地図

バリ行きの格安航空券を検索・予約

日本からバリ島行きのフライト

バリ島の空の玄関口は、ングラライ国際空港で、成田および関西国際空港からバリ島への直行便が運航。東京からバリまでの飛行時間は、約8時間30分となっています。

また2017年5月より、成田からバリ デンパサール間でLCCで初の直行便となるインドネシア・エアアジアX便が就航開始され、格安料金で直行便が利用できるようになりました。

航空会社 コード タイプ
ガルーダインドネシア航空 GA フルサービスキャリア
インドネシア・エアアジアX XT LCC
中国東方航空 MU フルサービスキャリア
シンガポール航空 SQ フルサービスキャリア
マレーシア航空 MH フルサービスキャリア
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
チャイナエアライン CI フルサービスキャリア

バリ行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からバリ島行きの航空券は、年間の平均で約57,800円です。(*1)

バリ島行き航空券の安い時期・高い時期

6月は年間平均運賃と比較すると15%価格が下がり、1年で最も運賃が安い時期です。7月も年間平均より7%ほど航空券の価格が安く、夏休みシーズンですが出発日によっては格安航空券を利用できる可能性があります。1~3月は年間平均より7~9%ほど安いシーズンで、往復航空券の相場・平均価格は54,000円前後です。ゴールデンウィークの4と5月、夏休み中の8月、12月は旅行者が増えるため年間平均運賃より7~9%ほど相場が高くなりますが、それ以外のシーズンは往復54,000~55,000円台が相場。出発日によってはさらに格安で航空券を利用できることもあります。(*2)

バリには雨季と乾季があります。4~10月は乾季で雨が少なく、旅行に適したシーズン。11~3月は雨季に入り突然スコールが降ることもありますが、何時間も降り続くわけではありません。雨季もビーチで過ごすほかにホテルのスパでリラックスしたりショッピングをしたりと、いろいろな過ごし方ができます。乾季・雨季にかかわらず往復航空券を5万円以下で利用できる安い時期もあるので、年間を通してバカンスを楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

バリ島行き 格安料金のチケット

バリ島行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?バリ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接バリ行きのフライトをご予約いただけます。

バリ行きのフライトを就航する日本国内の空港

バリ デンパサール空港は、バリ島にある国際空港で正式名称をングラ・ライ国際空港といいます。インドネシアのナショナルフラッグであるガルーダ・インドネシア航空のハブ空港のひとつで、LCCも含めアジアの航空会社が数多く乗り入れています。日本からは成田空港 (NRT)関西国際空港 (KIX) 発の直行便が就航しています。他の日本国内都市からバリへ行くには、国内線を乗り継いで成田・関空発の直行便を利用するか、アジアの主要都市でバリ行きの直行便に乗り継ぐ方法があります。バリ デンパサール空港には、北京・上海・香港・ソウル・シンガポール・バンコク・マニラなどアジア主要都市とバリを結ぶフライトが数多く発着しているので、アジアの1都市を経由すれば比較的スムーズに行くことができます。

バリ島行きの便を運航する航空会社

日本からバリ デンパサール空港へは、ガルーダ・インドネシア航空が成田空港と関西空港より毎日直行便を運航。LCCのインドネシア・エアアジアXも成田空港からバリ行きの定期便を開設。成田空港発の直行便を利用した場合、バリまで約7時間30分のフライトです。その他の国内都市を出発する場合、成田空港で国内線から国際線に乗り継ぐか、アジアの主要都市を経由してバリへ行く方法があります。シンガポール航空 (シンガポール乗り継ぎ)、キャセイパシフィック航空 (香港乗り継ぎ)、中国東方航空 (上海乗り継ぎ)、フィリピン航空 (マニラ乗り継ぎ) などバリに乗り入れている航空会社のフライトを利用することができます。またANA (全日空) はガルーダ・インドネシア航空とコードシェアを行っています。ガルーダ・インドネシア航空の運航によるバリ行きの直行便をANAでも予約できるほか、香港で日本発のANA便からバリ行きのガルーダ・インドネシア航空便にスムーズに接続するスケジュールが組まれているので便利です。

バリ デンパサール空港から市内中心部へのアクセス方法

空港から市内までの移動は、宿泊先のホテルや旅行会社の送迎サービスを利用するのが便利です。エアポートタクシーは空港の到着ロビーに専用カウンターがあり、目的地によって料金が決まっている定額制で事前予約なしでも乗車可能。エアポートタクシーはドライバーと交渉する必要がなく気軽に利用できるものの、料金が少し高めに設定されています。バリ島内をタクシーで移動する場合、観光客によく利用されているのがブルーバード (BlueBird) タクシーです。ドライバーは顔写真入りのIDを携帯しているので乗車前に確認してみましょう。

バリ島旅行のお役立ち情報

パワースポットとしても人気のバリ・ヒンドゥー教の寺院めぐり

美しいビーチリゾートが人気のバリですが、観光スポットも数多くあります。バリ・ヒンドゥー教の総本山ともいわれるブサキ寺院、ウルワツ寺院、バトゥカル寺院はパワースポットとしても注目されています。ホテルやレストランなどが集まるクタからは車で約1~2時間です。ウルワツ寺院では、夕方になると伝統舞踊やケチャダンスが繰り広げられ、人気があります。マリンスポーツを楽しんだりビーチでのんびりと過ごしたい人は、クタビーチやサヌールビーチが人気。クタビーチはサーファーにも人気で、周辺にはおしゃれなカフェやバーなどもありバリで一番の繁華街は1日じゅう観光客で賑わっています。

バリのお正月ニュピは24時間外出禁止

バリ島では、バリ・ヒンドゥー教のサカ暦でお正月にあたる「ニュピ (Nyepi)」と呼ばれる祝祭日があります。このニュピの日は24時間、観光で滞在している人も外出することができません。空港や港も閉鎖されるため飛行機も発着することはなく、バリは1日中静寂に包まれます。ニュピは例年3月にやってきますが暦により毎年日付が変わるため、3月にバリへ行く場合は事前に日程を確認してみましょう。毎年10月頃に翌年のインドネシアの祝祭日が告知され、インドネシア共和国観光省公式ページで最新情報を確認することができます。

そのほかバリ島の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

バリへの滞在でホテルをお探しですか?

バリのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なバリのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発バリ(デンパサール)行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。