スカイスキャナー プレスリリース スカイスキャナー、「2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5」を発表

すべての記事

スカイスキャナー、「2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5」を発表

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区 https://www.skyscanner.jp/ )は、本日、「2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5」を発表しました。春節(旧正月)期間中のアジア8エリア発・日本行きの往復航空券の予約状況を昨年と比較した結果、最も伸び率が高かった都道府県は熊本県でした。

2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5

順位 都道府県名 伸び率
1 熊本県 +97.4%
2 愛媛県 +64.7%
3 香川県 +23.1%
4 宮城県 +22.3%
5 宮崎県 +18.1%

調査方法: 2019年の中国の春節(旧正月)期間(2月4日〜10日)におけるスカイスキャナー経由の予約席数と、2018年の春節期間(2月15日〜21日)における予約席数(各年1月25日時点)を比較し、目的地の空港ごとに集計、都道府県別にランキング化した。調査対象は、春節が祝日で、訪日旅行において主要な8つの国と地域(インドネシア・韓国・シンガポール・台湾・中国・ベトナム・マレーシア・香港)から出発する日本行き往復便。2018年の予約席数が中央値を下回る都道府県は除外。なおここでの「予約」とは、スカイスキャナーで検索後、航空券を販売する提携先サイトに遷移することを指す。


  1位は、+97.4%(約2倍)の伸びを見せた熊本県でした。旅行者の居住国別では香港からの予約が最も伸びており、香港のLCC・香港エクスプレスが2018年5月に熊本−香港線を定期便化するなど、アクセスの向上が大幅な伸びにつながったとみられます。また韓国のLCC・ティーウェイ航空が2018年11月に熊本−大邱線で定期便を就航したことなどから、韓国からの予約も好調です。

  2位にランクインした愛媛県は、日本最古の温泉といわれる「道後温泉」、サイクリングコースとして知られる「しまなみ海道」など訪日客にも人気の観光地を擁し、+64.7%(約1.6倍)の予約増となりました。主要空港の松山空港には上海線・ソウル線の2つの国際線が就航しており、2018年10月にチェジュ航空の松山−ソウル線が増便したことなどから、スカイスキャナーでは韓国在住者による予約が最も伸びています。さらに、2019年にはエバー航空による松山−台北線の開設も発表されていて、四国や瀬戸内地方の周遊旅行の玄関口としても、今後利用者が増加するとみられます。

  3位は、+23.1%(約1.2倍)の伸びを見せた香川県です。2018年10月に韓国のLCC・エアソウルが高松-ソウル線を毎日運航へ増便したことなどが寄与し、韓国からの予約が最も増加しました。高松空港には、ソウル・上海・台北・香港の4路線が運航しており、四国観光のハブとして利用されています。

  +22.3%(約1.2倍)の予約増で4位に入った宮城県では、2017年9月にPeach Aviationが仙台空港を拠点化し、仙台-台北(桃園)線を就航。タイガーエア台湾も2018年10月に台北線を週2回から5回へ増便するなどアクセスがよくなっていることに伴い、台湾の利用者による予約が好調です。

  5位の宮崎県では、2017年12月、初のLCC国際線としてイースター航空が宮崎−ソウル線に就航したことなどから特に韓国在住者の予約が順調に伸び、+18.1%(約1.2倍)となりました。

スカイスキャナーについて
スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーなどの情報を、世界中の航空会社・旅行会社など約1200社のウェブサイトから横断的に比較検索できるメタサーチのサービスです。世界の利用者数は月間約8000万人、アプリのダウンロード数は7000万回に上ります。2003年に英国スコットランドのエディンバラで誕生し、現在は世界中に10拠点を展開、30言語に対応しています。2016年、中国のオンライン旅行会社Ctripグループの一員となりました。

日本語サイト(https://www.skyscanner.jp/ )やアプリ(https://www.skyscanner.jp/mobile)など日本向けのサービスは、スコットランドに本社を置くスカイスキャナーリミテッドとヤフー株式会社による合弁会社、スカイスキャナージャパン株式会社が運営しています。