地図

ヤクーツク航空の航空券の検索・予約

ロシアの極東地域を拠点とするヤクーツク航空

ヤクーツク航空は、ロシア連邦・サハ共和国ヤクーツク空港モスクワヴヌーコヴォ国際空港をハブとする、ロシア連邦の航空会社。ヤクーツクからロシア国内や東アジアに定期便を運航しているほか、ヨーロッパへのチャーター便の運航も行っています。元々は、アエロフロート・ロシア航空のヤクーツク担当部門の「サハーヴィア」という会社として設立。「ヤクータヴィアトランス」という名称で認知されており、アジアやアフリカ、ヨーロッパなどに貨物チャーター便を中心に運航をしていましたが、1999年にいったん営業を終了。2000年に地元自治体によって再建され、2002年に「ヤクータヴィア」と合併することで今の「ヤクーツク航空」が誕生しました。2014年から新潟ウラジオストク線、東京/成田~ウラジオストク線にチャーター便を就航する計画となっています。

ヤクーツク航空の拠点であるヤクーツクの様子

ヤクーツク航空が拠点とするヤクーツクは、ロシア連邦に属するサハ共和国の首都。レナ川に面する河湾を持つ街で、モスクワから6800キロ、ウラジオストクから1800キロ離れています。とても寒い地域ですが、自然がまだ原生状態のままで、驚くほどの多種多様な動植物を誇る世界に少ない地域の一つとなっています。また、ムース、キツネ、クロテン、クズリ、シロクマ、ヒグマ、セイウチ、アカシカ、トナカイ、ジャコウジカ、ユキヒツジなどが果てしないタイガ・ツンドラ地帯に生息。「ヤクーツク国立博物館」「永久凍土研究所博物館」「マンモス博物館」などの観光名所があります。

ヤクーツク航空の格安航空券はスカイスキャナーで

ヤクーツク航空の格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。ヤクーツク航空の格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。

ヤクーツク航空のサービス

チェックイン

ヤクーツク航空にはWEBチェックインのシステムはありません。カウンターでチェックインを済ませます。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

ビジネスクラスでは40キロ、エコノミークラスでは20キロ。荷物ひとつあたりの大きさ制限は、50x50x100センチとなっています。

搭乗クラス

ボーイングB737-800型機で、ビジネスクラス8席、エコノミークラス162席。B737-700型機では、ビジネスクラス8席、エコノミークラス124席、SSJ100では、ビジネスクラス8席、エコノミークラス85席を用意しています。

機内サービス

フードとドリンクが飛行の期間に応じ航空会社の規範に従って提供されます。ビジネスクラスでは新聞や雑誌、各種フードメニューやドリンクを提供してくれます。(2014年8月21日現在の情報)

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。