地図

北海道行き 格安航空券・飛行機チケットの検索

北海道行きの飛行機

北海道内には全部で12の空港があります。札幌 (新千歳丘珠)・函館旭川をはじめ、帯広釧路・根室の中標津女満別紋別稚内奥尻島利尻島の各空港と日本各地、北海道内を結ぶ定期便が就航しています。北海道の空の玄関口ともいえる新千歳空港 (CTS)は利用客は年間2,000万人を超え、東京 (羽田成田)、大阪 (伊丹関空)、神戸名古屋福岡沖縄 那覇など各主要空港からの路線をはじめ、全国27空港より定期便が就航しています。また新千歳空港から道内を結ぶ路線として、稚内女満別根室 中標津釧路函館の5空港へ運航しています。
北海道行きのフライトは、日本を縦断する沖縄から新千歳空港まで約3時間ほど。利用者の多い羽田―新千歳間は約1時間35分、大阪―新千歳間は約1時間50分のフライト。LCCは往復・片道どちらでも自由に航空券を予約できるので、キャンペーンやセール運賃が適用される格安航空券を利用すれば、北海道旅行をリーズナブルに楽しめます。

北海道行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

北海道行きの航空券は、年間の平均で約24,600円です。(*1)

北海道行き航空券の安い時期・高い時期

道内には12の空港があり利用路線によっても運賃相場が異なりますが、年間を通して最も安い時期は4月。年間平均運賃と比べると22%安く、往復航空券の相場は2万円台です。北海道全体では7~8月、12月を除けば、航空券の相場は年間平均運賃以下で推移。降雪の多い1月から寒さが残る4月までは平均運賃よりも安く、往復航空券は23,000円~25,000円台が相場です。8月は年間で最も運賃が高く、平均運賃より32%アップします。前月の7月も往復航空券の相場は約30,200円と平均運賃より高い時期ですが、8月よりも4,000円以上価格がダウンします。年間平均運賃よりも安い時期が長く、時期やフライトの選び方次第で格安航空券が利用しやすい路線もあります。

北海道は太平洋・日本海・オホーツク海と3つの海に囲まれ、道内のエリアによって気候が異なります。桜が満開になるのはゴールデンウィーク頃で、夏も爽やかな気候が続きます。秋に入ると気温が一気に下がりはじめ秋雨前線の影響で雨も多くなります。冬は雪が多く、特に日本海側は大雪に見舞われることもあります。旅行は春から夏のシーズンが天候も安定し、アウトドアも楽しめます。冬はオホーツク海側の流氷ツアーも人気。冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」も行われ、多くの人で賑わいます。また新鮮な海産物をはじめジンギスカンやラーメンなどのご当地グルメも多く、季節ごとにいろいろな楽しみ方ができます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

北海道の人気都市行き 格安料金のチケット

北海道行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?北海道行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接北海道行きのフライトをご予約いただけます。

北海道行き便を就航する航空会社

北海道へ国内線定期便を運航している主な航空会社は、JAL (日本航空)ANA (全日空)エアドゥの3社です。札幌と日本各地を結ぶ定期便が就航している新千歳空港には、スカイマークフジドリームエアラインズのほか、ピーチジェットスターバニラエア春秋航空日本エアアジアといったLCCも参入。奥尻利尻空港の離島へはJALグループの北海道エアシステムが運航しています。空港によっては就航している航空会社が少なく、JAL (日本航空)、ANA (全日空)、エアドゥのうち、2社または1社のみが運航している場合もあります。新千歳空港・函館空港からは国際線のフライトも発着。中国・韓国・香港・東南アジア・アメリカよりフルサービスキャリアやLCCも多数乗り入れています。

北海道行きの国内線を利用する場合は、夏の台風や冬の降雪で路線によっては飛行機の欠航率が高くなる時期もあります。天候が回復しても、機材繰りなどの都合からすぐに運航再開とならないこともあります。飛行機の運航状況は各航空会社のWEBサイトなどで確認できますが、出発前に天候事由による欠航時の航空券や払い戻し手数料などの取扱いもあわせてチェックしておきましょう。

北海道の主要空港から市街地へのアクセス方法

北海道内の各空港から市街地への主な交通手段は空港連絡バス・タクシー・レンタカーです。新千歳空港 (CTS) からはJRを利用することもできます。他の道内の空港は航空便の到着時間に接続する空港連絡バスが発着しています。空港によってはバスの運行本数が少ないこともあるので、事前に出発時間などの情報収集をしておくと安心。空港と市街地が離れている場合は、空港連絡バスのほうがタクシーよりも料金が安くリーズナブルです。北海道旅行ではレンタカーを利用すると公共交通機関よりも移動や時間の自由度が高くなります。往復航空券といっしょにホテルレンタカーも事前にまとめて予約をしておくのもおすすめです。
なお奥尻空港 (OIR) はバスの運行がないため、空港から市街地までタクシーでの移動になります。各交通機関の料金・値段は、航空会社や空港の公式WEBサイトに最新情報が掲載されています。

北海道旅行のお役立ち情報

季節によって異なる北海道の魅力

北海道は訪れる季節・地域・目的によってさまざまな楽しみ方があります。札幌や函館は年間を通して日本だけでなく海外からも多くの人が訪れる観光地です。札幌市内にも多くの観光スポットがありますが、旭山動物園や定山渓温泉も人気。函館は春になると五稜郭公園の見事な桜が有名で、夜は函館山からロマンチックな夜景を楽しめます。夏になり道北や道央が観光シーズンを迎えると富良野や美瑛にはまるで絵画のような美しい風景が広がります。富良野のラベンダーは7月が見ごろで、夏は熱気球に乗れるアクテビティも人気です。道東の知床はトレッキングも盛ん。10月になり秋も深まると十勝岳や層雲峡の紅葉が見ごろを迎え、少し肌寒い季節に紅葉を見た後、ゆっくり温泉で過ごすのもおすすめです。冬はパウダースノーのスキー場でスキーやスノボで思う存分遊べます。オホーツクからの流氷ツアーも人気があります。

北海道旅行中に台風や雪でフライトが欠航になったら

悪天候による予約便欠航時の便変更や航空券払い戻しについては、各航空会社での取扱条件をよく確認しておきましょう。特にLCCの場合は返金や自社便への振替のみの対応で、代替便を自己負担で手配しないといけないケースもあります。便数が少ない路線では天候が回復していても機材繰りが間に合わず翌日以降も欠航が続く可能性もあるので、混雑期は特に注意が必要です。

そのほか、北海道の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

北海道への滞在でホテルをお探しですか?

北海道のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な北海道のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。