地図

フランス行きの格安航空券の検索・比較

日本からフランス行きのフライト

フランスは首都パリだけでなく、世界遺産のモン・サン・ミッシェルやボルドーニースエクス=アン=プロヴァンスなど魅力的な地方都市が多く、一度は行ってみたい人気の旅行地のひとつです。 日本とは経済・商業でも関係が深く、ビジネスでの渡航や留学で長期滞在する人も数多くいます。パリではヨーロッパでも最大希望となるシャルルドゴール国際空港のほか、パリ オルリー空港が国際空港として利用されています。そのほか国内にマルセイユリヨンボルドーなどの主要空港があります。南仏のプロヴァンスへマルセイユ、リゾート地のニース ニースへはコート・ダジュール空港がそれぞれの玄関口となる空港です。日本からはパリ シャルル・ド・ゴール空港へ直行便が就航しています。

LCCは日本=フランス間には就航してはいませんが、ヨーロッパには多くのLCCがあり、フランス国内やヨーロッパ域内の移動に利用できます。ヨーロッパの各都市からはイージージェット (easyJet)ライアンエアー (Ryanair) などがフランスの主要都市に就航しています。

フランス行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からフランス行きの航空券は、年間の平均で約97,000円です。(*1)

フランス行き航空券の安い時期・高い時期

航空券は4月7~8月が運賃の高い時期で、ピーク期の8月は年間の平均運賃と比較すると約30%価格が高くなります。年間を通してみると11~3月の運賃が安く、年間の平均運賃と比べると2月は約22%1月は約18%運賃が下がります。ピーク期には往復航空券が10万円以上になることもありますが、オフシーズンでは運賃が7万円になる場合もあります。(*2)

パリは1年を通して穏やかな気候で、平均気温の推移も東京と同じぐらいです。夏に30度を超える日もありますが、日本よりも乾燥していて湿度が低いためカラっとしています。都市によっても気候が異なりますが、秋冬は気温がぐっと下がるので寒さ対策をしっかりしておくとよいでしょう。6月から10月は気候が安定しているのでベストシーズンです。プロヴァンスは花と緑が美しい4~5月、ラベンダーやひまわりの咲く7月はじめが、旅に適しています。ニースは夏の6~8月にバカンスを楽しむ人で賑わいます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

フランス行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?フランス行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接フランス行きのフライトを予約することができます。

フランス行きの直行便を就航する日本の空港

日本からは成田空港羽田空港関西国際空港からパリのシャルル・ド・ゴール空港へ直行便が就航しています。パリまでの直行便は成田空港から12時間30分、関西空港から12時間45分のフライト。日本国内の各都市から出発する場合は、国内線を乗り継いで成田空港または関西空港から出発するか、上海・ソウル・ドバイ・モスクワ・アムステルダムなど主要な国際空港で乗り継いで行く方法があります。

フランスへ就航する航空会社

フランスのフラッグキャリアであるエールフランスは、成田・羽田・関西の各空港からパリ シャルル・ド・ゴール空港行きの直行便を就航しています。JAL (日本航空) ANA (全日空) は羽田空港からパリへ直行便を運航しています。そのほか乗継便を利用してパリまで行く場合は、アシアナ航空 (ソウル乗り継ぎ)、キャセイパシフィック航空 (香港乗り継ぎ)、カタール航空 (ドーハ乗り継ぎ) といったルートもあります。

パリの空港から市内までのアクセス

シャルル・ド・ゴール空港→市内

パリのシャルル・ド・ゴール空港(CDG) からはRER (高速郊外地下鉄) B線を利用して、パリ市内・郊外まで行くことができます。運転間隔は10~20分で、パリ中心部にあるシャトレ・レ・アールまでの所要時間は約30分。シャトレ・レ・アール駅にはパリ郊外に行く路線に乗り換えることもでき、大きな地下街・ショッピングセンターとも直結しています。
バスを利用して市内に行く場合はロワシーバス (Roissybus) がオペラ広場 (パリ9区) へ、ル・ビュス・ディレクト (Le Bus Direct) がエッフェル塔、モンパルナス駅まで運行しています。所要時間は1時間ほどです。空港からホテルやショップが立ち並ぶパリの名所までダイレクトで行けるのでとても便利です。

オルリー空港→市内

オルリー空港 (ORY) からは、オルリーヴァル (Orlyval) というメトロを利用してRER (高速郊外地下鉄) B線のアントニー駅まで行くことができます。空港からバスを利用する場合は、ル・ビュス・ディレクト (Le Bus Direct) のシャンゼリゼ方面行きに乗車すれば、市内中心部まで約50分。どちらの空港を利用する場合も交通機関が発達しているので、ホテルなどが多い中心部までスムーズに移動できるので安心です。

フリーパス「Passlib(パリーブ)」を利用してフランス・パリの観光をスムーズに!

フランスでは年に夏・冬の2回、全国的な規模でセールが開催されます。冬は1月の第2水曜日から、夏は6月の最終水曜日から1ヶ月間ほどのセール期間は、フランス国内はもちろん、この時期にショッピングを目的に海外から旅行に来る人もたくさんいます。冬のセールはちょうど航空券が安い時期になるので、お得な旅行をしたい人におすすめです。

またパリに行く場合は、事前にパリ観光公式シティパス「Paris Passlib’(パリ・パリーブ)」を購入しておくととても便利です。「Passlib」はルーヴル美術館、ヴェルサイユ宮殿、凱旋門などの主要な美術館や観光名所の入場券や公共交通機関の乗り放題チケットがセットになったフリーパスです。観光名所に共通で利用できるフリーパスです。都度入場券やチケットを購入する必要がなくパリ散策を存分に楽しめます。2024年オリンピックがパリで開催されることが正式に決定し、これからますます盛り上がりをみせていくことになりそうです。
そのほか、フランスの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

フランスへの滞在でホテルをお探しですか?

フランスのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なフランスのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

フランスの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。