地図

アメリカ領ヴァージン諸島(VI)発の格安航空券の検索

バージン諸島(米領)発格安航空券はスカイスキャナーで

バージン諸島(米領)発格安航空券を使っての帰国便を探すには、スカイスキャナーでよりご自身のプランに合った格安航空券を見つけることができます。決まっている条件をサイトから打ち込むことでどの航空会社の路線があるのか、値段や乗り継ぎ回数、日本側の空港なども合わせて比較検討することができます。

アメリカ領ヴァージン諸島について

アメリカ領ヴァージン諸島は西インド諸島にある島々のことを言います。観光の拠点となるのはセントトマス島、セントクロイ島、セントジョン島。空港はシリル・E・キング空港がセントトマス島に、アレキサンダー・ハミルトン空港がセントクロイ島にあります。

バージン諸島(米領)発飛行機を探すには、セントトマス島からであれば、島名又はシリル・E・キングになります。主要空港のボルチモア・ワシントン国際空港からデルタ航空が運行する路線に乗ると、エアカナダが運行するボルチモア・ワシントン国際空港発、トロント経由羽田着の飛行機があるため日本への行き来も可能です。

このほかにもアラスカ航空シンガポール航空を利用するルートなどもありますので、旅行日程などによって選べるルートに違いが出てきます。

タクスヘイブンのカリブの島

アメリカ領ヴァージン諸島は米国領土内ということもあり公用語は英語です。

ヴァージン諸島自体はプエルトリコイギリス、アメリカとそれぞれの領土となっているのですが、このうちアメリカ領ヴァージン諸島と呼ばれているのは数十の島々からなる群島です。ほとんどが無人の島々であり、観光の中心となっているのは先述の通り三つの島々です。カリブ海リゾートの一つであり、島には大型クルーズ船が停泊できる港もあります。

首都のシャーロット・アマリーがあるセントトマス島は17世紀の砦であるクリスチャン砦や街を一望できるスカイライド・トゥ・パラダイス・ポイントがあります。

この展望台からはウェスト・インディアンカンパニー・ドックという大型クルーズ船が停泊する港と湾岸の美しい海岸線をすっぽりと見渡すことができます。

またアメリカ領ヴァージン諸島でのショッピングではラム酒が有名ですが、免税店が立ち並ぶ島であることも見逃せません。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。