地図

スパイスジェットの航空券の検索・予約

インドを代表するLCC、スパイスジェット

スパイスジェットは、インドの格安航空会社で、2005年5月から就航開始。チャットラパティー・シヴァージー国際空港と、インディラ・ガンディー国際空港をハブとする、比較的新しい航空会社です。就航当初は、国内線のみの運航でしたが、2010年10月から、カトマンズコロンボに就航開始。国際線に進出しています。チケットレスシステムを採用し、主にインターネットで受け付けるため、予約発券業務にかかる人件費等含めたコストが大幅に圧縮。乗客の予約記録等はPNRコードで管理されています。乗客はチケットの代わりにウェブサイト上でブッキングした際にプリントアウトした予約記録を手元に保管することになります。

スパイスジェットを含むインドの航空事情

スパイスジェットを含むインドの国内線は1990年頃までは、インディアン・エアーラインズ1社が事業を独占。1990年初頭から経済の自由化が進められ、航空事業にも新規参入の道が開かれるようになりました。その時にジェット・エアウエィズ、サハラ航空などいくつもの航空会社が登場し、エア・ラインの競争の時代が始まりました。2005年にはスパイスジェットとインディゴーが運航を開始。運賃をめぐる競争が始まりました。さらにインドの航空会社では、次々と新機材を導入。経済発展とともに増加していく航空需要に対応していきました。

スパイスジェットの格安航空券はスカイスキャナーで

スパイスジェットの格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。スパイスジェットの格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

スパイスジェットのサービス

チェックイン

チケットレスシステムを採用し、主にインターネットで受け付け。乗客はチケットの代わりにウェブサイト上でブッキングした際にプリントアウトした予約記録を提示します。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

預ける荷物のある場合は利用できず、荷物は機内持ち込みのみ1個、10kgまでで、サイズは最大55cm×35cm×25cmとなっています。

搭乗クラス

スパイスジェットは格安航空会社なので、すべてがエコノミーシートのみとなっています。

機内サービス

スパイスジェットは格安航空会社なので、機内サービスはすべて有料ですが、袋菓子、飴、200mlボトルのミネラルウォーターの配布はあります。フライトアテンダントも20代の若い人が中心で溌剌とした対応が好評です。(2014年8月21日現在の情報)

スパイスジェット

4.0/5
1359件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。