地図

インドネシア行きの格安航空券の検索・比較

日本からインドネシア行きのフライト

世界最大の島嶼 (とうしょ) 国家でもあるインドネシア。17,000以上もの島々からなり、世界有数のビーチリゾートとして人気のあるバリは日本人にとっても人気の旅行先の一つです。首都ジャカルタは人口約1,017万人が暮らす東南アジア有数の大都市で、日本企業も多く進出しているので出張や海外赴任でジャカルタを訪問する人も少なくありません。
日本からはジャカルタ スカルノハッタ国際空港バリ島 ングラライ国際空港に毎日直行便が就航しています。スカルノハッタ国際空港は、ガルーダインドネシア航空と子会社のLCCシティリンク、インドネシア国内線でシェア拡大中のLCCライオン・エアのハブ空港としても活用されています。またボロブドゥール遺跡で有名なジョグジャカルタには首都ジャカルタで乗り継ぎ、ジョグジャカルタ (アジスチプト国際空港) まで国内線を利用して向かいます。最近はロンボク島の美しいビーチも人気が高く、ロンボク国際空港まではバリ デンパサール空港で乗り継いで行くことができます。

インドネシア行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からインドネシア行きの航空券は、年間の平均で64,614円です。(*1)

インドネシア行き航空券の安い時期・高い時期

1年で最も運賃相場が高くなるのは8月で、年間平均運賃より約11%アップします。4月と12月も運賃が高いシーズンで、年間平均よりも約6~10%高くなります。1~3月、10~11月は運賃が通常期よりも5~11%ほど安い時期です。また6月は1年を通して最も航空券が安く、年間平均運賃と比較すると約13%も運賃が下がります。この時期は往復航空券を5万円台で、もしくはさらに格安の運賃で利用できる場合もあります。(*2)

美しいビーチとエスニックな文化が魅力のバリ島は、日本人にとって人気の海外リゾートのひとつ。東京からは直行便を利用すれば7時間40分ほどのフライトです。4~10月までは乾季にあたり雨も少ないので、ゴールデンウィークから夏休み期間までは旅行に適しています。バリではサーフィンやダイビング、ゴルフなどを楽しんだり、ビーチで美しい海を満喫できます。雨季の11~3月はスコールに見舞われることもありますが、航空券が比較的安い時期なのでコテージやヴィラのスパでのんびり過ごしたり、ショッピングを楽しむのもおすすめです。
首都ジャカルタや古都ジョグジャカルタのあるジャワ島を訪問する場合も、4~10月の乾季は天候が安定する過ごしやすいシーズンです。雨季は深い緑が美しく、遺跡には悠久の歴史を感じさせる風情が漂います。食べごろのフルーツも豊富とあってわざわざ雨季に訪問する人も少なくありません。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

インドネシアの人気都市行き 格安料金のチケット

インドネシア行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?インドネシア行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接インドネシア行きのフライトを予約することができます。

インドネシア行きの直行便を就航する日本の空港

日本からはバリ行きジャカルタ行きの直行便があります。バリ行きの直行便は成田空港関西国際空港からのフライトがあります。首都ジャカルタへは羽田成田関空から直行便が就航しています。そのほか名古屋や福岡など日本国内の各都市から出発する場合、日本国内線を乗り継いで羽田・成田・関西空港発のフライトを利用するか、ソウル・香港・シンガポールなどアジアの主要都市で乗り継ぐルートもあります。

日本からインドネシアへ運航している航空会社

インドネシアの国営航空会社であるガルーダインドネシア航空が羽田・成田・関西国際空港に就航し、成田・関空発のバリ島行き、羽田・関空発のジャカルタ行きの直行便を開設しています。バリ行きの直行便は、LCCのエアアジアも成田から週7便運航しており、低価格で利用できるため人気の高い路線。ジャカルタ線は、ガルーダインドネシア航空[関西/成田発]・JAL (日本航空) [成田発]・ANA (全日空) [成田/羽田発]の3社が就航しています。
またANA (スターアライアンス) とガルーダインドネシア航空 (スカイチーム) は加盟している航空連合が異なりますが、コードシェアリングを行っています。バリ島に行く場合、ャカルタ=バリ島間 ジのガルーダインドネシア航空運航による国内線をANA便名にて利用することもできます。

インドネシアの主要空港から市内までのアクセス

ジャカルタの空港→市内

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港から市内中心部までは、バスまたはタクシーを利用するのが一般的です。空港の到着ロビーよりダムリ・エアポートバス (Damri Airport Bus) を利用すると、ビジネスやショッピングの中心地のブロックM (BlokM) やジャワ島各地を結ぶ鉄道の拠点ガンビル駅など主要な場所まで行くことができます。バスは15分から30分間隔で出発し、料金も40,000インドネシアルピア (日本円で約330円) とリーズナブルです。
タクシーを利用する場合は空港の到着ターミナルであらかじめチケットを購入してから乗車します。日本と比較すると料金は安いものの、高速道路料金の取扱などは乗車前に確認しておくようにしましょう。空港から市内までは通常1時間ほどで到着しますが、ジャカルタは交通渋滞が多いため、バス、タクシーともに朝夕の混雑時には市内中心部まで2時間以上時間を要する場合もあります。

バリの空港→市内

バリ島のングラライ国際空港から市内までは、宿泊先ホテルの空港送迎サービスを利用するのが確実で一番安心です。エアポートタクシーを利用する場合は、到着ロビーの専用カウンターで行き先を告げ、料金を先払いしてから乗車します。ブルーバード (BlueBird) タクシーは料金トラブルなどもなく観光客にも人気のタクシー会社で、ドライバーも顔写真入りのIDを携帯しているので確認してみましょう。

誰もが心静かに過ごすバリのお正月・ニュピ

インドネシアでは国民の9割がイスラム教を信仰しており、イスラム教徒が世界で一番多い国家としても知られています。しかしバリ島では、バリ・ヒンドゥーと呼ばれるヒンドゥー教の影響を受けた独自の宗教が人々の生活に深く根付いています。バリ・ヒンドゥーのサカ暦によるお正月はニュピ (Nyepi) と呼ばれ、その日にバリ島にいる人は観光客であっても静かに1日を過ごさなくてはいけません。この日1日だけはホテルからの外出は禁止されていて、ビーチに出ることもできません。空港や港も閉鎖され、飛行機が発着することもありません。街は静寂に包まれ、まるで時が止まったかのような雰囲気になります。
ニュピ (Nyepi) は3月になりますが、暦によって日付が毎年変わります。普段とはまったく雰囲気の異なるバリで心静かに1日を過ごすのも貴重な経験と言えます。ニュピ (Nyepi) の日程はインドネシア共和国観光省公式ページでも紹介されているので、3月にバリへの旅行を計画している人は事前に確認してみましょう。
そのほか、インドネシアの魅力・見どころをスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

インドネシアへの滞在でホテルをお探しですか?

インドネシアのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な インドネシアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

インドネシアの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。