地図

マンダリン航空の航空券の検索・予約

東アジアを中心にネットワーク拡大 マンダリン航空

マンダリン航空は1991年に設立された台湾の航空会社です。設立当初はバンクーバー・シドニー・ブリスベンへの直行便を運航していましたが、現在は台北台中を拠点に台湾国内線をはじめ、東アジアの主要都市への国際線ネットワークを拡充しています。1999年に台湾の國華航空 (Formosa Airlines) と合併し、台湾のフラッグキャリアである中華航空 (チャイナエアライン) の子会社となりました。日本にも乗り入れており、台北-沖縄線に就航しているほか夏期のみ台北と大分間を定期チャーター便が運航しています。エンブラエルE190やATR72-600といった小型機のほか、親会社である中華航空 (チャイナエアライン) からのリースによるエアバスやボーイング機も導入しています。

マンダリン航空の割引プラン

マンダリン航空のWEBサイトより搭乗日や行き先を指定すると、最安値運賃を検索することができます。台湾国内線はフルフェアの普通運賃のほか、プロモーション運賃、シニアや小児運賃があります。割引率の高いプロモーション運賃は、予約便に限り有効で変更や払い戻しができない場合もあります。国際線も運賃種別によっては予約変更などに制限が設定されているので、フライトを選択する際に運賃規則を確認しておくようにしましょう。

マンダリン航空のマイレージサービス

マンダリン航空独自のマイレージプログラムはありませんが、親会社のチャイナエアライン (中華航空) が運営している「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」に対象となるフライトのマイルを加算することができます。また貯めたマイルは、チャイナエアライン及びマンダリン航空の特典航空券に交換することができます。

マンダリン航空の評価

マンダリン航空は、運航の安全性、旅客・機内でのサービス品質、インターネット予約サービスの提供などが評価され、台湾航空業界の最高栄誉賞「金翔獎」を受賞した実績があります。また2017年12月には航空会社として世界で初めて英国規格協会 (BSI) よりISO 14067カーボンフットプリント (炭素排出量) 認証を取得。バイオ燃料の導入・省エネ化・炭素排出量の削減といった環境にやさしいフライトオペレーションにも取り組んでいます。

マンダリン航空が利用している航空機のタイプ

近距離線や地域路線に利用される小型ジェットのエンブラエルE190 (6機) 、ターボプロップ機のATR72-600 (9機) を採用しています。国際線のフライトには親会社のチャイナエアラインからのリース機であるエアバス A350-900、A330-300やボーイング B737-800、B747-400、B777-300を利用しています。

マンダリン航空の主な就航ルート

スカイスキャナーでは、マンダリン航空は以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
台北 発 - 馬公 行き 45分
台北 発 - 高雄 (馬公経由) 行き 3時間15分
台北 発 - 花蓮 行き 50分
台中 発 - 香港 行き 1時間40分
台中 発 - ホーチミン (ベトナム) 行き 3時間25分
台中 発 - ハノイ (ベトナム) 行き 3時間10分

マンダリン航空のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

マンダリン航空の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

マンダリン航空のサービス

チェックイン

出発空港 チェックインカウンターの場所
那覇空港 国際線旅客ターミナルビル2階
台北 松山空港 2Aカウンター
台中空港 国際線ターミナル1階共用チェックインカウンター

国際線は出発24時間前から3時間前までオンラインチェックイン手続きが可能です。座席指定とパスポート番号を登録するとeチケットの印刷が可能です (一部対象外となる出発空港有) 。国内線も出発24時間前から1時間前までオンラインチェックインを受け付けています。出発時刻の20分前までに空港カウンターのセルフチェックイン機で搭乗券の発券が可能です。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ハンドバッグなどの身の回り品のほか重量7kgまでの手荷物1個持ち込みが可能。荷物の3辺は56cm×36cm×23cm以内。
受託手荷物 エコノミークラス:30kg プレミアムエコノミー:35kg ビジネスクラス:40kgまで無料。超過手荷物料金は1キロあたり6米ドルの追加料金が発生。
※国際線

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ハンドバッグなどの身の回り品のほか重量7kgまでの手荷物1個持込が可能。荷物の3辺は56cm×36cm×23cm以内。
受託手荷物 10kgまで無料。路線によって超過手荷物1kgにつき11~17台湾ドルの料金が発生。荷物は最大32kgまで。
※国内線

搭乗クラス

国際線 路線にもよりますが、エコノミークラスとビジネスクラスの2クラスです。航続距離の長い路線はエアバスまたはボーイング機材での運航です。キャビンスペースもほどよいゆとりが確保されています。 国内線 エンブラエルE190、ターボプロップ機のATR72-600の小型機の路線ではエコノミークラスのみのモノクラスです。エンブラエルE190は通路をはさんで左右に2列ずつレザーシートが配置されています。ATR72-600の旅客機は70席、座席ピッチは30インチです。

機内サービス

台湾国内線は1時間前後のフライトが多いものの、すべての路線でドリンクサービスがあります。飛行時間にもよりますが、お水のほかコーヒーなどの提供もあります。国際線は路線にもよりますが暖かいミールの提供があり、メニューは毎月更新されています。シートモニターの設置がない機材もありますが、機内誌も発行しています。機内サービスについては利用者からの評判もよく、リラックスして過ごせます。

マンダリン航空の手数料

予約便の変更やキャンセルに際しては、手数料が発生します。利用運賃種別によって手数料や適用条件が異なるため、予約時に確認しておきましょう。

マンダリン航空

4.5/5
815件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。