地図

東京 羽田空港 (HND) 行きの国内航空券・LCCの検索

羽田空港行きの飛行機

羽田空港 (HND) は東京23区内の南部に位置し、都心部からもアクセス便利な場所にあります。年間の利用旅客数が国内線・国際線をあわせて8,000万人を超え、東京はもちろん日本の空の玄関口ともいえる大規模な空港です。成田空港の開港後は日本国内線の発着がメインになりましたが、2010年より新しい国際線ターミナルが完成し、アジアを中心に欧米・中東・ハワイへの路線も就航しています。JAL (日本航空)ANA (全日空)スカイマーク3社の国内線ハブ空港としても活用され、札幌 新千歳大阪 (伊丹関空)、福岡沖縄の主要な空港を含め、北海道 (9空港)、東北 (8空港)、伊豆諸島 (1空港)、近畿・北陸 (9空港)、中国 (8空港)、四国 (4空港)、九州 (8空港)、南西諸島 (4空港) とを結ぶ定期便が運航しています。季節運航で時期により運航休止になる路線もありますが、日本全国からのフライトが発着。国内線だけでも毎月500万人もの人が利用しています。

羽田空港行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

国内から羽田空港行きの飛行機は、年間の平均で約28,000円です。(*1)

羽田行き航空券の安い時期・高い時期

1~2月は平均運賃と比較すると9~13%価格が下がり、往復航空券の相場は24,000~25,000円台。1年のなかでも最も運賃が下がる時期で、最安値になるのは2月です。6月と12月も平均運賃より7%安く、往復26,000円台が相場です。8月は帰省や旅行で利用客が増え、年間平均より18%価格が上昇。1年のうちでも突出して運賃が高くなり、航空券の相場は往復約33,500円。7月と10月も相場の高い時期ですが、年間平均と比べて価格上昇率は4%程度です。その他のシーズンは年間平均運賃に対してプラス・マイナス2%の範囲内で運賃が推移し、ほぼ年間平均の同じぐらいの相場です。各航空会社では早期割引運賃などを設定しているので、早めに予約すると格安航空券を利用できる可能性もあります。

羽田空港は観光やビジネスで東京をはじめ首都圏を訪問する人に多く利用されています。東京は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にむけて、さまざまな準備が進められており、日本国内だけでなく世界各国から訪日する人も増加傾向にあります。東京は四季の変化はあるものの年間を通して比較的温暖な気候です。首都圏には豊かな自然に囲まれた観光地もあり、季節を問わずいつ訪れても楽しめる魅力の多い街です。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

羽田行き 格安料金のチケット

羽田空港行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?羽田空港行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接羽田空港行きのフライトをご予約いただけます。

羽田空港行きの便を就航する主な航空会社

羽田空港へ国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空)ANA (全日空)日本トランスオーシャン航空スカイマークスターフライヤーエアドゥソラシドエアの7社です。羽田空港にはLCCは乗り入れていないため、LCCを利用して東京行きのフライトを利用する場合は成田空港 (NRT) の利用になります。国際線定期便はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームをはじめ世界的な航空アライアンスに加盟するフルサービスキャリアをはじめ、アジアを中心としたLCCも多数乗り入れています。国内線は第1ターミナルと第2ターミナルに分かれています。第1ターミナルはJAL、日本トランスオーシャン航空、スターフライヤー (北九州・福岡行き) 、スカイマーク、第2ターミナルはANA、エアドゥ、ソラシドエア、スターフライヤー (山口宇部・関西空港行き) と利用航空会社によってターミナルが異なります。

羽田空港から市内中心部へのアクセス方法

羽田空港から首都圏各地への主な交通手段は鉄道・モノレール・バス・タクシー・レンタカーです。鉄道やバスの運賃は予告なく変更される場合があります。料金や所要時間は羽田空港のWEBサイトに掲載されているのでチェックしてみましょう。バスやタクシーを利用する場合、渋滞などの交通事情により所要時間を要する場合があります。特に成田空港発の国際線に乗り継ぐ場合や東京駅発の新幹線を利用する場合は時間に余裕をみておくと安心です。

・鉄道 (京急線)

第1ターミナル・第2ターミナル地下1階と駅が直結しています。京急エアポート快特を利用すると便利です。品川駅まで約20分 (料金410円)、成田空港駅・空港第2ビル駅まで約110分 (料金1,800円) 、横浜駅まで約30分 (料金480円)です。

・モノレール

第1ターミナル・第2ターミナル地下1階と駅が直結し、浜松町駅まで約21~25分 (料金490円) です。空港快速を利用すると16~18分で浜松町駅に到着します。

・バス

空港到着ターミナル正面よりエアポートリムジンバスの乗り場があります。日比谷・銀座エリア・新宿エリア・六本木・赤坂エリアなど都内の主要ホテルにも停車する路線も運行しています。東京駅八重洲北口、TCAT (東京シティ・エアターミナル) まで約50分 (料金820~930円)、新宿駅西口、池袋駅西口まで55~77分(料金1,230円)、大宮駅西口まで約100分 (料金1,540円) がおおよその料金と時間です。成田空港までは約100分 (料金3,100円)、東京ディズニーリゾート地区までは約75分 (料金830円) で到着します。

・タクシー

空港到着ロビーを出たところにタクシー乗り場があります。エリアによっても料金が異なりますが、羽田空港と都内各地を結ぶ定額制のタクシーもあり、料金は5,900円 (千代田区から乗車の場合) ~11,200円 (武蔵野市から乗車の場合) です。早朝や深夜に利用する場合は追加料金が発生します。

・レンタカー

第1ターミナル・第2ターミナル到着階にレンタカーカウンターがあります。ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル各社のサービスデスクがあり、事前予約をすませておくと便利です。

東京への旅行に関するお役立ち情報

羽田空港から富士山駅への直通バスも運行中

浅草、東京スカイツリー、築地市場といった都内の観光スポットは国内外から多くの観光客が訪れ、多くの人で賑わっています。浅草から湾岸エリアの人気スポット・お台場までは水上バスにのって隅田川をくだりながらの観光がおすすめ。お台場でアミューズメントパークに行ったり、大型ショッピングモールのショッピングも楽しめます。また東京ディズニーリゾートも人気の観光地。空港からリムジンバスも運行しているのでアクセスもよく、日本各地から日帰りで旅行に来る人も少なくありません。最近は東京観光を楽しむだけでなく富士登山を楽しむ人も増えています。羽田空港から富士山へ行く直通の高速バスも発着。約2時間で富士山駅に到着し、富士登山や河口湖のハイキングに便利です。

小さなお子様と一緒の家族旅行にも便利な羽田空港

羽田空港には赤ちゃんや小さなお子様との旅行や帰省をする場合も便利な施設やサービスが整えられています。羽田空港は第1ターミナルに15か所、第2ターミナルに18か所の授乳室があります。また出発ロビーやゲートラウンジにはキッズコーナーもあり、小さなお子様もフライト出発までの待ち時間を退屈せずに遊んで過ごせます。また空港内には保育園もあり、2日前までに予約をすれば一時保育サービスも利用できます。混雑時期など状況によっては一時保育サービスが受付不可の場合もありますが、ママにも優しい設備やサービスが整っています。

そのほか東京の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

国内旅行におすすめの情報・ツール

東京への滞在でホテルをお探しですか?

東京のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な東京のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発東京 羽田行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。