地図

ハワイ ホノルル(オアフ島)行きの格安航空券

日本からハワイ ホノルル行きのフライト

東京からハワイ ホノルルへのフライトは直行便で約7時間(復路は約9時間)ほど。ホノルルへの直行便ハワイアン航空ANA(全日空)JAL(日本航空)デルタ航空などが就航。空の玄関口はホノルル国際空港になります。

また2017年6月下旬より、エアアジア Xが日本からハワイ路線で日本で初めてのLCCとなる路線を就航開始し大きな話題に。従来の航空会社の価格と比べて半分以下の価格帯となるため期待が寄せられています。ハワイへの日本からの発着は大阪 関西国際空港からホノルル国際空港を結ぶフライトです。さらに同じ関空発のLCC就航便として2017年12月19日からスクートがホノルルまでの直行便を就航開始。LCC就航便が増えることで今後さらに気軽に行ける旅行先として人気が高まっていくことが予想されます。

航空会社 コード タイプ
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア
ハワイアン航空 HA フルサービスキャリア
チャイナエアライン CI フルサービスキャリア
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
大韓航空 KE フルサービスキャリア
デルタ航空 DL フルサービスキャリア
エアアジアX D7 LCC

ハワイ ホノルル行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からハワイ ホノルル行きの航空券は、年間の平均で約89,300円です。(*1)

ハワイ ホノルル行き航空券の安い時期・高い時期

日本からハワイホノルル行きの航空券で年間で最も運賃が安くなるのは年明けの1月で、通常期と比べて16%ほど下がります。2月と6月も通常期より12%~13%下がり、比較的格安でチケットが取りやすい時期です。一年を通して最も運賃が高くなるのは、夏休みで旅行者が増える8月で、年間平均の23%も高くなります。ハワイで年末年始を過ごすために多くの人が集まる12月11%ほど高くなっています。(*2)

ハワイは年間を通して暖かい気候であること、そして日本からの移民する人も多いことから日本人にとても親しみがあり、海外旅行が初めてという方も安心して旅行を楽しむことができます。オアフ島ホノルルはハワイ最大の都市で、観光客に特に人気の定番リゾート地として有名です。
ビーチ、ショッピング、グルメ、大自然など様々な楽しみ方ができるホノルルは、都市と大自然の二面性を持つとてもユニークなリゾートアイランドとして世界中から愛されています。一年中観光客で賑わうホノルルは、夏休みと年末シーズンを避ければ比較的安く航空券が購入できるでしょう。ビーチを思いっきり楽しみたいという方は、航空券の価格が大きく上がる前の7月が価格的にも気候的にもベストな時期だと言えるでしょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

ハワイ行き 格安料金のチケット

ハワイ ホノルル行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?ハワイ ホノルル行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接ハワイ ホノルル行きのフライトをご予約いただけます。

ハワイ ホノルル行きの直行便を就航する日本の空港

オアフ島のホノルル国際空港は、ハワイと世界を繋ぐ玄関口として多くの人に利用されているハワイ最大の空港です。さらに、2017年4月には、ハワイ州出身の日系連邦上院議員、故ダニエル・イノウエ氏にちなんで「ホノルル国際空港」から「ダニエル・K・イノウエ国際空港」と改名されました。
日本からハワイ ホノルルまでは、成田空港関西国際空港 (関空)、福岡空港中部国際空港新千歳空港など日本の主要空港から直行便が就航しています。羽田空港からは、ハワイ島のコナ国際空港まで直行便があるので乗継便でホノルルまで就航しています。

ホノルルの空港から都心部へのアクセス方法

ホノルル国際空港 (HNL) から、中心部ワイキキまではシャトルバス、バス、タクシー、レンタカーが主な交通手段となります。市内中心部までの所要時間は20~30分となっています。タクシーを利用する場合は定額29ドルの制(チップ別)のチャーリーズタクシーを利用すると安心。
レンタカーは数に限りがあるので事前に予約をしておく必要があります。(スカイスキャナーでは ハワイレンタカー会社を比較・予約することもできます)
空港シャトルバスは、HISが行っている送迎サービスで市内中心部まで16ドルで利用することができます。もちろん日本語対応なので安心です。団体用出口付近にカウンターがあるのでそこで受け付けが可能です。そして運賃を一番抑えることができる公共交通機関「ザ・バス」は、キャリーケースなど大きな荷物を持ち込むことができませんが、2.5ドルで市内まで移動することができるので弾丸旅行で荷物が少ない方にはおすすめです。

ハワイ旅行のお役立ち情報

渡航の際に必要なESTAとパスポート有効期間

ハワイホノルルを訪れる際は、米国本土を訪れる際と同様にパスポートのほかにESTA(電子渡航認証システム)で許可申請を行う必要があります。これはビジネスで訪れる場合も必ず申請しなければならないものです。ESTAの申請はオンラインで行うことができ、申請料は14ドルとなっています。申請に時間がかかるものではありませんが、早めの申請が推薦されています。許可が下りていない場合は、米国行きフライトの搭乗もできないので注意しましょう。

ハワイのチップの相場

米国ではチップ制度が設けられているため、飲食店をはじめとするサービス業を利用する場合にはチップを払う必要があります。レストランなどは15%~25%、タクシーは約15%となっています。チップ支払いのために、手持ちに現金を用意しておきましょう。

ハワイ ホノルル旅行で欠かせない観光スポット

ワイキキにある世界最大のオープンエアショッピングセンター「アラモアナ・ショッピング・センター」は、ショッピングにもグルメも充実している観光客に人気のスポットです。日本語対応可の案内所や店舗も多いことから日本人観光客も安心してショッピングを楽しむことができます。 日本未進出のブランドやハワイ発祥ブランドも見つけられ、アメリカ発祥のブランドは日本で購入するよりも安く手に入れられるものもあります。ワイキキの主要ホテルからはバスを利用して約20分で行くことができます。
ハワイホノルルと言えば、ワイキキビーチ。ハワイの太陽を楽しみながら海水浴を楽しむのも良し、ビーチで日光浴を楽しむのも良し。ビーチ沿いにはハワイで定番のコンビニ「ABCストア」や、その他の店舗が並んでいるので海水浴で疲れたらちょっとした休憩にお土産選びを楽しむこともできます。ABCストアは、日常品から土産品まで多くの品を扱っている観光客向けとも言える人気のコンビニです。 観光名所の「ダイアモンドヘッド」も訪れたいスポットのひとつです。ホノルルに旅行にきたら世界遺産に登録されているダイアモンドヘッドでハイキングを楽しむ観光客も多いです。頂上で見渡すホノルルの景色はきっと旅の良い思い出になるでしょう。

そのほかハワイ ホノルルの見所・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

ハワイ ホノルルへの滞在でホテルをお探しですか?

ハワイ ホノルルのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なハワイ ホノルルのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発ホノルル国際行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。