地図

カンボジア行きの格安航空券の検索・比較

日本からカンボジア行きのフライト

アンコール・ワット遺跡で有名なカンボジアは近年急速に経済発展を遂げ、現地に進出する日系企業も多く、観光だけでなく出張などビジネスで渡航する人も増えています。プノンペンをはじめ、アンコール遺跡群の玄関口となるシェムリアップ、ビーチリゾートとして人気のあるシアヌークビルが主に利用されています。プノンペンへは日本からの直行便が就航。カンボジア国内は、プノンペン→シェムリアップ間シェムリアップ→シアヌークビル間カンボジア・アンコール航空カンボジア・バイヨン航空の国内線が就航しています。日本からシェムリアップ、シアヌークビルへ出発する場合はハノイ、バンコク、香港などの近隣国の都市で乗り継ぐ必要があります。

カンボジア行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からカンボジア行きの航空券は、年間の平均で約61,000円です。(*1)

カンボジア行き航空券の安い時期・高い時期

ゴールデンウィーク、年末など混雑する時期は航空券の運賃が高い相場になっています。最も航空券が高いシーズンはゴールデンウィークが始まる4月で年間の平均運賃と比較すると13%ほど運賃がアップします。航空券は1月・6月・10月が通常期よりも8〜14%ほど運賃が安くなります。(*2)

カンボジアを旅行する場合は、乾季にあたる11月~5月の間は雨が少なくて気候も良く、11月~2月がベストシーズンとされています。3月を過ぎると気温が35度を超える日もあるので暑さ対策を十分にしましょう。雨季 (6月~10月) には夕方にスコールが降ることもありますが、雨季は緑も濃く、うっすらと雲がかかった幻想的な遺跡の風景が見られるチャンスもあります。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

カンボジアの人気都市行き 格安料金のチケット

カンボジア行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?カンボジア行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接カンボジア行きのフライトを予約することができます。

カンボジア行きの直行便を就航する日本の空港

成田空港から首都プノンペンへの直行便が就航しています。東京以外の都市から出発する場合は、日本国内線から乗り継いで成田空港発のプノンペン行きのフライトを利用するか、ホーチミン・バンコク・クアラルンプールなどアジアの近隣都市で乗り継いで行く方法もあります。ホーチミンやバンコクから、プノンペン、シェムリアップまでのフライトは約1時間30分で、接続がスムーズなフライトを選択すれば時間を効率的に使えます。

カンボジアへ就航する航空会社

2016年9月からANA (全日空) がカンボジアの首都・プノンペンに定期直行便の運航を開始し、成田→プノンペン間を週に7往復しています。以前はプノンペンまでは乗り継ぎ便を利用しなくてはなりませんでしたが、直行便の運航開始でカンボジアへのアクセスが格段に便利になりました。LCC (格安航空会社) の直行便は運行されていませんが、エアアジア (クアラルンプール乗り継ぎ) や香港エクスプレス (香港乗り継ぎ) を利用すると、大手航空会社よりも安く航空券を手に入れられます。またベトナム航空 (ホーチミン乗り継ぎ)、タイ国際航空 (バンコク乗り継ぎ) を利用して、アンコール・ワット遺跡の観光の拠点であるシェムリアップへ行くこともできます。

カンボジアの主要空港から市内までのアクセス

プノンペンの空港→市内

首都・プノンペンは近年街が急速に発展している一方で、雑多で活気あふれる街並みも残っており、アジアらしい雰囲気が感じられる都市です。プノンペン国際空港 (PNH) からタクシーやトゥクトゥクを利用すると約20~30分で市の中心部に到着します。市内にスタイリッシュなブティックホテルも増え「女子旅」を楽しむ人も増加中。

シェムリアップの空港→市内

世界遺産アンコール・ワットやアンコール・トムといった遺跡は観光客から特に人気が高く、アンコール・ワットからは美しく幻想的な朝日を眺めることも可能です。遺跡の玄関口となるシェムリアップ国際空港から市内へは、エアポートタクシーやバン、トゥクトゥクを利用すれば20分ほどで到着。観光地でもあるシェムリアップでは外国語を話せるドライバーも多く、タクシーも安心して利用できます。また、美しいビーチが広がるシアヌークビルは空港から市内まではタクシーで30~40分ほどかかります。空港まで送迎サービスを行っているホテルもあるため、事前に調べておくとよいでしょう。

観光目的の滞在もビザが必要。申請手続きはお早めに

カンボジアの入国にはビザが必要です。ビザの申請はカンボジア王国大使館 (東京)、各地の名誉領事館 (札幌・名古屋・大阪・福岡) で受け付けています。申請から2営業日ほどでビザが発給されますが、遠方で大使館まで直接行くことができない人は郵送でも手続きができます。プノンペン空港、シェムリアップ空港、タイとベトナムとの国境でもビザを取得できますが、ビザ発給のための条件が変更になることが多いため、あらかじめ出発前に取得しておくことをおすすめします。

カンボジアの通貨(リエル)には現地で両替。米ドルも流通

カンボジアの通貨単位はリエルです。日本でリエルへの両替は取扱がなく、カンボジアに到着してから空港や市内の銀行・ホテルでの両替が必要です。リエル紙幣は20数種類もありますが、一般的に米ドル(USD)も流通しています。カンボジアは物価が安く、100ドルや50ドルといった高額紙幣での支払いができない場合や米ドルで払ってもリエルでお釣りが返ってくることもあるため、なるべく小額紙幣に両替しておくと現地での会計がスムーズです。

カンボジア観光における注意点

またアンコール遺跡群の見学にあたっては服装の規制があり、肌の露出が多い服装での見学は禁止されています。膝上のパンツやスカート、ノースリーブでの見学は控えるようにしてください。また、カンボジア人の頭を触ること、女性が僧侶に触れることは禁忌とされているため、併せて覚えておきましょう。
そのほか、カンボジアの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

カンボジアへの滞在でホテルをお探しですか?

カンボジアのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なカンボジアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。