地図

岩手 花巻空港行きの格安飛行機チケットの検索

岩手 (花巻)行きのフライトが発着している日本国内の空港

花巻空港は岩手県唯一の空港で、花巻市中心部から4キロ離れたところに位置しています。空港から車で10分ほど走ると東北新幹線新花巻駅もあり、東北各地へのアクセスも良好です。平泉が世界遺産に登録された後は観光需要の拡大を見込んで、2009年に新ターミナルビルが建設されました。国内線は札幌 (新千歳) ・名古屋 (小牧) ・大阪 (伊丹) ・福岡の4路線で定期便が就航しています。そのほか不定期に国内各地や台北、バンコクからのチャーター便も乗り入れています。札幌線は1日3往復、名古屋・大阪線は1日4往復、福岡は1日1往復を運航。国内各都市からは札幌・大阪・福岡のいずれかの空港を経由することにより、花巻まで行くことができます。

花巻 (岩手) 行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

花巻 (岩手) 行きの飛行機は、年間の平均で約47,951円です。(*1)

花巻 (岩手) 行き航空券の安い時期・高い時期

岩手 (花巻) 行きの航空券は、年間平均で約47,951円 (大人1名あたりの往復運賃) です。航空券の価格が高い時期と安い時期が明確に分かれているのが特徴。4~8月までのレジャーシーズンは年間平均運賃より高く、相場は概ね5万円台です。5月の相場は約50,700円で、7月までは価格が上昇します。7月は年間平均より19%高く、航空券の価格は約58,000円と最高値をマーク。9月になると一転して4万円台まで相場が下がり、12月までは年間平均よりも少し安い44,000~47,000円台で航空券を利用できます。1~2月は年間で最も運賃が安い時期で、相場は37,800~38,700円台。年間平均と比べると20~22%もダウンします。レジャーシーズンでも、早めに予約すれば早期割引が適用される場合もあるので格安航空券利用のチャンスは十分にあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

岩手県は東北地方の太平洋側に位置し、南北に長いのが特徴です。東京・神奈川・埼玉・千葉の1都4県をあわせた面積よりも大きく、日本の面積の約4%を占めています。内陸部はほとんどが山岳地帯ですが、宮古市より北の沿岸部は険しい隆起海岸が続く一方、南側には複雑に入り組んだリアス式海岸が広がっています。三陸沖は日本有数の漁場でサンマやカツオの漁が盛んです。内陸部と沿岸部では気候が異なりますが、平野部では夏になると暑い日が続き、冬は寒さが厳しくなります。空港がある花巻周辺は宮沢賢治の出身地としても知られ、作品のモデルになった場所なども残っています。季節ごとに異なる魅力があり、年間を通して旅行に適しています。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

利尻島行きのフライトが発着している日本国内の空港

利尻空港は島の北部・利尻富士町の市街地から4キロ離れたところに位置しています。滑走路が1,800メートルに延長されたため、ジェット機の就航も可能になりました。利尻空港には札幌の新千歳-利尻、丘珠-利尻の2路線で定期便が就航しています (新千歳-利尻線は夏季のみの季節運航) 。丘珠-利尻線は1日1往復の運航で片道55分のフライトです。また夏のレジャーシーズンには、国内各地から不定期のチャーター便も就航。日本各地からは札幌で飛行機を乗り継ぐことにより利尻島まで行くことができます。

花巻 (岩手) 行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

花巻 (岩手) 行きの飛行機は、年間の平均で約55,104円です。(*1)

