地図

タロム航空の航空券の検索・予約

ルーマニアの航空会社

タロム航空は本拠地をルーマニアの首都であるブカレストにおき、1920年に設立されました。中継拠点の空港として、かつてはジェットエンジン技師の名前からオトペニ空港と呼ばれた事もあった、アンリ・コアンダ国際空港があります。また、ハブ空港とまでには至らないけれども、複数路線のターゲット拠点となる焦点空港として、クルージュ=ナポカ国際空港シビウ国際空港が用意されているのです。

独特のマイレージサービスと最新の航空機材を用意しているタロム航空

それでは、当該の航空会社の保有乗客機について紹介しておくことにしましょう。鉄やアルミ等よりも頑丈で、かつ軽量なCFRPという素材を採用している為に、欧州の航空機メーカーのエアバス社A310-300タイプは、燃料をより多く搭載する事が可能となりました。その結果、ヨーロッパ方面とアメリカを結ぶ大西洋横断路線、並びにヨーローッパ方面と日本間を結ぶ大陸横断路線等の長距離就航が出来る様になったのです。当該の航空会社では、これを2機保有しています。また乗客数を最大132名乗せる事が可能な巡航速度がマッハ0.78で、最大航続距離はおよそ5700kmという同社のA318-100が2機を用意しているのです。ボーイング社の機材としては、737-700が4機と737-300が5機、そしてフランスのエアバスグループと、イタリアのアレーニアアエロナウティカの共同事業体が作り出したATR42が7機あるので、合計20機所有している事になります。また、タロム航空は航空連合のスカイチームに所属しているので、47都市を就航する事を可能としています。その他では、タロム航空のサービスとしては、FlyingBlueというマイレージサービスを利用する事が出来るので、当該の航空会社の特徴と言っても良いかも知れません。

タロム航空の格安航空券はスカイスキャナーで

タロム航空の格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。タロム航空の格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

タロム航空のサービス

チェックイン

オンラインチェックインはパソコンやタブレットなどからフライトの2時間30分前まで利用できます。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

高さ55センチ+長さ35センチ+幅25センチ以内で10キロ1個まで持ち込むことができます。受託手荷物はエコノミークラスが23キロ1個まで、ビジネスクラスは23キロ3個まで預けることができます。

搭乗クラス

エコノミークラス、ビジネスクラスの2クラスが設けられています。

機内サービス

タロム航空の機内食としては、パンに数種類のシュンカハムです。 シュンカハムというのは、スロベニア製の生ハムの事で軽くスモークされている点に特徴があります。 その他では、夕食にマカロニグラタンが出される事もあります。 (2014年11月14日現在の情報)

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。