スカイスキャナー プレスリリース プレスリリース2015年2月10日

すべての記事

プレスリリース2015年2月10日

海外航空券のブッキングは20週間前がお得!海外航空券を安く購入し、旅行を更に楽しいものにしましょう。

<報道関係各位>

スカイスキャナー リミテッド

海外航空券のブッキングは**20**週間前がお得!

最も高いのは**8、最も安いのは11月の航空券**

海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:エディンバラ、代表取締役社長:ガレス・ウィリアムズ)は、日本人に人気の上位9カ国・地域への航空券について2014年の価格の推移を調査しました。

その結果、最も高騰する時期や安価になる時期、また旅行のニーズの高いゴールデンウィークや夏休み、年末について、価格の傾向を把握することができました。

  1. 購入はお早めに! 最も安く航空券を購入できるのは出発の**20**週間前。
  2. 月別で最も価格が高いのは**8月、次に高いのは7月、12**月出発の海外旅行航空券。

最も価格が安いのは**11月、10月、2**月出発の順。

  1. 週別**で最も価格が高いのは29週(716日~22日)、次いで52週(1224日~30日)出発の便で、いずれも20%以上高騰。最も価格が安いのは、44週(1029日~114日)と48週(1126日~122**日)。
  2. 渡航先**別で、最も高騰するのは7月出発の台湾行き、その次が12月のフィリピン行き。最も安くなるのは10月の台湾行きと1月のフランス行き。**
  3. 年間でアジアが安価になるのは秋、欧米が安価になるのは冬。ゴールデンウィーク時はアメリカと中国、お盆休みはアジア、年末は中国がお得な旅行先。

調査概要

  • 対象渡航先:日本人に人気の中国、香港、フィリピン、タイ、台湾、イギリス、アメリカ、フランス、シンガポール
  • 参照データ:スカイスキャナーで検索可能な2014年1月1日~12月31日の日本から上記渡航先への航空券価格

※マイクロサイト:http://www.skyscanner.jp/bttb/best-time-to-book-jp/

(一部の渡航先についての調査結果のみ掲載しています)

※スカイスキャナーサイト:http://www.skyscanner.jp/

調査結果詳細は以下の通りです。

【「予約のベストタイミング調査」結果について】

  1. 予約のベストタイミング

■最も安く航空券を購入できるのは、出発の**20 **週間前。

予約時期によって9カ国・地域の航空券の平均価格がどう変わるか、出発する週を0週間前として20週間前までの推移をみると、出発の直前である0週間前は20%近く高騰。年間平均価格を下回るのは3週間前。3週間目より早いほど価格は安く、7週間前には平均より約5%安価になり、8週間目から18週間前までは約4~5%安い価格で推移しています。

最も購入しやすいタイミングが訪れるのは19週間前からで、19週間前(-5.9%)に6%近くまで下がり、20週間前には最も安い-6.2%の価格となっています。

予約タイミング

  1. 出発のベストタイミング(月別)
  2. ■最も価格が高いのは**8月出発、次に高いのは7月出発。最も価格が安いのは、11月、10月、2**月出発の順。

9カ国・地域の航空券の平均価格について、月単位でみると、最も価格が高くなる月は8 月(11.4%)。次いで7月(6.8%)、12月(5.0%)となりました。

最も安価になるのは11月(-13.1%)。10月も2番目に安い価格(-7.6%)なので、10月から11月にかけての2カ月間が最も航空券が購入しやすい時期といえます。次いで安価なのは2月(-6.5%)、1月(-4.5%)の順で、この2カ月は平均して5%以上安く購入できます。

出発

  1. 出発のベストタイミング(週別)

■最も価格が高いのは**29週(21.9%)の出発の便、次いで52週(21.4%)。最も価格が安いのは、44週(-14.3%)と48週(-14.3%)。**

9カ国・地域の航空券の平均価格について、週単位でみると、最も高いのは7月16日から22日までの29週(21.9%)に出発する航空券となっています。その次が52週(21.4%)で、それぞれ20%以上高騰しています。ゴールデンウィークが始まる17週出発の価格は5.4%高くなりました。

この3つの旅行シーズンほど高騰しませんが、価格がやや高くなったのが、3月の連休にあたる12週。9月下旬の38週と39週も価格が上昇しています。

最も価格が安いのは44週(-14.3%)と48週(-14.3%)。この2つの週を含む42週から49週までの8週間は10%から14%ほど安価が続くので、年間の底値の時期と言えます。 そのほか、1週から10週も安定して平均価格を下回り、10%前後安くなる週もあるので航空券が買いやすくなります。

航空券価格

  1. 出発のベストタイミング(月別、**9**カ国・地域)

