地図

上海行きの格安航空券の検索・予約

日本から上海行きのフライト

上海への空の玄関口は、国際空港である上海虹橋国際空港 (SHA)上海浦東国際空港 (PVG) の2つがありますが、国際線のほとんどは上海浦東国際空港に到着します。入国時には入国カードのみ提出が必要となりますが、日本国籍者の場合、15日間以内の短期観光滞在ならビザは不要となっています。フライト時間は成田~上海で約3時間5分、大阪・関空から上海までは2時間25分、名古屋・セントレアから上海までは3時間10分となっています。

上海行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本から上海行きの航空券は、年間の平均で約36,100円です。(*1)

上海行き航空券の安い時期・高い時期

11月は1年を通して最も運賃が安い時期で、年間平均運賃より15%ダウンします。12月・1月も年平均と比較して7~9%価格が安くなり、往復航空券の相場は35,000円以下になります。年間で最も運賃が高いのは8月で、年平均運賃と比較すると18%アップします。7月から10月までの期間は往復36,000円から40,000円前後と運賃が高い時期になりますが、航空会社やスケジュールによって格安航空券を利用できるチャンスがあります。(*2)

上海は日本と同じく四季の変化があり、訪問する季節によって異なる魅力のある都市です。年間を通して旅行に適していますが、日本と同じく6月から7月にかけては梅雨があり、また夏は蒸し暑いのが特徴。9月に入ると台風が襲来することもあるので、出発時期が台風シーズンと重なる場合は運航状況などを確認しておくようにしましょう。有名な上海ガニは秋から冬にかけて食べごろの季節を迎え、10月から1月ぐらいがシーズンになります。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

上海行き 格安料金のチケット

上海行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?上海行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接上海行きのフライトをご予約いただけます。

上海行きのフライトを就航する日本国内の空港

上海 浦東国際空港上海 虹橋空港の二つの空港がある上海。浦東国際空港は中国国際航空・中国東方航空・上海航空のハブ空港としても活用されている巨大な国際空港です。アジアはもとより、中東・アフリカ・ヨーロッパ・オセアニア・北米・中米と全世界から60以上もの航空会社が乗り入れています。虹橋空港には主に中国国内線のフライトが発着していますが、羽田発の虹橋空港行きの直行便もあります。日本からは、東京 (成田羽田)、関空中部セントレア福岡札幌 新千歳といった主要な国際空港をはじめ、小松富山岡山広島松山長崎鹿児島沖縄 那覇といった全国各地の空港から上海行きの直行便が就航しています。便数も多く、上海は日本から最もアクセスのよい海外都市といえます。

上海行きの航空会社

日本から上海へは、JAL (日本航空) ANA (全日空) のほか、中国国際航空 (エアチャイナ)中国南方航空上海航空吉祥航空が日本の各都市と上海を結んでいます。LCCではピーチジェットスター春秋航空が上海への定期便を開設。またJAL (日本航空)・ANA (全日空)・上海航空中国東方航空の4社は上海 浦東国際空港だけでなく、羽田発の虹橋空港行きのフライトを運航しています。羽田空港と虹橋空港はどちらも市内中心部へのアクセスがよく、出張などビジネスでの利用客に人気があります。LCCではコンパクトな中型の飛行機が採用されていますが、上海までの飛行時間は約3時間30分なのでフライト中も窮屈さを感じることなく快適に過ごせます。LCCは往復・片道それぞれスケジュールや料金を比較しながらフライトを選択できるので、自分の都合にあわせてフライトが選べるのが魅力です。

上海の主要空港から都心部へのアクセス方法

上海浦東国際空港(PVG) → 市内

浦東空港から市内へはエアポートバス、タクシー、地下鉄、リニアモーターカーを利用して市内中心部まで行くことができます。バスやタクシーなど車を利用する場合、上海中心部までは約1時間。ただし時間帯によっては渋滞と重なり混雑する場合もあるので時間に余裕をみておくとよいでしょう。タクシーの料金は上海中心部の外灘まで約200~220元です。エアポートバスは、静安寺近くのシティエアーターミナル、上海駅、上海ディズニーリゾート行きなどいくつかの路線があります。行き先によって運賃が異なりますが、一番高くても30元ほどなのでタクシーよりもリーズナブルです。
地下鉄の上海軌道交通2号線 (東西線) を利用する場合は空港から市の中心部まで約1時間で、料金は7元とリーズナブルです。また上海ならではの移動手段としてリニアモーターカー (maglev) もおすすめです。リニアの終点となる地下鉄龍陽路駅 (2・7・16号線) まで約8分。龍陽路駅からは地下鉄で中心部まで移動できます。そのほかEGO BUS (易久巴士) も近年人気が高まっています。市内の主要ホテルなど同じエリアへ行く人どうしの相乗りバスで、料金は一律68元。事前にWEBサイトから予約・決済を済ませておくと当日スムーズに乗車できます。

上海虹橋国際空港(SHA) → 市内

虹橋空港から市内まではエアポートバス、地下鉄、タクシーが主な交通手段です。バスには上海駅や外灘行きの路線があり、路線によって料金が異なります。市内まではバス料金は10元ほどで、浦東国際空港までは30元。タクシーは外灘まで料金が約70元で、所要時間は40分ほどです。地下鉄は10号線と2号線を利用すれば上海最大の繁華街南京東路まで約35分で到着。料金は6元と安く、6~15分間隔で発車しているので便利です。

上海旅行のお役立ち情報

上海近郊の観光都市 蘇州・杭州で世界遺産めぐり

蘇州は上海から日帰りで行ける観光都市で、世界遺産にも登録されている美しい「蘇州4大庭園」を見学することができます。中国らしさを感じられる古典的な庭園を訪れるとのどかな心落ち着く風景が目の前に広がり、心癒やされることでしょう。そのほかに、杭州も世界遺産に登録された西湖の周辺に景勝地が広がっている人気の観光都市です。「西湖十景」と呼ばれる風光明媚な場所を散策できます。蘇州・杭州へは、上海から高速鉄道 (新幹線) を利用すれば1時間ほどで行けるので、上海を訪問したら中国の古き良き時代の面影を感じる街へ足を伸ばしてみるのもよいでしょう。

上海市内の移動に便利な上海公共交通卡 ジャオトン・カード

上海公共交通卡 (ジャオトン・カード) は上海市内の主な交通機関である地下鉄、バス、タクシー、フェリー、リニアモーターカーを利用することができる便利な交通カードです。カードの購入時にデポジットとして20元 (カード返却時に払い戻し可) を支払い、必要な金額をチャージすればすぐに利用可能。地下鉄の駅で改札にカードをかざすだけなので、都度チケットを購入する必要がなくとても便利です。特にタクシーを利用する場合は、カードで精算ができるのでお釣りの確認も不要。カードへのチャージは地下鉄の駅や市内のコンビニでも可能です。

そのほか上海の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

上海への滞在でホテルをお探しですか?

上海のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な上海のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発上海行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。