地図

シカゴ(CHIA)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

カリフォルニア行きのフライトが発着している日本国内の空港

シカゴにはオヘア国際空港シカゴ ミッドウェイ国際空港、ゲーリー国際空港の3つの空港があります。オヘア国際空港は4つのターミナルを有する巨大な空港でユナイテッド航空アメリカン航空といったアメリカを代表するメガキャリアのハブ空港です。ミッドウェイ国際空港はサウスウエスト航空をはじめ、格安航空会社 (LCC) の乗り入れが多いのが特徴。日本からは成田空港よりシカゴ オヘア国際空港行きの直行便が就航しています。日本国内各地から出発する場合は、東京で国内線から飛行機を乗り継ぎ、シカゴ行きの直行便を利用します。またロサンゼルス、シアトルでアメリカ国内線に乗り継いでシカゴに行く方法もあります。成田空港から直行便を利用した場合、シカゴまでは約12時間のフライトです。

シカゴ行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

シカゴ行きの飛行機は、年間の平均で約123,760円です。(*1)

シカゴ行き航空券の安い時期・高い時期

シカゴ行きの航空券は、年間平均で約123,760円 (大人1名あたりの往復運賃) です。年間を通して価格変動が大きいのが特徴。航空券が年間平均を上回るのは6~8月の3か月間です。8月は利用者数が増えることから年間平均運賃より30%アップし、航空券の相場は約164,000円6~8月以外の期間は年間平均以下で相場が推移し、103,000~121,000円台で航空券を利用できます。最安値になるのは2月で、往復航空券の価格は約103,700円です。夏のレジャーシーズンは運賃相場が高くなりますが、過ごしやすい気候の春と秋は比較的価格が安く、早期割引やセール運賃が適用されるフライトもあるので格安航空券を利用しやすい路線といえます。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

シカゴはアメリカ中西部の経済・文化の中心地で、ニューヨークやロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の都市として発展しています。歴史的に価値のある超高層ビルをはじめ、近代の名だたる建築家が手がけたビルや建物が数多く残っています。またミシガン湖やシカゴ川クルーズなど、大都会でありながらすぐ近くに豊かな自然を感じられる場所が多いのも魅力です。シカゴは日本の函館とほぼ同じぐらいの緯度にあり、夏は爽やかで過ごしやすいものの、冬の平均気温は氷点下になり寒さが厳しいのが特徴。春と秋は朝晩は少し寒く感じられることもありますが日中は過ごしやすく、旅行のベストシーズンです。冬にシカゴを訪問する場合は防寒対策をしっかりしておきましょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

シカゴ行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?シカゴ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接シカゴ行きのフライトをご予約いただけます。

日本からシカゴへ就航している主な航空会社

日本からシカゴ オヘア国際空港にはJAL (日本航空) ANA (全日空) のほか、ユナイテッド航空アメリカン航空が就航しています。ANAとユナイテッド航空はスターアライアンス、JALとアメリカン航空はワンワールドに加盟しているため、成田-シカゴ線で、同じアライアンスに加盟している航空会社間で相互にコードシェアを行っています。現在のところ、日本からシカゴに就航している格安航空会社 (LCC) はありませんが、アメリカ国内線を利用する場合はオヘア国際空港とミッドウェイ国際空港にLCCが乗り入れています。

シカゴ空港から都心部へのアクセス

シカゴ オヘア国際空港から市内中心部までの主な交通手段は、空港シャトルバン・鉄道・タクシー・ウーバー (UBER) です。

・空港シャトルバン
空港シャトルバンは同じ目的地や方面の人と相乗りする小型のバンで、アメリカでは空港から市内までの移動手段として一般的によく利用されています。シカゴでは、ゴー・エアポート・エクスプレス (Go Airport Express) という乗り合いのバンがあり、市内のホテルなど目的地まで行くことができます。ダウンタウンまでの所要時間は45~90分ほどで、行き先によって所要時間が異なります。同乗者の行き先によっては通常より時間を要する場合もあります。チケットは到着ロビーのサービスカウンターで購入可能。片道利用の場合は30~37ドルです。10~15分間隔で運行しています。

・鉄道 (CTAトレイン・ブルーライン)
オヘア国際空港からダウンタウンへと向かう鉄道で、ダウンタウンに近づくと地下鉄になります。ターミナル2の地下にオヘア駅があり、駅の券売機でチケットを購入できます。運行間隔は時間帯により3~30分程度。夜間は本数が少なくなるので、昼間の利用が安心です。空港からダウンタウンまでの運賃は5ドルで、40分ほどで到着します。

・タクシー
メーター制でダウンタウンまでの所要時間は30~60分ほど。料金は50~80ドルで空港利用料4ドルが加算されます。チップは運賃の15~20%が相場です。荷物をピックアップし、到着ターミナルに出ると係員から案内してもらえます。

・ウーバー (UBER)
日本でも最近徐々に利用者が拡大している配車アプリサービスを使って空港から市内中心部まで行くことができます。あらかじめ「UBER」のアプリをスマートフォンにダウンロードしておき、配車のリクエストをします。空港からダウンタウンまでの料金は45ドル~、所要時間は30~60分ほどです。車種によって料金が異なりますが、予約時に料金の見積もりや検索ができます。

シカゴ旅行のお役立ち情報

摩天楼の高層ビルに囲まれた活気あふれる街 シカゴ

ア超高層ビルの建ち並ぶシカゴは街全体が建築博物館といってよいほど、歴史的価値のある建築物やビルがたくさんあります。20世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトやミース・ファン・デル・ローエの設計による建築物を見学することができます。シカゴを代表する高層ビルであるウィリス・タワーやジョン・ハンコック・センターの展望台からダウンタウンを一望するのもおすすめです。ミシガン湖のクルーズは観光客に人気があり、特にディナークルーズは湖上から美しいシカゴの摩天楼を眺めることができます。夏にシカゴに行くならノースアベニュービーチでのんびりと過ごすのもおすすめです。街歩きに疲れたら、中心部のミレニアムパークでひと休みしましょう。公園のなかではさまざまなイベントやコンサートも開催され、冬はスケートも楽しめます。また、アメリカ三大美術館のひとつ、シカゴ美術館も必見です。印象派からヨーロッパ近代美術、モダンアートまでさまざまなジャンルの作品を鑑賞できます。

国内旅行におすすめの情報・ツール

シカゴへの滞在でホテルをお探しですか?

シカゴのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なシカゴのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発シカゴ行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。