地図

ジンエアーの航空券の検索・予約

運賃は約2割引き!大韓航空が設立した格安航空会社 (LCC) ジンエアー

韓国を代表する大韓航空が設立した格安航空会社 (LCC) として、2008年7月より運航をスタートしたジンエアー。国内外にて合計27もの路線を運航し、ソウル金浦-済州 (チェジュ) 線においては過去3年間格安航空会社旅客シェア率1位に輝くなど、成長著しいLCCです。

ジンエアーは座席指定の撤廃や(一部除く)や手続き・規定のシンプル化によって徹底的にコスト削減。その結果、既存航空会社の運賃の約2割引きを実現させました。同時に韓国LCCとしては最初に国際航空安全認証(IOSA)を獲得し、安全を第一としています。社名に真実の「真」と英語の「Jean」の意味が込められているジンエアー。ジーンズを身にまとった客室乗務員ジニー達が、さながら魔法のランプの妖精ジニーのように快適なサービスを提供してくれることでしょう。

ジンエアーの割引プラン

ジンエアーでは、「ジンエアースリムジーンズ(JIN AIR Slim JEANS)」という割引セールが不定期で開催されています。数日間限定で行われるこのセールでは、50%~80%という激安チケットに出会えることも。もちろん日本路線もセールの対象となります。格安航空会社をさらにお得に利用できるチャンスです。

ジンエアーの日本への就航便

ジンエアーでは2009年12月のソウル/仁川-東京/羽田間のチャーター便を皮切りに、日本への就航便が開始されました。格安で利用できるLCCの国際便はまだ世界的に限られている中、ジンエアーは日本を含む国際便を着実に増やしており、現在では大阪、北九州、沖縄、札幌、福岡そして成田での発着便が利用できます。

ジンエアーの評価

ジンエアーは国際航空運送協会IATAが認証するIOSAを獲得。これは世界一の航空安全評価プログラムであり、韓国のLCCとしては初の快挙となりました。まだ韓国を代表する大韓航空への航空機整備委託、内部安全組織への強化など、常に安全に対して高い意識を持つジンエアー。中大型航空機を採用することでソウル仁川 - ホノルル線といった長距離の国際線を実現させるなど、韓国のLCCの市場に革新をもたらしました。 また多くのLCCで有料となる機内食(軽食)やノンアルコールドリンクが、ジンエアーでは無料にて利用することができます。LCCでありながら、従来の航空機のような充実したサービスを体感できると評判のエアラインです。

ジンエアーの主な就航ルート

韓国国内はもちろん、海外では中国や日本を初めタイやベトナム、マレーシアやフィリピンといったアジア各都市へ就航しています。さらに長距離の国際便としてハワイのホノルルやグアム・サイパン、そしてオーストラリアのケアンズへも運航。日本では東京/成田のほか大阪、北九州、沖縄、札幌、福岡と日本全国の都市にて利用することができます。

スカイスキャナーでは、ジンエアーは以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
福岡空港 (福岡) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 1時間5分
成田空港 (東京) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 2時間20分
関西国際空港 (大阪) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 1時間20分
関西国際空港 (大阪) 発 - プサン 釜山空港 (韓国) 行き 1時間15分
新千歳空港 (札幌) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 2時間45分
那覇空港 (沖縄) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 2時間
北九州空港 (北九州) 発 - プサン 釜山空港 (韓国) 行き 50分
北九州空港 (北九州) 発 - 仁川国際空港 (韓国) 行き 1時間25分
那覇空港 (沖縄) 発 - プサン 釜山空港 (韓国) 行き 1時間55分
関西国際空港 (大阪) 発 - セブ空港 (フィリピン) 行き 4時間20分

ジンエアーが利用している航空機のタイプ

ジンエアーで採用されている機種には2タイプあります。B777-200ERは多数の大手航空会社において安全性が検証されている中大型航空機で、韓国国内のLCCとしてジンエアーが初めて導入した機種です。ホノルル就航便などの長距離路線で活躍しています。

