地図

中国東方航空の航空券の検索・予約

中国三大航空会社のひとつ「中国東方航空」

中国・上海に本社を置く「中国東方航空」は、中国国内における航空産業の分割によって、1988年6月に誕生しました。2010年に上海航空と合併後、さらに、その翌年に中国聯航と合併し、世界各都市へネットワークを拡大。現在は、中国三大航空会社のひとつとして発展を遂げています。

会社の英語名は「China Eastern Airlines」。2014年9月に導入された新しい赤と青のロゴマークは、社名の頭文字と従来のシンボル「ツバメ」を組み合わせたデザインが採用されました。2011年6月には、グローバルな航空連合「スカイチーム」に正式加盟。世界177ヵ国・1,052都市への旅客運航およびスムーズな乗り継ぎサービスを提供しています。

中国東方航空の割引プラン

中国東方航空では、年間を通じて、公式サイト限定の割引航空券を提供しています。例えば、日本から中国への直行便や乗り継ぎ便のうち、エコノミークラスの割引率は、繁忙期で2%および4%、通常期で5%および7%。さらに、ビジネスクラスおよびファーストクラスが、繁忙期で6%、通常期で9%割引となる格安航空券も販売されています。

中国東方航空のマイレージサービス

中国東方航空では、お得なマイレージプログラムとして「イースタンマイルズ」を提供しています。満2歳以上、入会費・年会費無料で入会可能。連続する12カ月間の累積マイル数およびポイント(回数)に応じて、無料航空券の獲得や座席のアップグレード、国際線での受託手荷物の無料追加など各種特典を得られます。デルタ航空エールフランスチャイナエアライン大韓航空などが加盟しているスカイチーム (SKYTEAM) のメンバーであるため、提携航空会社の対象となる便や搭乗クラスの利用によってマイルを貯めることも可能です。

中国東方航空の評価

中国東方航空は、格付け機関スカイトラックス社「SKYTRAX」より、3つ星の航空会社として評価を受けています。さらに、中国国内でも、盤石な経営基盤やブランド力、社会貢献度が評価され、数々の受賞歴があります。

中国東方航空の主な就航先

中国国内各地のほか、世界177ヶ国・1,052都市に就航。国際線では、セントレア・関空・福岡・羽田・成田など日本16都市への直行便を始め、東南アジア路線、ヨーロッパ路線や北米・ハワイ路線などが充実しています。スカイスキャナーでは、中国東方航空は以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
中部国際空港 (名古屋) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間45分
中部国際空港 (名古屋) 発 - 上海 浦東国際空港 (中国) 行き 2時間
関西国際空港 (大阪) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間45分
福岡空港 (福岡) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間20分
羽田空港 (東京) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 6時間20分
羽田空港 (東京) 発 - 上海 虹橋空港 (中国) 行き 3時間
成田空港 (東京) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 6時間30分
福岡空港 (福岡) 発 - 上海 浦東国際空港 (中国) 行き 1時間35分
中部国際空港 (名古屋) 発 - バリ デンパサール空港 (インドネシア) 行き 10時間40分
羽田空港 (東京) 発 - 上海 浦東国際空港 (中国) 行き 2時間40分

中国東方航空が利用している航空機のタイプ

エアバス: A333、A332、A33H、A321、A320、A319

ボーイング: B738、B773

中国東方航空のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

中国東方航空 (チャイナ・イースタン・エアライン) の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

中国東方航空のサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
成田空港 国際線第2ターミナル・3階C
羽田空港 国際線旅客ターミナル・3階出発ロビー
セントレア(中部国際空港) 3階出発ロビー・国際線チェックインカウンターB/C
関西国際空港 第1ターミナルビル(T1)・4階国際線出発フロア
福岡空港 国際線旅客ターミナルビル3階
マイレージプログラム「イースタンマイルズ」の会員 (プラチナ・ゴールド・シルバー) および「スカイチームエリートプラス会員」であれば、優先チェックインが可能です。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

国際線
手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 3辺の合計が 115cm以下、各辺が最大55cm×40cm×20cmの荷物1個。重量は10kg以内
受託手荷物 日本路線の場合、荷物のサイズは3辺の合計が158cm以下。1個あたり最大32kgで、ファーストクラスは3個、ビジネスクラスは2個まで無料。エコノミークラスでは、1個あたり最大23kgの荷物を2個まで無料。エコノミークラスで重量オーバーとなった場合の超過料金は、23kg以上32kg以下で、荷物1個あたり1,000中国人民元。
国内線
機内持込手荷物 3辺の合計が115cm以下、各辺が最大55cm×40cm×20cmの荷物1個まで。重量は10kg以内
受託手荷物 荷物の最大サイズは、1個あたり40cm×60cm×100cm。1個あたりの最大重量は32kg。ファーストクラスは40kg、ビジネスクラスは30kg、エコノミークラスは20kgまで無料。超過重量分は、以下の計算式に応じた追加料金の支払いが必要。 計算式:エコノミークラスの大人片道普通運賃の最高値×1.5%×超過した重量(kg)
手荷物は出発の20分前までに預ける必要があります。

搭乗クラス

国際線: ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラス

国内線: ビジネスクラス(37~60インチ)、エコノミークラス(30~33インチ)

※座席指定は、出発72時間前までに中国のコールセンターか、公式サイトで行うことができます。

機内サービス

機内食やスナック・ドリンクの無料サービスあり。ベジタリアンの方や乳幼児など、特別食を希望する場合には、搭乗する24時間前までに申込が必要です。

機内では、中国の最新グルメやショッピング情報を掲載した機内誌やフリーペーパーが充実。スクリーンでの映画上映や、数種類の音楽チャンネルも楽しめます。

(2017年5月現在の情報)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。