■最も価格が高いのは**7月出発の台湾行き28.0%)の出発の便。最も価格が安いのは、10月出発の台湾行き、1**月出発のフランス行き。

各国・地域への航空券について、月単位で平均価格をみると、8月の夏季休暇シーズンと、12月出発の航空券価格が高騰する傾向があります。8月ではとくに台湾とアメリカの価格が上昇し、12月はフィリピンとタイ、シンガポールなどの暖かい国の価格が高騰しています。

行き先別で見ると、最も高騰するのは台湾行きの7月出発の便(28.0%)で平均より約3割高くなっています。次いで台湾行きの8月(23.1%)、フィリピン行きの12月(22.9%)。最も安いのは10月出発の台湾行き(-19.5%)で、1月出発のフランス行き(-19.4%)もほぼ同率でそれぞれ2割ほど安価になります。

年間で価格変動の幅が大きいのは台湾で、振れ幅の狭い国はシンガポールとなっています。

月別

  1. 出発のベストタイミング(週別、**9**カ国・地域)

■価格が急騰する年末**52**週に、比較的買いやすいのが中国。

■お盆休みの**32週に、特に高騰するのが欧米行きの便(アメリカ、イギリス、フランス)。買いやすい行き先は、シンガポール、タイといった暖かい国。**

■ゴールデンウィークのアメリカ行きは、平均価格より安く購入可能。中国、香港も比**較的買いやすい。**

各渡航先への航空券について、週単位で平均価格をみると、9カ国・地域全ての国の航空券が一斉に高騰するのが年末の52週(12月24日~30日)となっています。フィリピンが5割以上の高値になるほか、タイが30%以上、香港とシンガポール、アメリカが20%以上も高騰しました。その中で上昇率が低いのが中国(2.4%)、次いでフランス(10.4%)となっています。

お盆休みがスタートする32週(8月6日~12日)出発の航空券も、全ての国・地域が平均価格を上回りました。なかでも上昇率が高いのがアメリカとイギリス、フランスの欧米3国。比較的、上昇率が抑えられているのが台湾、タイ、シンガポールといったアジアの国です。台湾は夏季のピークが早めで、29周(7月16日~22日)から価格が急騰し、お盆休みの頃には下降して買いやすくなります。

ゴールデンウィークがスタートする17週(4月23日~29日)はシンガポール、フィリピン、タイの価格が10%以上アップしました。その中でアメリカは-1.9%と安価。中国(0.5%)、香港(1.6%)も上昇率が抑えられています。

週別

6.国・地域別のベストタイミング

■早めの予約(**18週から20**週間前)により安くなるのがアメリカと台湾、タイ、中国。

■アジアの国・地域は**9月から11月出発の秋の旅行が安価。欧米は、1月、2**月に買いやすい。

■アジアの国・地域は**44週から49週目に底値が訪れる。フランスとイギリスは年初の1週、2週、アメリカは7**週が最も安い。

今回の調査で、行き先により航空券の価格の傾向がそれぞれ異なり、また、アジアは秋、欧米は冬など、お得になる時期がエリアで異なるという傾向も見ることができました。

9カ国・地域の最も安価に購入できるタイミングは、以下になります。

最も航空券が安価になるタイミング

行き先

|

予約のタイミング

|

出発する月

|

出発する週

—|—|—|—

アメリカ

|

20週間前

|

2月

|

7週

台湾

|

19週間前

|

10月

|

48週

タイ

|

19週間前

|

9月

|

49週

中国

|

18週間前

|

11月

|

46週

フィリピン

|

17週間前

|

11月

|

45週

シンガポール

|

16週間前

|

9月

|

44週

イギリス

|

14週間前

|

2月

|

2週

香港

|

13週間前

|

11月

|

49週

フランス

|

11週間前

|

1月

|

1週

<スカイスキャナー リミテッドについて>

スカイスキャナーは多様な航空券やホテル、レンタカーについて、各種の検索サイトを一括して比較検索できるメタサーチシステムによる世界3位の無料旅行検索サイトです。2003年にイギリスで設立して以来、月間3,000万人のユニークユーザーに対し、ウェブサイトを通じて最適な旅行ソリューションを提供してきました。また、スカイスキャナーのモバイルアプリはiPhone、iPad、Android、Windows Phone、BlackBerry、Windows 8にて利用が可能で、3,500万件以上ダウンロードされるなど高く評価されており、2013年にはグローバルにおいて前年比99%の成長率で100.44億円の売上を達成しています。
本検索サイト(アプリを含む)は世界中のフライトをカバーしており、30言語・70通貨による検索を可能にしています。オフィスはエディンバラ、グラスゴー、シンガポール、北京、深セン、マイアミ、バルセロナ、ソフィア、ブダペストにあり、500名以上の社員が勤務しています。

▼スカイスキャナーサイト

http://www.skyscanner.jp/

地図