地図

ジェット・タイムの航空券の検索・予約

大手航空会社にかわって運航を請け負う ジェットタイム

ジェットタイム (Jet Time) は2006年に設立されたデンマークの航空会社です。BtoBをビジネスの基軸とし、ツアーオペレーターを対象としたチャーター便の運航やACMI (Aircraft:飛行機、Crew:乗務員、Maintenance:整備、Insurance:保険) を請け負うウェットリースをメインに事業を展開しています。コペンハーゲンビルンヘルシンキを拠点とし、ウェットリースのほかにも航空機のみをリースするドライリース、ダンプリースなどさまざまなリース形態で航空便の運航をサポートしています。航空会社による整備上の都合で機材が不足している場合、乗務員の養成に時間を要する場合などジェットタイム (Jet Time) が各航空会社からの要請を受けて運航を行います。これまでにスカンジナビア航空やエア・グリーンランド、エア・バルティック、ノルウェージャン・エアシャトルの一部路線の運航を請け負っています。 (2018年2月現在)

ジェットタイムの割引プラン

ジェットタイムの事業形態の性質上、マイレージプログラムの運営は行っていません。航空券の予約販売を行っている航空会社が運営するマイレージプログラムにマイルを加算できる可能性があります。各プログラムによってマイルの積算条件が異なるため、ジェットタイム運航便がマイル加算の対象となるかどうかはマイレージプログラムの運営元に確認が必要です。

ジェットタイムのマイレージサービス

「Victoria Programme」というマイレージプログラムを運営しています。TAPポルトガル航空をはじめスターアライアンス加盟航空会社のフライトでマイルを貯められます。提携パートナーは150社以上もあり、フライト以外にもホテルやクレジットカードの利用もマイルの加算対象となります。貯めたマイルは航空券やアップグレード特典に交換可能で、利用実績により上級会員ステータスを獲得すると、スターアライアンス加盟航空会社便の利用時に優先空席待ちや空港ラウンジなどの優待サービスが提供されます。

ジェットタイムの評価

ACMIをはじめリース契約で航空便のオペレーションを請け負っているため、高い安全品質を維持していることで各航空会社からの信頼を集めています。ジェットタイムではIATA (国際航空運送協会) による安全監査プログラムであるIOSA (IATA Operational Safety Audit) の認証を受けています。IOSAは定期的に監査基準が改定されるため2年毎に認証更新のための監査を受ける必要がありますが、ジェットタイムでは2017年に認証が更新されたばかりです。

ジェットタイムが利用している航空機のタイプ

ジェットタイムではBoeing 737-300、737-700、737-800を利用しています。いずれもエコノミークラスのみとなるモノクラスで、中央通路をはさんで左右に3席ずつの配置です。

ジェットタイムの主な就航先

ウェットリースの借り主にあたる各航空会社から請け負った路線に就航しています。ジェットタイムではこれまでにスカンジナビア航空、エア・グリーンランド、エア・バルティック、ノルウェージャン・エアシャトルの欧州路線の一部を運航した実績があります。フライトを予約するとWEBサイトやEチケットの控えに運航会社としてジェットタイム (Jet Time) と表示されていることがあります。

ジェット・タイムのチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

ジェット・タイムの航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

ジェット・タイムのサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
コペンハーゲン空港 ターミナル2

コペンハーゲン、ビルン、ヘルシンキの各空港では、カウンターだけでなく空港設置のセルフチェックイン機でも手続きができます。チェックインは出発の2時間前から30分前まで受け付けています。チェックインカウンターは当日空港のインフォメーションボードでの確認が必要です。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 最大重量5kg、荷物サイズ55 x 40 x 20 cm以内の荷物1個まで持込可能
受託手荷物 機内持込手荷物も含め、手荷物の許容量は最大20kgまで (機内持込手荷物が3kgの場合、受託手荷物は17kgまで) 。
※国際線・国内線

搭乗クラス

国際線・国内線ともエコノミークラスのみのモノクラスです。非常口前の座席は5~8cmほど足元のスペースが広くなっています。座席によってはリクライニングしない席もあるので、座席指定をする際に確認が必要です。

機内サービス

路線によって提供内容が異なりますが、ミールとドリンクのサービスがあります。コペンハーゲンにある有名店の肉料理やオーガニック乳製品のバター、チーズ、ヨーグルトなどが機内食として提供されるほか、美味しいイタリア産ワインも味わえます。また2018年春より、Boeing737-700の運航便ではスマートフォンやタブレット端末を通して楽しめるエンターテイメントプログラムサービスもスタート。機内販売品の事前予約サービスもあり、搭乗時に機内で受け取ることができます。

ジェットタイムの手数料

予約変更や変更に伴う手数料は、航空券を購入した航空会社の規定に準じます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。