スカイスキャナー プレスリリース スカイスキャナー、「2015年、年末インバウンド旅行人気空港」を発表

すべての記事

スカイスキャナー、「2015年、年末インバウンド旅行人気空港」を発表

2015年は12月27日が空港混雑ピーク

世界の航空会社、旅行代理店からのフライト、レンタカー、ホテルの一括検索と比較を可能にするオンライン旅行検索サイトを運営するスカイスキャナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:ガレス・ウィリアムズ)は、「2015年、年末インバウンド旅行人気空港」1と、年末の空港混雑ピーク見込み2を発表しました。 「2015年、年末インバウンド旅行人気空港」は、旅行検索サイト「スカイスキャナー」を使い、2015年12月25日(金)~31日(木)を到着日にして、訪日旅行者に最も多く検索された日本国内の国際空港をランキングにしたものです。 調査の結果、訪日旅行者に最も多く検索された国際空港は、成田空港でした。国際線の乗り入れが一番多く、日本のインバウンドを支えている空港として、年末の旅行シーズンも1位にランクインしました。2番目に多く検索されていたのは、関西国際空港でした。近年特にアジアからのLCCの発着が増え、3年連続で2位にランクインしています。続いて、冬のリゾート地として人気の新千歳空港が3位に入りました。また、福岡空港、那覇空港が昨年から1つずつ順位を上げる中、羽田空港は昨年の3位から6位に順位を落としています。福岡空港と那覇空港はアジアからの旅行者の興味を惹いており、特に韓国、香港からの検索数が近年大幅に増えています。

年末の各国際空港の混雑ピークは、12月27日(日)を見込んでいます。路線別に見てみると、国内間での移動は、27日(日)から混雑が始まり、31日(木)にピークを迎える見込みです。国際線で到着する訪日旅行者のピークは27日(日)を見込んでいます。
*色が濃くなればなるほど混雑を示す 年末の旅行の行先が決まっていない方でも、スカイスキャナーの「すべての場所」検索機能を使い、旅行日程さえ指定すれば、国内、外を問わず、その期間で一番安く行ける都市が一目で分かります。スカイスキャナーは、空港混雑や航空券高騰傾向の年末の旅行でも、日本語対応サイト、ユーザーからのフィードバックに基づいて新しくなった航空券アプリ、旅行に関するお得で便利な情報をお知らせしている「旅行情報とニュース」を通じ、ユーザー一人一人に最適な旅をご案内しています。

1 2015年1月1日~10月31日までに、日本を除いた各国・地域の検索サイト「スカイスキャナー」を使用して、2015年12月25日~31日の期間を到着日に設定し検索された航空券のうち、対象の11空港(成田空港、関西国際空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港、羽田空港、中部国際空港、函館空港、広島空港、鹿児島空港、仙台空港)を目的地とした検索回数を集計し、空港別のランキングにまとめました。 注2 2015年1月1日~10月31日までに、日本も含めた各国・地域の検索サイト「スカイスキャナー」を使用して、2015年12月25日~31日の期間を到着日に設定し検索された航空券のうち、対象の11空港を目的地とした検索回数を集計し、到着日別にまとめました。