必要な早期割引運賃です。予約変更はできないものの、リーズナブルな価格設定が魅力です。

ニューギニア航空のマイレージサービス

「DESTINATIONS」というポイントプログラムを運営しています。ニューギニア航空のフライトを利用して貯めたポイントを特典航空券やニューギニア航空のオリジナルグッズに交換できます。フライト以外にも提携ホテルやレンタカーの利用でもポイントが貯められます。そのほかに空港ラウンジや手荷物許容量の優待サービスが受けられる「Executive Club」という有料プログラムもあります。

ニューギニア航空の評価【

ニューギニア航空はIOSA ( IATA Operational Safety Audit ) の認証を受けています。IOSAとはIATA が実施している安全監査プログラムで、運航オペレーションに関する安全品質が国際的な基準を満たしていることを証明しています。IOSA登録航空会社は、2年ごとに登録更新の安全監査を受けますが、ニューギニア航空は2017年に監査にパスし、高い安全品質を維持しています。

ヴァージンアトランティック航空が利用している航空機のタイプ

国際線をはじめとする中距離用の機材としてBoeingのB737-700、B767機が採用されています。いずれもビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス仕様です。またリージョナルジェットのフォッカーF70、F100、ターボプロップ機のボンバルディアDHC8-200、DHC8-300、Q400も短距離線に導入されています。

ニューギニア航空が利用している航空機のタイプ

スカイスキャナーでは、ニューギニア航空は以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
成田空港 (東京) 発 - ポートモレスビー (パプアニューギニア) 行き 6時間50分

ニューギニア航空のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

ニューギニア航空の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

ニューギニア航空のサービス

チェックイン

 
出発空港 チェックインカウンターの場所
成田空港 第2ターミナル 3階 Dカウンター
ポートモレスビー ジャクソン国際空港 国際線ターミナル1階 チェックインカウンター

ニューギニア航空では、国際線は出発時刻の3時間前、国内線は出発時刻の2時間前を目安にチェックインを済ませるよう推奨しています。成田空港発のフライトを利用する場合は、出発1時間前までには手続きを済ませておくと良いでしょう。ニューギニア航空の本国WEBサイトから予約をした場合は、オンラインチェックインも可能です。空港でのチェックインカウンターは国内線と国際線の出発の45分前に受付終了となります。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

国際線

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ビジネスクラス:ハンドバッグなどの身の回り品のほか、手荷物2個まで持込可能。総重量は7kgまで、荷物のサイズは高さ50cm×幅30cm×奥行き20cm以内です。 エコノミークラス:ハンドバッグなどの身の回り品のほか、手荷物1個まで持込可能。総重量は7kgまで、荷物のサイズは高さ50cm×幅30cm×奥行き20cm以内です。
受託手荷物 エコノミークラス:25~30kg (日本発着便は25kg)
ビジネスクラス:40kg

国内線

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ビジネスクラス:ハンドバッグなどの身の回り品のほか、手荷物2個まで持込可能。総重量は7kgまで、荷物のサイズは高さ50cm×幅30cm×奥行き20cm以内です。 エコノミークラス:ハンドバッグなどの身の回り品のほか、手荷物1個まで持込可能。総重量は7kgまで、荷物のサイズは高さ50cm×幅30cm×奥行き20cm以内です。   
受託手荷物 エコノミークラス:16kg
ビジネスクラス:20kg

搭乗クラス

国際線・国内線 エコノミークラスとビジネスクラスの2クラスです。路線や機材によってはエコノミークラスのみの場合もあります。ビジネスクラスはシェル型でパーソナル空間が確保され、シートピッチは114~147cmとゆとりをもたせた設計。リクライニングは170度で長時間のフライトでも移動の疲れを感じることなくくつろげます。エコノミークラスも窮屈感がなく、機材によってはシートモニターも装備されています。

機内サービス

日本発着路線では、エコノミークラス、ビジネスクラスともにドリンクとミールサービスが提供されます。ソフトドリンクのほか、ビール、ワインなどのアルコール類も充実。ミールと一緒にオーストラリアワインを味わうこともできます。オーディオプログラムや映画などの機内エンタテイメントプログラムや機内販売サービスもあり、長時間のフライトでも退屈することはありません。

ニューギニア航空の手数料

ニューギニア航空では、日本国内の窓口での航空券発券・予約変更に伴う航空券の交換発行・払戻し・請求書発行等の手続きに際し、1人あたり2,160円 (税込) の事務処理手数料が発生します。そのほか、予約便の変更やキャンセルに際し、運賃ごとに決められた手数料が発生します。利用運賃種別によって手数料や適用条件が異なるため、予約時に確認しておきましょう。

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。