地図

北九州空港行きの飛行機・国内航空券を検索

北九州空港行きの飛行機

北九州空港は北九州市小倉南区にある人工島の海上空港で、北九州市の中心部より約30キロ離れたところに位置しています。スターフライヤーのハブ空港としても活用されているほか、九州初の24時間運用空港としても知られています。北九州へは東京 (羽田) 、名古屋 (小牧) の2都市より定期便が就航しています。羽田-北九州線は羽田発の最終便は22時55分発、北九州発の始発便は5時30分発で、深夜・早朝のフライトも利用可能。早朝深夜便に合わせて博多・天神方面へのリムジンバスも運行しているため、東京での滞在時間を長く確保できることから単身赴任者の帰省や旅行者に好評です。また釜山・ソウル (仁川) への国際線定期便も就航。そのほか、中国の大連や襄陽、韓国の務安への季節運航便も発着しています。

北九州空港行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

北九州空港行きの飛行機は、年間の平均で約38,902円です。(*1)

北九州空港行き航空券の安い時期・高い時期

北九州行きの航空券は、年間平均で約38,900円 (大人1名あたりの往復運賃) です。年間を通じて1~2ヶ月ごとに安値と高値のシーズンが入れ替わるのが特徴です。1年のうち最も飛行機のチケットが安いのは11月で、年間平均運賃より19%も下がり往復航空券の価格は約31,700円9月11月に次いで安値の約35,000円です。最高値になるのは3月で、レジャーシーズンではありませんが平均価格より9%高くなり約42,800円が相場。7~8月も高値が続き、航空券の価格は40,800円~41,500円台です。夏休みや年末を除けば概ね37,000円~39,000円台で運賃相場が推移していますが、各航空会社が設定している早期割引運賃を利用すれば年間平均運賃よりも安い価格で格安航空券を利用できる可能性があります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

九州の最北端にある北九州市は関門海峡に接し、北部は日本海、東部は周防灘に面しています。八幡製鉄所に代表される製鉄・化学・セメントといった重厚長大型産業が発達した地域でしたが、現在の主力産業は自動車産業にシフトしつつあります。小倉をはじめ北九州市内には関連産業も多く、出張で北九州行きのフライトを利用する人も少なくありません。門司港レトロ地区や小倉城といった観光スポットも多く、旅行先としても人気があります。皿倉山の山頂は夜景スポットとしても有名で「新日本三大夜景」のひとつにも選ばれました。最近は小倉製鉄所など工場夜景の撮影に訪れる人も増えています。年間を通して温暖な気候で下関や福岡にも近いので、季節を問わずに旅行を楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

北九州空港行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?北九州空港行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接北九州空港行きのフライトをご予約いただけます。

北九州空港へ就航している主な航空会社

北九州空港へ国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空) スターフライヤーフジドリームエアラインズの3社です。国内線便を運航しているLCCはありません (2018年1月現在) 。スターフライヤーとANA (全日空) はコードシェアを行っているので、スターフライヤー運航便をANA便名で予約することもできます。JALとスターフライヤーは羽田-北九州線、フジドリームエアラインズは名古屋 (小牧) -北九州線をそれぞれ運航しています。また国際線は韓国のLCCのジンエアーが釜山とソウルに就航しています。

北九州空港から市内中心部へのアクセス方法

北九州空港から市内中心部への主な交通手段はエアポートバス・タクシー・レンタカーです。

・エアポートバス
北九州市内行きのエアポートバス と福岡市内を走る福北リムジンバスが運行しています。小倉駅バスセンターまでの所要時間は約40~50分で、運賃は700円です。福北リムジンバスを利用する場合は、博多駅筑紫口まで約73分、博多駅前A乗場まで約78分、西鉄天神バスターミナルまで約90分で到着します。運賃はいずれも1,000円です。また北九州空港には鉄道の乗り入れはありませんが、空港最寄りの駅は日豊本線の朽網駅になります。朽網駅までは空港からエアポートバスで20分、料金は410円で大分方面へのアクセスも便利です。小倉行きのバスは深夜1時5分発と最終便は深夜まで運行しています。時刻表は北九州空港のWEBサイトより最新情報を確認できます。

・タクシー
一般タクシーを利用する場合は、旅客ターミナルビル前から乗車できます。各地への所要時間と運賃の目安は小倉駅までは約45分・約7,000円、門司港駅までは約45分・約10,000円、八幡駅までは約50分・約8,000円です。早朝・深夜便を利用する場合は、エリアごとの定額制になっている乗合タクシーの利用が便利。事前予約が必要ですが、料金も一般タクシーより割安で1名でも利用することができます。スターフライヤー便を利用する場合はスターフライヤーのWEBサイトからも事前予約を受け付けています。

・レンタカー
1階ロビー中央にレンタカーカウンターがあります。日産レンタカー 、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、タイムズカーレンタル、オリックスレンタカー、バジェットレンタカーといった大手各社のデスクがあります。事前予約をしておくとチェックイン手続きがスムーズです。

北九州旅行のお役立ち情報

風光明媚な場所もいっぱい!北九州の見どころ

北九州で人気の観光スポットは関門海峡エリアと門司港レトロ地区です。関門橋はまさに九州の玄関口とも言える全長1,068mの吊り橋で、あらゆる角度から橋を眺めることができます。夜はライトアップされ夜景もきれいです。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の舞台となった巌流島も人気スポットのひとつ。門司港桟橋から連絡船に乗ると、船内のアナウンスで巌流島の歴史や周辺の風景のガイドを聞きながら移動できます。毎年8月13日になると関門海峡花火大会が開催されます。約1万5,000発の花火が豪快に打ち上げられ、多くの観光客でにぎわいます。また、門司港レトロ地区には大正の面影を残した建物が数多く残っています。明治24年に建てられた門司港駅はネオ・ルネッサンス調の木造建築で国の重要文化財にも指定されています。2019年までは改修工事中ですが、アインシュタインも宿泊した旧門司三井倶楽部や料亭三宣楼といった歴史的な建造物は当時の雰囲気をそのまま伝えています。毎年11月下旬のクリスマスシーズンから2月下旬までは街中がライトアップされ夜景も美しく、女子旅にもおすすめです。

国内旅行におすすめの情報・ツール

@北九州への滞在でホテルをお探しですか?

北九州のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な北九州のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発北九州行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。