地図

宮崎行き国内航空券・飛行機チケットを検索

宮崎行きの飛行機

宮崎空港 (KMI) は宮崎ブーゲンビリア空港という愛称で、市内中心部から5キロの場所に位置しています。宮崎へは東京 (羽田)、大阪 (伊丹関空)、名古屋 (中部セントレア)、福岡沖縄 那覇の5都市6空港からの定期便が就航しています。また宮崎空港からは国内線だけでなくソウル(仁川)・台北・香港への国際線便も発着。東京からは約1時間50分、大阪・名古屋・那覇からは1時間15分~30分のフライトで宮崎に到着します。

福岡から宮崎へは自動車・高速バスが主な交通手段です。九州新幹線の新八代駅 (熊本県) を経由してバスを利用することもできますが、移動には約3~4時間かかります。しかし福岡から宮崎まで飛行機を利用すれば片道約40分のフライト。福岡・宮崎ともに空港が市街地から近いところにあるのでスムーズに移動でき、時間が効率的に使えます。そのほかの日本国内都市からは、羽田・伊丹・関西・名古屋・福岡にて国内線を乗り継いで宮崎まで行くことができます。

宮崎行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

宮崎行きの航空券は、年間の平均で約32,800円です。(*1)

宮崎行き航空券の安い時期・高い時期

1~2月は年間平均運賃と比較すると12~15%価格がダウンし、往復航空券の相場は29,000円前後。1年の中でも最も運賃が安い時期です。夏休み中の8月は帰省や旅行で利用客が増えることから年間平均より運賃が19%アップし、往復で約40,000円まで運賃が上がります。12月も年末の帰省で混雑しますが、8月と比べると7%ほど航空券の価格が下がり往復37,000円台です。8月と12月を除けば平均運賃とほぼ同じか、少し安い運賃で利用できます。各航空会社の早期割引運賃やキャンペーン運賃が適用される便や時期を選べば、格安航空券を利用できます。(*2)

市内の街路樹にはヤシ (ワシントニアパーム) の木が植えられ、南国ムードいっぱいの宮崎。パワースポットとして知られる高千穂峡や鵜戸神宮、モアイ像が立ち並ぶサンメッセ日南やシーガイヤでのゴルフなど、訪れる地域によっていろいろな過ごし方ができます。宮崎市内にも多くの公園や森があり、読売巨人軍のキャンプ会場には大勢の野球ファンも応援に訪れます。日向夏やマンゴーといったフルーツ、冷や汁や地鶏の炭火焼きといった名産品も人気です。年間を通して温暖な気候で季節を問わずにゴルフやサーフィンなどのスポーツも楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

宮崎行き 格安料金のチケット

宮崎行きの飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?宮崎行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接宮崎行きのフライトをご予約いただけます。

宮崎へ就航する主な航空会社

宮崎空港への定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空)ANA (全日空)ソラシドエアピーチオリエンタルエアブリッジの5社です。また国際線はアシアナ航空がソウル・仁川空港より、チャイナエアラインが台北より、香港航空が香港より宮崎に乗り入れています。羽田からはJAL・ANA・ソラシドエアの3社、伊丹からはJAL・ANAの2社、関西からはピーチ、福岡からはJAL・ANA・オリエンタルエアブリッジの3社が運航しています。ANAは羽田-宮崎線、那覇-宮崎線でソラシドエアと、福岡ー宮崎線でオリエンタルエアブリッジとコードシェアを行っています。

ソラシドエアは宮崎市に本社がある新規参入の航空会社ですがLCCとは一線を画し、大手航空会社よりも安い運賃を提供しつつ、沖縄や九州の名産品が使われたドリンクやスナック、アメニティグッズを販売するなど独自のサービスを展開しています。また空港ではANAの自動チェックイン機で搭乗手続きができるので、カウンターに並ぶことなくスムーズに搭乗できます。

宮崎空港 (KMI) から市内中心部へのアクセス方法

宮崎空港から県内各地への主な交通手段は、JR・バス・タクシーです。JRを利用する場合、空港敷地内に宮崎空港駅があり田吉駅で乗り換え、宮崎駅までの所要時間は約10~15分、運賃は350円です。タクシーの場合は約20分で宮崎駅に到着。県内各地へは宮崎交通の空港連絡バスが運行しています。予約不要で宮崎駅までは25分~30分、南宮崎駅近くの宮交シティ (バスターミナル) までは約15分、フェニックスシーガイアリゾートのシェラトングランデまでは約25分で到着します。その他の県内地域ヘ向かう空港連絡バスもあり、西都城駅前バスセンターまでは約1時間 (片道1,670円)、日南方面へは約1時間40分 (片道1,910円)、小林駅までは約1時間50分 (片道1,970円) です。

宮崎旅行のお役立ち情報

観光地や郷土料理も魅力の宮崎

温暖な気候を有する宮崎市は人気の観光地の一つで、1970年代には新婚旅行のメッカとして注目されていました。様々な特産品・郷土料理をはじめ、日本神話のゆかりの地であることをアピール。数多くの観光資源に恵まれています。青島神社、鬼の洗濯岩などがあり、200種類以上の亜熱帯植物に覆われ、国の天然記念物にも指定されている「青島」や南国ムード漂うドライブコースとして人気の「日南海岸」、第一代・神武天皇を御祭神とする格式の高い古社「宮崎神宮」、イザナギノミコトとイザナミノミコトを祭神とし、パワースポットとして有名な「江田神社」など見どころも豊富。「冷や汁」「地鶏炭火焼」「宮崎牛」「チキン南蛮」などの郷土料理も是非楽しみたいものです。

日南海岸沿いの名所をめぐる観光バスが便利!

宮崎県から鹿児島県にかけて続いている日南海岸には風光明媚な場所が多く、宮崎県のなかでも人気の観光スポットです。レンタカーでのんびりと周遊するのもおすすめですが、宮崎市内からも定期観光バスが運行しています。奇岩「鬼の洗濯板」で有名な青島神社、変化にとんだ海岸線を眺望できる堀切峠、江戸時代の面影を残す城下町・飫肥、鵜戸神宮を1日かけて観光します。途中下車する道の駅フェニックスでは、名物のマンゴーソフトクリームも味わえます。定期観光バスは宮崎駅や宮崎空港、宮崎市内の主要ホテルに停車するので、宿泊先から直接バスに乗車して観光に出かけることもできます。

そのほか宮崎の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

国内旅行におすすめの情報・ツール

宮崎への滞在でホテルをお探しですか?

宮崎のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な宮崎のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発宮崎行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。