地図

旭川行きの飛行機・国内航空券の検索

旭川行きの飛行機

旭川空港は旭川市中心部から約16キロの郊外に位置しています。冬は寒さが厳しく降雪量が多いものの独自の除雪態勢を整え、99.1%の就航率を誇ります。冬期は厳しい気象条件が続きますが、天候事由の欠航が少ない空港です。旭川へは東京 (羽田) 、名古屋 (セントレア) の2都市より定期便が就航しています。また冬期は運休していますが、夏の観光シーズンのみ大阪 (伊丹・関空) から旭川行きのフライトも運航しています。国内線だけでなく台北からの国際線便も発着し、LCCも乗り入れています。ソウルや上海線は現在のところ運休していますが、日本へのインバウンド需要に応えるかたちで、一部期間のみ運航が再開される可能性もあります (2018年1月現在) 。東京から約1時間40分、名古屋から約1時間45分のフライトで旭川空港に到着します。その他の日本国内都市からは、東京・名古屋で国内線を乗り継いで旭川まで行くことができます。

旭川行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

旭川行きの飛行機は、年間の平均で約40,285円です。(*1)

旭川行き航空券の安い時期・高い時期

旭川行きの航空券は、年間平均で約42,800円 (大人1名あたりの往復運賃) です。1~4月までは航空券の価格が安いシーズンで年間平均運賃以下の33,500円~37,400円台が相場です。2月は年間で最も安く、往復航空券の相場は年間平均より22%安い33,500円。旅行や帰省客の増える5月、7~8月は運賃相場が高くなり、年間平均より10~17%アップ。航空券の価格は47,000円~50,000円台です。夏休みが終わると9~11月までは運賃が下がり、相場は35,000円~39,500円台と年間平均よりも安くなります。国内線は航空会社が設定している早期割引運賃を利用すれば格安航空券の購入チャンスは十分にあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

旭川は北海道のほぼ中央に位置し人口は札幌に次いで北海道で2番目に多く、北海道北部の拠点都市として公的機関や医療・教育施設が集まっています。ペンギンの行進など動物を間近で見学できる旭山動物園は人気の観光地のひとつ。またパウダースノーのスキー場は雪質が良いと海外の人からも好評です。夏は35度近くまで気温が上がる日もあれば、冬は氷点下40度ほど近くを記録するなど、1年を通して寒暖差が大きいのが特徴。春から夏にかけてのシーズンは爽やかな気候で旅行に適していますが、冬もウインタースポーツを楽しんだり、雪像が飾られる雪祭りも開催されます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

旭川行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?旭川行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接旭川行きのフライトをご予約いただけます。

旭川へ就航している主な航空会社

旭川空港へ国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空) ANA (全日空) エアドゥの3社です。JALとエアドゥは羽田空港発、ANAは名古屋発のフライトを運航しています。季節運航となる大阪-旭川線は、伊丹発旭川行きがJAL、関空発旭川行きをANAがそれぞれ運航しています。またANAとエアドゥはコードシェアを行っているので、エアドゥ運航便をANA便名で予約することもできます。また国際線は台湾のエバー航空とLCCのタイガーエア台湾が乗り入れています。国内線・国際線ともにフライトが季節運航になったり、定期便が減便・増便になる可能性もあるので予約時にスケジュールを確認してみましょう。

旭川空港から市内中心部へのアクセス方法

旭川空港から市街地への主な交通手段はバス・タクシー・レンタカーです。

・バス
旭川市内中心部のほか、旭山動物園、旭岳、富良野駅へ行く路線バスが運行しています。旭川駅前まで620円、旭山動物園までは550円で、いずれも空港から約35分で到着します。富良野駅までは約60分、運賃は770円です。飛行機の到着時間にあわせての運行で、飛行機の到着時刻より約30分後には各方面へのバスが出発します。

・タクシー
空港の到着フロアーから出入り口4あたりを出たところにタクシー乗り場があります。JR旭川駅までは約15キロで所要時間は約30分で運賃は約4,100円です。旭山動物園までは約3,500円、美瑛駅までは約3,100円、富良野駅は約10,000円が料金の目安です。また旭川市中心部と空港間では定額運賃タクシーもあり、小型車3,900円、中型車4,900円で利用できます。定額制タクシーを利用する場合は1時間以上前までの事前予約が必要で、利用可能なエリアが限定されているので事前によく確認しておきましょう。

・レンタカー
空港到着ロビーにレンタカーの受付カウンターがあり、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルといった大手レンタカー会社を利用できます。事前予約をしておくと当日チェックイン手続きがスムーズです。

旭川旅行のお役立ち情報

旭山動物園だけではない旭川の見どころ

旭川といえば2017年に開園50周年を迎えた旭山動物園が人気の観光スポットです。動物たちの生態や行動を間近で見学できる行動展示というスタイルを確立した動物園として、日本全国だけでなく中国や韓国からの観光客もたくさん訪問しています。空港からは富良野や美瑛といった北海道を代表する観光地へのアクセスも便利なので、観光シーズンとなる夏は旭川とあわせて道北の旅を計画するのも良いでしょう。最近は雪をテーマにした「雪の美術館」も人気です。氷のお城を訪問したような感覚になりロマンチックな雰囲気。まるで「アナと雪の女王」の世界に旅したような気分になれるので小さなお子様と一緒の旅行にもおすすめです。お酒が好きな人は「男山 酒造り資料館」を訪れてみてはいかがでしょうか。男山酒造の工場を見学できるだけでなく、資料館でしか購入できない限定品もあります。

国内旅行におすすめの情報・ツール

旭川への滞在でホテルをお探しですか?

旭川のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な旭川のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発旭川行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。