地図

トレードワールド・アビエーションの航空券の検索・予約

ミャンマーの格安航空ゴールデン・ミャンマー航空

ゴールデン・ミャンマー航空は本拠地を、共和制国家とするミャンマーヤンゴンの中心からおよそ20km弱程度の場所にあります。ヤンゴン国際空港を拠点の空港と定め、2012年6月に設立されたミャンマー地区の格安航空会社です。ちなみにゴールデン・ミャンマー航空の親会社の一つには、1982年8月21日設立されたプライベートタイプの銀行のThe co-operative bankがあります。236のATMを持ちながらも73の国の金銭のレート交換をしています。その他ではMyanmar Aung Business、そしてDevelopment Enterpriseの計3社がバックアップしてくれているのが特徴です。

親会社のバックアップが期待出来るゴールデン・ミャンマー航空

保有機材は、乗客の座席数が180席ある欧州航空機メーカーのエアバス社の機材で、A320-200が1機のみで就航しています。それでは、ゴールデン・ミャンマー航空の就航路線を紹介しておきましょう。南方約40kmにある国際空港で、ヤンゴン国際空港からミャンマーマンダレー市のマンダレー国際空港までの経路があります。また、同じくシンガポールの中心にあったシンガポール・チャンギ国際空港へ向かう事も可能です。その他では、タイバンコク中心地から30数キロメートル程度の所に、旅客ターミナルとしてチェンマイ国際空港を利用する事も出来ます。このように南アジアへ向けた就航が活発なため、近隣国への移動にも事欠きません。利用者の多くは、ビジネスマンの移動ツールとして幅広く利用されています。

ゴールデン・ミャンマー航空の格安航空券はスカイスキャナーで

ゴールデン・ミャンマー航空の格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。ゴールデン・ミャンマー航空の格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

トレードワールド・アビエーションのサービス

チェックイン

カウンターチェックインはフライトの2時間〜30分前まで利用できます。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

受託手荷物は、重量によりそれぞれ料金が課されます。例えば、15キロの場合、12ドルなどです。

搭乗クラス

エコノミークラスになります。

機内サービス

ゴールデン・ミャンマー航空の機内食サービスは、インド・西洋など色々あり、日本人にも抵抗感の少ないメニューも用意されています。 一例を挙げれば、タイ製のベジタブルレッドカレーやマレーシアのニョニャ料理風チキンライス等が堪能出来ます。 (2014年11月14日現在の情報)

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。