地図

PALエクスプレスの航空券の検索・予約

フィリピンのLCCであるPALエクスプレス

PALエクスプレスは、セブマクタン空港をハブとするフィリピンエアラインの子会社。ジェット航路では結ぶことの小都市間を双発プロペラ機で結んでいる格安航空会社、いわゆるLCCとして多くのフィリピン国民に支持されている航空会社となっています。

PALエクスプレスの歴史

1995年2月、エア・フィリピンとして設立し、翌年には就航。2007年、フィリピン航空の傘下に入りましたが、2009年に一旦運行を停止し、フィリピン航空と、PALエクスプレスが路線を引き継ぎました。さらに2010年にはPALエクスプレスと統合。エアフィル・エクスプレスへと社名を変更し、運行を再開しました。2012年、フィリピン航空が、エアフィル・エクスプレスのブランド名をPALエクスプレスに変更し、機体のカラーリングやサービス内容等もフィリピン航空の標準に統一しました。

PALエクスプレスの格安航空券はスカイスキャナーで

PALエクスプレスの格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。PALエクスプレスの格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

チェックイン

セブ、ダバオ、ジェネラル・サントス、カリボ発着の国内線、および国際線フライトのみウェブチェックインに対応。ウェブサイトよりフライト出発時刻の24時間前から2時間前までに行うことができます。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

機内持込手荷物の重量は7kg以下で、サイズは、横・縦・高さおよび合計はそれぞれ56cm+36cm+23cm=115cm以下となっています。

搭乗クラス

格安航空会社であるため、すべての客席が単一クラスの設定になっています。

機内サービス

機内食や菓子類のサービス、雑誌などの購読物を提供。フィリピン航空との関係性を強化することで、機内サービスを充実させています。(2014年9月19日現在の情報)

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。