B777-200ERより小型のB737-800はB737シリーズの中でも特に評価の高い航空機であり、デジタル技術が100%採用されている最新型の機種です。燃料効率性に優れている上に排気ガスが従来の機体よりも抑えられており、地球環境に配慮した設計となっています。

ジンエアーのチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

ジンエアーの航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは日本の航空会社・LCC・旅行代理店はもちろん、世界中の現地のパートナーを含む1,200社以上の航空券の料金を一括比較し、最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

ジンエアーのサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
新千歳空港 国際線ターミナルビル3階出発カウンター
成田空港 チェックインカウンター第1ターミナル北ウィング4階Eカウンター
関西国際空港 第1ターミナルビル4階チェックインカウンター
福岡空港 国際線旅客ターミナルビル3階Jカウンター
北九州空港 ターミナルビル2階国際線出発ロビー
那覇空港 国際線旅客ターミナルビル2階出発カウンター
今のところオンラインチェックインは提供されていません。搭乗する当日に空港カウンターにおいてチェックインの手続きをする必要があります。空港カウンターの場所は空港によって異なる上、混雑する可能性もあります。慌てることのないよう、時間に余裕を持ってチェックインするようにしましょう。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 3辺の合計が115cm、重量12kg以下の手荷物1個、およびノート型パソコンまたはスーツケースやハンドバッグ
受託手荷物 3辺の合計が203cm、重量15kg以下の荷物。座席未占有の2歳未満の幼児連れの場合は、3辺の合計が115cm、重量10kg以下の手荷物1個、および折りたたみ式ベビーカーもしくは幼児用カーシートのうち1つの計2個。
日本就航便における手荷物の規定は、韓国国内のものとほぼ同一になります。座席未占有の2歳未満の幼児連れの場合は、折りたたみ式ベビーカーもしくは幼児用カーシートを預けることが可能です。なおノート型パソコンや携帯電話、カメラ等の電子製品や宝石類・貴金属類といった高価なもの、そして貨幣や有価証券は委託手荷物に含まれませんので、直接携帯する必要があります。

搭乗クラス

国際線・国内線の違いはなく、搭乗する機種によって選べるクラスが異なります。全席がエコノミーのB737-800は座席間の距離が78cm。座席指定は不可となっています。一方B777-200ERではエコノミーに加えてジニープラスシート(JINI PLUS Seat)を搭載。座席の足スペースが94cmとエコノミーよりも広く、ゆったりとしたフライトが楽しめます。またジニープラスシート なら、搭乗日の空港カウンターにて先着順で座席指定ができます。

機内サービス

LCCでありながらジンエアーでは無料で機内食(軽食)やノンアルコールドリンクのサービスを楽しむことができ、アルコールも有料にて購入することができます。また出発の72時間前までなら子供用の機内食「Jiniキッズミール」を申し込むことが可能。ほかにもアプリをダウンロードして楽しめる有料のエンターテイメントサービスを提供しており、映画やゲームを楽しむことができます。

予約時の手数料

予約はオンラインもしくは電話にて行い、最大9人まで行うことができます。予約のための手数料はかかりませんが、原則として予約と購入が同時に行われます。航空券購入後にやむを得ない事情で日程変更もしくは払い戻しが必要な場合は、ジンエアーのカスタマーセンターやホームページ、航空券を購入した旅行会社等へ問い合わせましょう。

(2017年5月時点の情報)

ジンエアー お問い合わせ先

航空会社 電話番号 (予約/発券)

+82-1600-6200

航空会社 電話番号 (貨物予約/案内)

+82-2-751-7200

航空会社Webサイト

http://www.jinair.com/Language/JPN/

航空会社 公式Facebookページ

https://www.facebook.com/JinAirJapan/

航空会社 住所 (東京支店)

千葉県成田市

成田国際空港第1旅客ターミナルビル

N3042号

282-0011

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。