花巻 (岩手) 行き航空券の安い時期・高い時期

利尻島行きの航空券は、年間平均で約55,104円 (大人1名あたりの往復運賃) です。年末年始期間を含む12~1月は相場が10万円を超え12月の相場は約121,000円で最高値をマーク。航空券の高い時期と安い時期の価格差が大きいのが特徴です。2~5月までは約32,000~38,000円台と相場が年間平均より30%以上安くなる場合もあります。6月の相場は約46,600円に上昇、続く7~8月も価格は上がり年間平均よりも6~14%高い約54,800~59,100円で推移します。9~10月の相場は一転して航空券の安い時期になり、相場は約38,100~44,600円と年間平均と比べて最大27%もダウンします。年末年始期間を除けば、格安航空券を利用できる機会の多い路線です。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

利尻島は稚内より約53キロ西に位置し、日本の最北端にある離島のひとつです。島の中央には日本百名山にも数えられている利尻富士がそびえ立っています。周囲を海に囲まれていることから年間を通して冷涼な気候で、真夏も気温が30度を超えることはほとんどありません。冬は降雪のため気温が氷点下10度を下回る日もありますが、北緯45度という高緯度にありながら北海等内陸部より寒くはなく比較的過ごしやすい気候です。旅行のベストシーズンは6~8月ぐらいで、ハイキングやトレッキングを楽しむことができます。冬になると一面に雪が降り積もった森をスノーシューで散策するツアーも人気で、年間を通して旅行を楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

花巻 (岩手) 行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?花巻 (岩手) 行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接花巻 (岩手) 行きのフライトをご予約いただけます。

利尻島へ就航している主な航空会社

利尻空港へ国内線定期便を運航している航空会社は、ANA (全日空) 北海道エアシステム (HAC) の2社です。ANAは季節運航で新千歳-利尻線を、北海道エアシステム (HAC) は丘珠-利尻線を通年運航しています。北海道エアシステムは、丘珠空港を拠点とするJAL (日本航空) グループのリージョナルエアライン (地域航空会社) で、北海道の離島をはじめ、道内 (函館・釧路) ・三沢を結ぶ路線を運航しています。現在のところ、格安航空会社 (LCC) は就航していません。

利尻空港から都心部へのアクセス

利尻空港から島内各地へはバス・タクシー・レンタカーが主な交通手段です。

・バス
島内を一周する路線バスが運行しています。利尻・礼文・奥尻といった離島へのフェリーが出航している鴛泊フェリーターミナルや沓形バスターミナルにも停車。空港から鴛泊フェリーターミナルまでは約20~23分 (運賃370円) 、沓形までは約22~27分 (運賃550円) 。1日乗り放題パスも利用可能です。

・タクシー
利尻空港からタクシーを利用して島内各地に行く場合、鴛泊フェリーターミナルまでは約10分 (運賃1,600円) 、沓形フェリーターミナルまでは約22分 (運賃3,100円) です。また島内を一周する観光タクシーも利用可能です。島内のタクシー会社は利尻町役場 まち産業推進課が監修している「りしりぷらす」というWEBサイトに掲載されています。

・レンタカー
利尻空港内にもレンタカーのカウンター (トヨタレンタカー) があるほか、島内にレンタカー会社が複数あります。レジャーシーズンは事前に予約をしておくほうが確実で安心です。

利尻島旅行のお役立ち情報

日本最北端の離島に広がる美しい風景 利尻島の魅力

礼文島とともに日本最北端の離島として知られる利尻島。夏になると美しい高山植物が咲き、澄んだ空気と美しい風景を求めて多くの観光客が島を訪れます。利尻島のシンボルともいえる利尻富士が一望できる沼浦展望台は島のなかでも人気の観光スポット。展望台から目の前に広がっている風景は北海道銘菓「白い恋人」のパッケージに描かれている風景そのもの。「白い恋人の丘」としても知られ、ここでプロポーズをしたカップルには「プロポーズ証明書」が発行されます。オタトマリ沼はアカエゾマツの原生林が広がり、島でも一番の絶景スポットです。沼を30分ほどで一周できる遊歩道もあり、島固有の植物や花も鑑賞できます。夏季のレジャーシーズは標高1,721メートルの利尻富士の登山にチャレンジする人もたくさんいます。登山口には利尻富士温泉もあり、登山の疲れを癒やしリフレッシュできます。また利尻島の特産品といえば「ウニ」。夏が旬の季節で新鮮なウニがたっぷりのせられた絶品「ウニ丼」を堪能することができます。そのほかにも新鮮な北の海産物や利尻昆布などの名産品も多く、グルメも旅の楽しみのひとつです。

国内旅行におすすめの情報・ツール

花巻 (岩手) への滞在でホテルをお探しですか?

