地図

エチオピア行きの格安航空券の検索・比較

日本からエチオピア行きのフライト

エチオピアはアフリカ北東部に位置する内陸国です。アフリカ最古の独立国でもあり、中央部には標高2,000~3,000mの高原地帯が広がっています。北西部にあるタナ湖は青ナイルの水源になっていて、エチオピア最大の滝「ブルーナイルの滝」は観光名所のひとつです。エリトリアとの20年にわたる国境紛争も2018年に和平合意に達し、エチオピアのアビィ・アハメド首相が2019年にノーベル平和賞を受賞しました。首都はアディスアベバでアフリカ連合・アフリカ経済委員会の本部が置かれています。アディスアベバ近郊のボレ国際空港はエチオピア航空のメインハブ空港で、アフリカをはじめ中東・アジア・ヨーロッパ・アメリカの主要都市からの直行便が就航。日本からエチオピアへの直行便は就航していませんが、ソウル経由アディスアベバ行きの便が出ています。

アディスアベバ行きのフライト

アディスアベバのボレ国際空港はエチオピア最大の空港で、2つのターミナルから構成されています。ターミナル1はエチオピア国内線・アフリカ線、ターミナル2はアフリカ以外の国際線が発着。日本からはアディスアベバまではソウルを経由して16時間40分のフライト。アディスアベバで飛行機を乗り継ぐことにより、アフリカ主要都市へのアクセスも便利です。香港バンコクドバイを経由するルートも利用できます。

エチオピア行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

エチオピア行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

エチオピア行き航空券の安い時期・高い時期

エチオピアは地域によっても気候が異なります。北部の高原地帯は標高2,000m以上で、乾季にあたる10~4月はほとんど雨が降らないので旅行に適したシーズンです。朝晩は冷え込むのでジャケットやフリースなどを準備しておきましょう。南部はサバンナが広がり熱帯気候のため、6~9月は35度近くまで気温が上がることもあります。またダナキル砂漠は夏になると日中50度近くまで気温が上昇。旅行は気温が下がる11~2月ごろがよいでしょう。航空券は6~9月までは比較的相場が高くなりますが、10~5月は価格が安定しています。利用する路線やフライトにもよりますが、往復11万円代の航空券も利用可能です。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃。価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

エチオピア行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?エチオピア行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接エチオピア行きのフライトを予約することができます。

エチオピア行きの直行便を就航する日本の空港

日本からエチオピアへは、成田・羽田・関西・中部国際空港より1回の乗り継ぎで首都アディスアベバまでアクセスできます。直行便は就航していませんが、ソウル経由便のほか、香港・シンガポール・ドバイなどで、アディスアベバ行きのフライトに接続。アディスアベバまでの到着時間は、成田空港から最短16時間40分で、ルートによっては18~20時間30分ほどかかります。

エチオピア行きの航空会社

エチオピア航空は、エチオピアのフラッグキャリアでアディスアベバを拠点にワールドワイドに路線ネットワークを展開しています。日本にも就航し、成田空港からアディスアベバ (ソウル経由) 行きの便が週5便運航。エチオピア航空はスターアライアンス (Star Alliance) に加盟しているため、ソウル・香港・シンガポールまではANA (全日空) アシアナ航空シンガポール航空などのアライアンスパートナーのフライトを利用すると、経由地でアディスアベバ行きのエチオピア航空便にスムーズに接続します。エミレーツ航空はドバイでの乗り継ぎになります。

航空会社 タイプ アライアンス 主な就航ルート
エチオピア航空 フルサービス Star Alliance 成田→アディスアベバ (ソウル経由)
香港→アディスアベバ
バンコク→アディスアベバ
シンガポール→アディスアベバ
エミレーツ航空 フルサービス   成田→ドバイ→アディスアベバ
ANA (全日空) フルサービス Star Alliance 成田→香港
※香港→アディスアベバはエチオピア航空
アシアナ航空 フルサービス Star Alliance 成田→ソウル
※ソウル→アディスアベバはエチオピア航空
シンガポール航空 フルサービス Star Alliance 成田→シンガポール
※シンガポール→アディスアベバはエチオピア航空

エチオピアの主要空港から市内までのアクセス

アディスアベバの空港→市内

ボレ国際空港はアディスアベバの市内中心部から6km南東に位置しています。空港は手荷物受取所が混雑していることもあるので、時間には余裕をみておきましょう。市内への主な交通手段はタクシーです。アディスアベバではメーター制のタクシーはないため、事前にドライバーと料金を交渉してからの乗車になります。市内中心部までの料金の目安は250エチオピアブル (約950円) です。そのほかアディスアベバのホテルでは空港への送迎サービスを実施しているところがあるので、事前に申し込んでおくと市内までスムーズに移動できます。

エチオピア旅行のお役立ち情報

原始キリスト教の古代遺跡を訪ねるエチオピアの旅

エチオピアには世界遺産に登録された古代文明遺跡が多く残っています。北部のアクスムはエチオピアでも最も古い都市で、「シオンの聖マリア教会」には十戒の石版が入った契約の箱 (アーク) が保管されていると伝えられています。そのほかにも紀元前10世紀頃に建設された「シバの女王の神殿跡」や紀元前4~5世紀頃に建てられた巨大なオベリスク (石柱) が残っています。ラリベラは標高3,000mの高原地帯にある北部の都市で、「ラリベラの岩窟教会群」は1978年に最初に登録された世界遺産12件のうちのひとつ。地表と同じ高さに屋根があり、一枚岩が十字架のかたちに地下12mまで掘られたギョルギス教会は岩窟教会群のなかでも特に有名です。古代遺跡のほかにも、ダナキル砂漠ではラクダに乗ってキャラバン体験をしたり、塩でできたアサレ湖やダロール火山など自然がつくりだした神秘的なスポットも見学できます。アディスアベバではインジェラと呼ばれる伝統的なエチオピア料理のレストランもあり、名産品のコーヒーなどグルメも充実しています。なお、エチオピア入国にあたってはビザが必要となります。空港でアライバルビザの取得も可能ですが、電子ビザ (eビザ) も申請可能です。

海外旅行におすすめの情報・ツール

エチオピアへの滞在でホテルをお探しですか?

エチオピアのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な エチオピアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。