地図

大阪 伊丹空港行きの飛行機・国内航空券の検索

伊丹空港行きのフライト

大阪 伊丹空港は大阪中心部より約12kmのところに位置し、国内線の発着空港です。札幌 新千歳東京 (羽田成田)、福岡沖縄といった主要な空港を含め、北海道 (5空港)、東北 (7空港)、関東甲信越 (4空港)、近畿 (1空港)、中国 (3空港)、四国 (2空港)、九州 (9空港)、沖縄 (2空港) とを結ぶ定期便が運航しています。但馬や隠岐といった地域路線、屋久島・種子島・奄美大島の鹿児島離島路線への直行便も就航。年間の利用旅客数は1,450万人を超え、日本各地を結ぶフライトが1日平均で369便も発着しています (2017年12月現在)。大阪都心部へのアクセスが便利なことから出張などのビジネス利用も多く、羽田・新千歳・福岡線は急な出張で搭乗当日に飛行機のチケットを予約して日帰りで利用する人も多いのが特徴です。

伊丹空港行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

伊丹空港行きの飛行機は、年間の平均で約31,100円です。(*1)

伊丹空港行き航空券の安い時期・高い時期

1~2月は平均運賃と比較すると7~8%価格が下がり、往復航空券の相場は約29,000円。1年のなかでも最も運賃が下がるシーズンで、最安値になるのは2月です。6月と9~12月までは相場が安く、往復航空券の価格は30,000円前後。年間平均運賃より3~5%ダウンします。8月は帰省や旅行で利用客が増え、年間平均より12%運賃がアップ。1年のうちで一番運賃が高くなり、航空券の相場は往復で約35,000円です。3~5月は平均運賃より1~2%ほどアップしますが、8月を除けば運賃の変動があまり大きくないのが特徴です。各航空会社では早期割引運賃を設定しているので、早めに予約するとお得です。往復・片道それぞれ各航空会社の運賃を比較し高い割引率が適用される便を選ぶことが、格安航空券を予約する時のコツです。

伊丹空港は大阪中心部から近く、大阪の空の玄関口として多くの人に利用されています。大阪市内はもちろん京都・神戸にもアクセスがよく、関西圏へのビジネスや旅行に便利。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや阪神甲子園口への直行バスも運行していているので、気軽に日帰り旅行や野球観戦を楽しみたい人にも利便性の高い空港です。大阪・兵庫・奈良の平野は瀬戸内式気候で雨が少ないのが特徴。京都や奈良は歴史的な建造物や文化財が多く、古くから修学旅行先としても人気があります。年間を通して旅行に適していますが、夏はかなり湿度が高く暑さが厳しいので熱中症には注意が必要です。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

伊丹空港行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?伊丹空港行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接伊丹空港行きのフライトをご予約いただけます。

伊丹空港行きの便を就航する航空会社

大阪 伊丹空港には南ターミナルと北ターミナルの2つのエリアに分かれています。南ターミナルからはANA (全日空)アイベックスエアラインズ (IBEX)、北ターミナルからはJAL (日本航空)日本エアコミューター天草エアラインが就航しています。伊丹空港にはLCCの乗り入れはありません。伊丹空港と関西国際空港の移動をともなう国内線乗り継ぎには、接続便の出発まで180分以上の乗り継ぎ時間が必要です。関西国際空港発の国際線へ乗り継ぐ場合は、航空会社によって必要とされる乗り継ぎ時間が異なるので予約時に確認しましょう。

伊丹空港から関西各地へのアクセス方法

伊丹空港から各地への主な交通手段は 電車・モノレール・バス・タクシー・レンタカーです。

・大阪モノレール

空港ターミナルビルより連結デッキで、モノレール大阪空港駅と連結しています。一駅となりの蛍池駅で阪急電鉄宝塚線に乗り換え可能。阪急線を利用して梅田や宝塚、京都、三宮方面にも移動可能です。大阪モノレール線を利用する場合、各地への所要時間は千里中央駅まで17分 (料金330円)、万博記念公園まで18分 (料金370円)、門真市まで36分 (料金550円) です。

・電車

伊丹空港より大阪モノレールに乗り、阪急蛍池駅経由で阪急梅田まで約30分。梅田でJR線に乗り換え大阪駅から三ノ宮駅 (神戸) まで約40分、京都駅までは快速で約35分です。関西の主要都市まで1時間30分ほどで移動できます。梅田からは大阪市営地下鉄・阪急電鉄・阪神電車にも乗り換え可能です。

・リムジンバス

新大阪駅前、大阪駅前 (梅田) 周辺、なんば (OCAT)、あべの橋 (天王寺)、近鉄上本町といった大阪の主要スポットへ行く路線があります。また空港からユニバーサル・スタジオ・ジャパン行きのバスに乗車すると約40分で到着。京都・神戸 (三宮)、西宮 (阪神甲子園・阪急西宮北口) 行きの路線もあります。梅田方面行きの路線は主要なホテルにも停車するので便利です。大阪の主要スポットまでの所要時間は約35~40分。京都や三宮へも1時間以内で到着します。料金は行き先にもよって異なりますが、640円~1,310円です。関西空港までは約75分で料金は1,950円。渋滞などの交通事情によっても所要時間は多少前後しますが、荷物の多い時などは移動の負担が少ないのでおすすめです。

・タクシー

南ターミナルと北ターミナルの到着ロビーを出たところにタクシー乗り場があります。新大阪駅までは約20分 (料金3,600円)、大阪駅までは約25分 (料金4,500円)、なんば、あべの橋までは25~30分 (料金6,000~7,000円) です。

・レンタカー

南ターミナルと北ターミナルの到着ロビーにレンタカーカウンターがあります。ニッポンレンタカー 、日産レンタカー、トヨタレンタリース、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルのサービスデスクがあり、事前予約をすませておくと便利です。

大阪観光のお役立ち情報

再開発で注目される大阪の新スポット

大阪城・道頓堀・心斎橋・なんば・通天閣といった大阪の定番観光スポットをはじめ、京都や神戸にもアクセスのよい伊丹空港。大阪の中心部である梅田まで30分ほどで行けます。大阪駅周辺には「グランフロント大阪」、大阪城公園駅前の「JO-TERRACE」など再開発により新しい商業施設が次々にオープン。梅田からは茶屋町周辺、レトロな雰囲気が残る中崎町にはおしゃれなカフェや雑貨店も多く女子旅におすすめです。また心斎橋のアメリカ村からも近いオレンジストリートには、センスの良いインテリアショップもたくさんあり若者を中心に賑わっています。定番観光地とあわせて大阪のおしゃれスポットの散策もおすすめです。

2020年の全面リニューアルにむけて改修工事中の伊丹空港

伊丹空港では2020年のリニューアルオープンにむけて改修工事が進められています。現在南ターミナルと北ターミナルの2つのエリアに分かれている搭乗口を1つに集約。利用客の導線を考慮し、モノレールなど連絡交通機関への移動もさらにスムーズになるよう改修。最新鋭の保安検査機「スマートレーン」も導入し、保安検査場の混雑も緩和される予定です。老朽化したターミナルビルの耐震性を高める工事も行い、安全性と利便性にすぐれたスマートな空港へと生まれ変わります。

そのほか、大阪の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

大阪への滞在でホテルをお探しですか?

大阪のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な大阪のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発大阪 伊丹行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。