花巻 (岩手) のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な花巻 (岩手) のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

花巻 (岩手) 行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?花巻 (岩手) 行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接花巻 (岩手) 行きのフライトをご予約いただけます。

岩手 (花巻)へ就航している主な航空会社

花巻空港 行きの国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空) フジドリームエアラインズの2社です。JALは札幌 (新千歳) ・大阪 (伊丹) ・福岡の3路線、フジドリームエアラインズは名古屋 (小牧) の1路線を運航しています。国際線チャーター便はキャセイパシフィック航空タイ国際航空チャイナエアライン (中華航空) タイガーエア台湾などが不定期に乗り入れていますが、現在のところ、国内線・国際線ともに格安航空会社 (LCC) による定期便就航はありません。

いわて花巻空港から都心部へのアクセス

いわて花巻空港から県内各地へはバス・タクシー・レンタカーが主な交通手段です。花巻駅・新花巻駅を経由してJR線を利用することも可能で、盛岡や一関方面へのアクセスも良好です。

・バス
飛行機の発着時間にあわせて、花巻空港と盛岡駅、花巻空港駅を結ぶ特急バスが運行しています。盛岡駅までの所要時間は約45分、運賃は1,400円。2枚綴りの回数券 (2,500円) もあるので、往復利用にも便利です。花巻空港駅までは空港から約7分と近く運賃は290円です。

・タクシー
花巻空港からタクシーを利用して県内各地へ行く場合、東北新幹線の停車駅でもある新花巻駅までは約10分 (料金1,800円)、盛岡駅までは約50分(料金11,000円)、花巻温泉までは15分(料金3,000円)が目安。そのほか事前予約制の乗合タクシー(エアポートライナー)では、遠野や平泉行きをはじめ県内の主要スポットを含む6コースが設定され観光にも便利です。

・レンタカー
空港到着ロビー1階にレンタカーのサービスデスクがあります。トヨタレンタカー・ニッポンレンタカー・日産レンタカー・タイムズカーレンタル・オリックスレンタカーの営業店舗が空港近くにあり、事前に予約をしておくと手続きがスムーズです。

岩手 (花巻)旅行のお役立ち情報

宮沢賢治の作品世界を体感できる!岩手花巻の魅力

岩手県花巻空港から車で15分ほどのところにある花巻温泉郷。古くから湯治場として知られ、のどかな雰囲気に包まれた東北屈指の人気温泉です。花巻は宮沢賢治の出身地としても知られ、観光スポットでもある宮沢賢治記念館に隣接する公園には、賢治の設計による日時計花壇もあり人々の目を楽しませています。花巻~釜石間を走る「SL銀河」は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたデザインで列車内にプラネタリウムも設置されており、小説の世界が再現されています。県南部には世界遺産の平泉もあり、中尊寺や毛越寺などの古刹を訪れるのもおすすめです。盛岡や雫石エリアでは小岩井農場まきば園やフラワー&ガーデン森の風など、雄大な自然と牧歌的な風景を満喫することができます。宮古市の名所で太平洋に面した浄土ヶ浜では遊覧船で海をクルーズしたり、三陸復興国立公園の景色を眺めながら海水浴も楽しめます。

国内旅行におすすめの情報・ツール

花巻 (岩手) への滞在でホテルをお探しですか?

花巻 (岩手) のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な花巻 (岩手) のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発花巻 (岩手) 行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。