新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー プレスリリース スカイスキャナー、年末年始の国内線航空券の価格動向を調査

すべての記事

スカイスキャナー、年末年始の国内線航空券の価格動向を調査

昨年比で最大3割安、休暇分散化でピークを外せば5割安の旅行先も

  国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区 https://www.skyscanner.jp/ )は本日、年末年始の国内線航空券の価格動向を発表しました。スカイスキャナーのデータを基に年末年始期間に出発する国内発着往復航空券の平均価格を調査した結果、全体では昨年の年末年始に比べて約14%安く、目的地別で最も価格が下がったのは29%減の宮崎でした。

  スカイスキャナーは世界約1200社とシステム連携しており、各社の航空券やホテルを横断的に比較検索できるサービスです。日本の国内旅行においても、LCCを含むほぼすべての航空会社の航空券をリアルタイムで検索することが可能です。今回の価格調査は、スカイスキャナーに蓄積された予約(※)データから年末年始の平均価格を算出したもので、昨年比の値下がり幅では宮崎が1位でした(表1)。宮崎では、ソラシドエアが3月に宮崎―名古屋(中部)線を、Peach Aviationが8月に成田―宮崎線を開設。続く2位の釧路でも、Peach Aviationが成田―釧路線に就航しています。なお宮古島・奄美大島・石垣島といった人気の離島も、昨年より20%以上安くなっています。

  また、新型コロナウイルス感染症により混雑を避ける意識が高まる中、休暇・旅行の分散化も注目されています。人気の旅行先上位10カ所について、一般的な年末年始休暇期間の12月29日〜1月3日に出発する便と1月4日〜11日の出発便の平均価格を比較したところ、すべての場所で1月4日〜11日出発が下回りました(表2)。那覇・石垣島・宮古島で約3割、東京や大阪で約1〜2割、鹿児島で約5割減です。ピークを外した旅行は混雑回避につながるだけでなく、予算も抑えられることがわかります。

(表12020年年末年始 お得な国内旅行先ランキング

順位(価格差順)目的地昨年との価格差
1宮崎(宮崎県)-29%
2釧路(北海道)-27%
3宮古島(沖縄県)-26%
4鹿児島(鹿児島県)-25%
5大分(大分県)-24%
5奄美大島(鹿児島県)-24%
6那覇(沖縄県)-22%
7石垣島(沖縄県)-21%
7長崎(長崎県)-21%
8高松(香川県)-20%

(表2)2020年年末年始 人気の国内旅行先のオフピーク価格

順位 (年末年始の予約数順)目的地1月4日〜11日出発時の価格差 (12月29日〜1月3日出発時との比較)
1那覇(沖縄県)-30%
2札幌(北海道)-35%
3福岡(福岡県)-33%
4東京(東京都)-14%
5石垣島(沖縄県)-33%
6鹿児島(鹿児島県)-51%
7大阪(大阪府)-19%
8宮古島(沖縄県)-30%
9宮崎(宮崎県)-39%
10長崎(長崎県)-30%

調査方法: スカイスキャナー経由で予約(※)された、年末年始期間中に出発する日本国内発着往復便・エコノミークラス1名分の平均価格を目的地別に算出。2020年の年末年始期間は12月29日〜1月3日、2019年の年末年始期間は12月28日〜1月5日。各年11月5日時点の値。予約数が中央値以下の目的地は除外。
※「予約」とは、スカイスキャナーで検索後、航空券を販売する提携先サイトに遷移することを指す。

  スカイスキャナーはこれまでも、日ごとの航空券の価格変動が簡単に確認できるカレンダー/チャート表示などの機能を通して、価格が安い、ひいては混雑が比較的少ないとみられる旅行日程を見つけるお手伝いをしてきました。安心できる旅行予約を目指す試みの一環として、航空会社の感染対策をスコア化し、検索結果に表示する取り組みも開始しています。スカイスキャナーは今後も、「新しい旅のエチケット」や出発地・目的地の自治体のガイドラインを遵守し、安心・安全と地域社会に配慮しながら行う国内旅行をサポートしてまいります。

スカイスキャナーについて
スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーの情報を、世界中の航空会社・旅行会社など約1200社のウェブサイトから横断的に比較検索できるサービスです。世界の利用者数は月間約1億人、アプリのダウンロード数は約1億回に上ります。2003年に英国スコットランドのエディンバラで誕生し、現在は「新しい持続可能な旅の実現を目指し、世界をリードすること」をミッションに掲げ、世界の52カ国でサービスを提供しています。
日本語サイト(https://www.skyscanner.jp)やアプリ(https://www.skyscanner.jp/mobile)など日本向けのサービスは、英国に本社を置くスカイスキャナーリミテッドとヤフー株式会社による合弁会社、スカイスキャナージャパン株式会社が運営しています。