地図

秋田行きの飛行機チケット・国内航空券の検索

秋田行きの飛行機

秋田には秋田空港 (AXT)大館能代空港 (ONJ)の2つの空港があります。大館能代空港は青森県に近く白神山地・十和田湖などへの観光拠点として利用されています。秋田空港は秋田市内から約20キロ南東に位置し、秋田市内をはじめ角館や横手といった県南部からも連絡バスなどが運行しています。秋田へは東京 (羽田)、大阪 (伊丹)、札幌 (新千歳)、名古屋 (セントレア) の4都市より定期便が就航しています。秋田新幹線の開通後、東京-秋田間は新幹線でもアクセスが可能となりましたが、各地より1時間~1時間30分ほどのフライトで移動できる利便性の高さから年間120万人以上が利用しています。国内線だけでなく、ソウルからの国際線便も発着していましたが、現在は運休が続いています (2018年1月現在)。

秋田行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

秋田行きの飛行機は、年間の平均で約33,300円です。(*1)

秋田行き航空券の安い時期・高い時期

年間を通して安値と高値のシーズンが明確にわかれ、価格変動率が大きいのが特徴。1~8月までは年間平均運賃以上の高値で、9~12月までは年間平均以下の安値になります。1~2月は約32,000円~33,000円台が相場で、3月になると年間平均より13%アップし約36,400円まで運賃が上昇。5月も約38,200円までアップします。夏のレジャーシーズンは7月約39,000円8月は年間平均より31%アップの約42,400円が相場、1年で最も飛行機のチケットが高くなります。9~10月は運賃相場が1万円以上ダウンし、航空券の価格は31,500円~31,800円前後です。11月は年間平均より37%ダウン20,290円が相場で年間の最安値となります。12月は少し価格がアップしますが、帰省などで利用者が増加するものの相場は約25,800円で年間平均より20%も安く、冬期は格安航空券を利用しやすい時期といえます。

日本海と奥羽山脈に挟まれた秋田県は、冬になると降雪量が多く寒冷な気候です。夏は関東や西日本と比べると平均気温は低く過ごしやすいものの、近年は猛暑日になる日もあります。田沢湖や角館、男鹿半島をめぐる旅など見どころも多く、美味しい地酒や比内地鶏、きりたんぽ、稲庭うどんや横手焼きそばなどのご当地グルメも充実。夏の竿燈 (かんとう) 祭りは、国の重要無形民俗文化財にも指定され多くの人で賑わいます。四季それぞれに見どころがあり魅力が異なるので、年間を通して旅行に適しています。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

秋田行き 格安料金のチケット

秋田行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?秋田行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接秋田行きのフライトをご予約いただけます。

秋田行きの便を運航している主な航空会社

秋田空港へ国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空)ANA (全日空) の2社です。東京 (羽田)、大阪 (伊丹)、札幌 (新千歳) の3路線はJAL・ANAの2社、名古屋 セントレア-秋田はANAが運航しています。国際線は秋田-ソウル (仁川) 線を大韓航空が運航していましたが、運休が続いています。訪日観光客が増える観光シーズンに運航が一時的に再開される可能性もありますが、最新スケジュールは都度各航空会社やスカイスキャナーでフライトを検索してみましょう。現在のところ、秋田空港に就航しているLCCはありません (2018年1月現在) 。

空港から市内中心部へのアクセス方法

秋田空港 (AXT) から市内中心部への主な交通手段はバス・タクシー・レンタカーです。

・リムジンバス

秋田空港から秋田市内を結ぶ空港リムジンバスが運行しています。座席の事前予約は不要で、航空便の到着時間にあわせて出発します。飛行機が遅延した場合はそれにあわせてバスの出発時間も変わります。秋田駅西口までは約35分、県庁市役所前までは約45分。運賃は930円です。

・秋田空港にかほGO (乗合バス)

秋田空港からにかほ市まで予約制の乗合バスです。JR仁賀保駅、JR金浦駅、道の駅ねむの丘に途中停車し、JR象潟駅が終点です。利用前日の正午までに事前予約が必要で料金は大人1名一律3,500円。秋田空港からJR象潟駅までの所要時間は約1時間30分です。

・エアポートライナー (乗合タクシー)

秋田空港から県内各地へと向かう乗合タクシーです。秋田市内をはじめ、角館・田沢湖・乳頭温泉方面、玉川温泉方面、男鹿半島方面、本荘・仁賀保・象潟方面と運行エリアがわかれています。電話予約の場合は利用前日17時まで、インターネット予約の場合は利用前々日17時までに事前予約が必要です。運賃はエリアにもよりますが、秋田市内は1,500円~2,500円、その他のエリアは5,000円~6,000円が目安。遠隔地になると10,000円ほどかかる場合もあります。料金は乗車時にドライバーへ支払います。

・タクシー

空港から一般タクシーの利用も可能です。小型車を利用の場合、各地までの料金の目安は秋田駅までは約6,230円、大曲駅までは約11,630円、角館駅までは約14,150円。交通事情によって料金が上がる場合もあります。

・レンタカー

国内線ターミナルビル1階にレンタカーの受付カウンターがあります。トヨタレンタリース ・日産レンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズカーレンタル ・オリックスレンタカー・100円レンタカーの6社の利用が可能です。

秋田旅行のお役立ち情報

観光・温泉・ご当地グルメが充実!秋田の見どころろ

秋田は季節や地域によって見どころが異なり、どの季節に訪れても楽しめます。春は角館の桜が有名で毎年4月の終わりからゴールデンウィークにかけて桜祭りが開催されます。風情ある武家屋敷通りは桜が満開になるとたくさんの人で賑わいます。5月から夏にかけては田沢湖周辺がおすすめ。遊覧船で瑠璃色が美しい湖の景観を楽しめます。夏は男鹿半島をドライブしながら一周したり、最近は100キロを超える半島一周のロングコースに挑むサイクリスト達も増えています。秋は紅葉と温泉がおすすめ。岨谷峡 (秋田市)、小安峡 (湯沢市) といった渓谷をはじめ紅葉スポットもたくさんあります。乳頭温泉や玉川温泉でのんびり過ごすのも良いでしょう。横手のかまくらは冬の風物詩として知られ、かまくらの中で甘酒やお餅をいただくこともできます。また美味しいご当地グルメが豊富なのも秋田の魅力です。きりたんぽ鍋や比内地鶏の親子丼、B級グルメファンには横手焼きそばや男鹿しょっつる焼きそばもおすすめです。

国内旅行におすすめの情報・ツール

秋田への滞在でホテルをお探しですか?

秋田のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な秋田のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発秋田行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。