スカイスキャナー プレスリリース スカイスキャナー、iOS、アンドロイド向け航空券検索アプリの最新版を発表

すべての記事

スカイスキャナー、iOS、アンドロイド向け航空券検索アプリの最新版を発表

更なる顧客満足を目指して、より簡単な航空券検索を提供

世界の航空会社、旅行代理店からのフライト、レンタカー、ホテルの一括検索と比較を可能にするオンライン旅行検索サイトを運営するスカイスキャナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:ガレス・ウィリアムズ)は、日本語版航空券検索アプリの最新版の提供を開始しました。また、提供開始に合わせ最新版アプリの紹介ビデオも発表しました。

最新版アプリは、2011年に初めて発表されたアプリから、機能とデザイン面で大幅な改訂がされました。これは世界中のユーザーからのフィードバックに基づいたもので、より簡単かつ快適に航空券検索や予約ができることに注力し、これまでのアプリよりも、少ない操作で知りたい情報が手に入るよう再設計されています。スカイスキャナーのデータ*1によると、日本のユーザーの64%が携帯電話またはタブレットから航空券を検索している一方で、実際の予約の65%は、デスクトップパソコンからされており、ユーザーが端末を変えることなく簡単かつスムーズに予約ができるようにしています。 具体的には、以下の機能が改良されています。

  1. 最も人気の料金プランを表示 特に行き先が決まっていなく、しかも格安で旅行をしたいユーザーや、出発直前のLCC航空券の検索の際、出発地から近い目的地への格安料金情報が自動的に表示されるようになっている。検索ワードを入力しなくても、便利にワンタッチで検索情報を見ることが可能。
  2. 3色に色分けされて見やすくなった料金カレンダーとグラフ 値段によって3色に色分けされた料金カレンダーとグラフが表示されるので、旅行日程に余裕があるユーザーには、一目でおおよその航空券の価格帯を把握できるようになった。ワンタッチで選択した出発日と帰国日を組み合わせて検索ボタンを押せば、結果が表示される。
  3. プライスアラートの設定 旅行を計画している日程の航空券情報が更新される際に、メールで通知していたプライスアラート機能が、アンドロイド、iOS両方でも「プッシュ」通知に変更された。最新情報へのアクセスがより手軽に。
  4. 「すべての場所」検索機能へのアクセスがより容易に トップページで出発地を選択し目的地を空欄にしたまま検索すると、自動的に「すべての場所」検索機能が表示されるようになった。
  5. 最近検索した行き先がトップページに アプリを開けた際に表示されるトップページに、最近の検索結果が表示されるようにした。検索結果閲覧途中で電話を受けたり他の作業をしても、また一から検索し直すことなくスムーズに検索結果が閲覧できるようになった。
  6. 検索結果のフィルターがより快適に すべてのユーザーにとって最安値の航空券が常に最適とは限らないため、これまでの乗継の有無や出発時間、到着時間などによる検索フィルターに加え、評価*2などのより多くのフィルターでユーザーのニーズに対応できるようにした。 最新版アプリ紹介ビデオでは、操作方法や新しい機能をわかりやすく解説しています。 「ハワイに年末年始で行きたい場合」編 https://www.youtube.com/watch?v=AVCkRmeonio と「突然の休みでどこか行きたい場合」編 https://www.youtube.com/watch?v=UfwX9SlJ8Jw で、利用時のシチュエーションに分けてお勧めの検索方法を紹介しています。 この最新版アプリは、iTunes またはGoogle Playからダウンロードすることができます。また、既存ユーザーには旧アプリにアクセスした際の通知で、更新することができます。

    1 2014年1月1日より2015年9月30日の間にwww.skyscanner.jpにて、航空券・ホテル・レンタカーを検索・予約をした数の総数のアクセスをデバイスごとに比較。 –2 評価とは、航空券の値段、飛行時間、乗換回数を指標にし、スカイスキャナーが設定している基準