地図

ディリ出発の航空券を検索

東ティモール、ディリ発格安航空券を探す時はスカイスキャナーで

21世紀に入ってから最初の独立国となった東ティモールは、インドネシアに近い島国で多くの旅行者が訪れます。東ティモール発格安航空券を探すなら、スカイスキャナーを利用して探すのがおすすめ。

サイトが英語、日本語にも完全対応なので、とても検索しやすいサイトです。

東ティモール発飛行機便はインドネシアの人気観光地であるバリ島行きの格安航空券があるので、人気があります。中型機で1日2便のフライトですから、出発日によっては驚くほど安いチケットも見つかります。

東ティモールにある主要空港プレジデンテ・ニコラウ・ロバト国際空港の発着情報

東ティモールの首都、ディリ市内に位置するプレジデンテ・ニコラウ・ロバト国際空港は、東ティモール最大の空港。

国際線定期便就航国は3ヶ国で、シンガポール、インドネシア、オーストラリアです。

シンガポール・チャンギ国際空港へは、シルクエアーが週2便から3便運行しています。

インドネシア・デンパサール国際空港へは、スリウィジャヤ航空とシティリンク航空がそれぞれ1日1便の運行です。

オーストラリア・ダーウィン国際空港へは、エアノースが1日平均2便を運行しており、カンタス航空がコードシェア便として共同運航しています。

21世紀最初の国家東ティモールに行こう

インドネシアから2002年に独立した東ティモールは21世紀最初の国家です。

物価は他の東南アジア諸国同様安いので、観光のためにすこし長い間滞在してもお財布はそこまで痛みません。

長らくポルトガルの 領地だった名残であるクリスト・レイと呼ばれる巨大キリスト像、ジャコアイランドと呼ばれる海と自然が堪能できるビーチ、標高約3000メートルのラメラ ウ山、民族衣装を扱ったタイスマーケットなど、新興国といえ多くの名所があるので、しばらく滞在し続けても決して飽きることはありません。

なにより、東ティモールの人々にとっては外国人が珍しいので厚くもてなしてくれます。

名所に行くのもいいですが、村落などに足を向けて現地の人々の暮らしがどうなっているか見たり、言語が伝わらないなりにコミュニケーションをとってみるのもいいでしょう。

 出発地は変更可能ですか?

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。