地図

キューバ行きの格安航空券の検索・比較

日本からキューバ行きのフライト

スペイン統治時代からのコロニアル様式の建築物が残り、街にはアメリカン・クラシックカーが走るキューバの首都ハバナ。ビーチリゾートにはカリビアンブルーの美しい海が広がり、街に出ればサルサやカリプソなど本場のラテン音楽にふれることもできます。キューバ革命の歴史を辿ったり、ヘミングウェイ『老人と海』の舞台となったコヒマルをめぐる旅など、キューバは人それぞれに違った楽しみ方ができる国です。国内には7つの世界文化遺産があり観光資源も豊富。首都ハバナをはじめ、トリニダード、バラデロといった都市は見どころも多く、世界から多くの観光客が訪れています。

ホセ・マルティ国際空港は首都ハバナにあるキューバ最大の国際空港。国営のクバーナ航空の拠点空港でもあり、カリブの主要都市を結ぶフライトが発着しています。中南米を中心に25以上もの航空会社が乗り入れ、ターミナル3は国際線定期便の専用ターミナルです。そのほかにも国営のアエロ・カリビアン航空専用ターミナル、アメリカからのチャーター便が発着するターミナルがあります。

キューバ行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からキューバ行きの航空券は、年間の平均で142,100円です。(*1)

キューバ行き航空券の安い時期・高い時期

8月と12月は運賃相場が高く、年間の平均運賃と比較すると約15~17%もアップします。シーズナリティによって航空券の価格差が大きく、年間で最高値と最安値の差額は約45,000円もあります。1~2月・6月・11月は航空券が安い時期で、往復航空券の価格は12万円台です。6月は1年を通して最も運賃が安く、格安で航空券を利用できる可能性があります。(*2)

キューバのハバナは、メキシコのカンクンとともに中米で人気の旅行先のひとつです。カンクンからハバナまで直行便が就航しているので、一度の旅行でカンクンとハバナを両方訪れる人も少なくありません。オールド・ハバナと呼ばれる旧市街地は世界遺産にも登録され、街のどこを切り取ってもフォトジェニックな風景で、あっという間に何枚も写真を撮影してしまうことでしょう。
ハバナは年間平均気温が25度と比較的温暖で、季節によって寒暖差が少ないのが特徴です。6~10月は雨季で少し湿度が高くなります。9~10月はハリケーンが襲来することもあるので、この時期に旅行する人は天気やフライトの運航状況について情報収集をしておくと安心です。乾季の12~4月は雨が少ないので、旅行のベストシーズンです。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

キューバ行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?キューバ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接キューバ行きのフライトを予約することができます。

キューバ行きの直行便を就航する日本の空港

現在のところ、日本からキューバ行きの直行便は就航していません。日本を出発し、トロント (カナダ) またはメキシコシティ (メキシコ) を経由してハバナへ行くフライトが主に利用されています。日本からのハバナまでは乗り継ぎ時間も含めると片道約18時間~21時間のフライトです。日本国内の各都市からは羽田または成田空港で国内線から国際線に乗り継いでキューバへと向かいます。

日本からキューバへ運航する航空会社

日本からキューバへの直行便を就航している航空会社はありません。エアカナダアエロメヒコ航空がキューバの首都ハバナへ就航しています。日本からは直行便がないため海外で乗り継ぐ必要があり、エアカナダ便 (トロント経由)、またはアエロメヒコ航空便 (メキシコシティ経由)でキューバまで行くことができます。エアカナダはANA (全日空) とコードシェアをしているので、日本国内線から乗り継ぐ場合も便利なスケジュールとなっています。アエロメヒコ航空もJAL (日本航空) と2018年度中にコードシェア提携を開始する予定です。

キューバは2015年にアメリカと国交を回復し、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アラスカ航空、LCCのサウスウエスト航空やジェットブルーがハバナ線の運航を開始しました。日本からもアメリカ経由でハバナまで行きたいところですが、アメリカを出発・経由するキューバへの観光目的の渡航は厳しく制限され、親族の訪問や政府の公的な任務、教育活動などの目的に限られています。そのため、日本からはカナダまたはメキシコを経由してのルートを利用するのが一般的です。トロントで乗り継ぐ場合はeTA (カナダ電子渡航ビザ) の事前申請が必要です。

キューバ ハバナ国際空港から市内までのアクセス

ハバナのホセ・マルティ国際空港から市内まではタクシー・バス・レンタカーでの移動が一般的です。ハバナのメインストリートとなるマルティ通り沿いの旧国会議事堂 (カピトリオ) や革命博物館の近くに多くのホテルがあります。タクシーの場合はダウンタウンまで20~30分ほどで到着。料金は片道20~25CUCです。タクシーは事前に料金を確認してから乗車するようにしましょう。

空港ターミナルからハバナ各地へ向かうシャトルバスはありません。空港から約15キロのVedado (ヴェダド) に長距離バスViazul (ビアズール) のターミナルがありますが、そこまではタクシーで移動する必要があります。長距離バスのチケットは空港の到着ロビーでも購入可能です。国際線ターミナルにはレンタカーのカウンターもあり、WEBサイトから事前予約をしておくとスムーズに手続きができます。

キューバ版Airbnb カサ・パルティクラルが人気!

キューバではホテルへの宿泊だけでなく、カサ・パルティクラル (Casa Particular) と呼ばれる民泊もポピュラーです。民泊に利用される建物のカサ (Casa) は政府から許可を受け、サービスや建物の広さや安全性について一定の基準をクリアしているので安心です。日本で言うペンションのようなスタイルの家族経営のカサがほとんどで、コロニアル調のレトロな雰囲気の建物に宿泊することができます。料金もリーズナブルで、家庭的で温かいもてなしを受けられます。

キューバでは外国人が利用する兌換ペソ (CUC) とキューバ・ペソの2つの通貨があります。アメリカ発行のクレジットカードはほとんど使えないので、レストランでの食事やショッピングの際には注意が必要です。
そのほか、キューバの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

キューバへの滞在でホテルをお探しですか?

キューバのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な キューバのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

キューバの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。