地図

韓国行きの格安航空券の検索・比較

日本から韓国行きのフライト

日本人の旅行先として常に人気が高い韓国。日本から韓国への平均飛行時間は東京から約2時間20分、大阪から1時間40分、福岡からは約1時間20分ほどで、海外旅行先の中でも日本から短時間で、さらにLCCの選択肢も多く安い料金でアクセスできることが魅力です。日本各地の空港からソウルプサン (釜山)チェジュ (済州)テグ (大邱)光州に直行便が出発しています。

ソウル行きのフライト

ソウルには2つの空港が存在しています。仁川(インチョン)国際空港は大韓航空とアシアナ航空のハブ空港で、ソウルを乗り継いでヨーロッパやオセアニアへアクセスする際にも利用される空港です。ソウル金浦(キンポ)国際空港にも東京・大阪からの定期便があり、JAL (日本航空)・ANA (全日空)・大韓航空・アシアナ航空が仁川・金浦の両空港と日本の各都市を結ぶ路線を運航しています。

釜山行きのフライト

ソウルに次ぐ韓国第二の都市・釜山は韓国のなかでも人気の旅行先のひとつです。日本からは成田発のJAL (日本航空)、関空発のピーチが釜山の金海国際空港に就航しています。またエアプサン・ジンエアー・チェジュ航空といった韓国のLCC (格安航空会社) も日本と釜山を結ぶ路線を開設しています。

済州行きのフライト

人気リゾートの済州 (チェジュ) へも成田・関空からティーウェイ航空、大韓航空の直行便があります。

韓国行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

韓国行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

日本と同じような気候で時差のない韓国。週末や連休を利用して旅行に出かける人も多く、ソウルや釜山は日本人にとって常に人気の観光地です。春と秋は比較的気候もよく旅行に適したシーズンです。LCCを利用する場合は予約の混雑状況によって航空券の運賃が変動する仕組みになっているので、出発間際でも空席が多いフライトは往復でも20,000円以下となる場合もあります。こまめに運賃検索や空席照会をして最安値運賃をチェックしてみましょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

韓国行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?韓国行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接韓国行きのフライトをご予約いただけます。

韓国行きの直行便を就航する日本の空港

東京・大阪・札幌 (新千歳)・名古屋・福岡をはじめ多くの国内空港から、韓国の各都市へ直行便が就航しています。仙台新潟広島高松空港(香川)などの地方空港から出発するソウル行きの便がありますが、とくに九州発のソウル線は便数が多く便利。福岡北九州佐賀大分長崎宮崎熊本鹿児島の九州7県と沖縄からソウルへの直行便があり、国内旅行感覚で行くことができます。地方空港から出発する路線はリーズナブルな運賃が魅力のLCCの就航が多く、片道運賃が10,000円以下の格安航空券を利用できるチャンスもあります。

韓国行きの航空会社

JAL (日本航空)ANA (全日空)大韓航空アシアナ航空の大手航空会社のほか、LCCも含めると多くのエアラインが日本と韓国を結ぶ路線を運航しています。日本のLCCでは、ピーチが羽田・関空・沖縄からソウル 仁川国際空港に就航。韓国のLCCも日本各地の地方空港からソウルやプサン (釜山) への路線を開設。ティーウェイ航空イースター航空ジンエアーチェジュ航空、エアソウル、エアプサンといったLCCは大手航空会社が就航していない地方発着便を充実させています。航空アライアンスに加盟している大手航空会社では、各社のマイレージを貯めたり特典航空券を利用できるメリットがありますが、韓国まではフライト時間も短く、リーズナブルな運賃が魅力のLCCを利用する人も増えています。

航空会社 タイプ 主な就航ルート
アシアナ航空 フルサービス 羽田→ソウル, 成田→ソウル, 関空→ソウル など
大韓航空 フルサービス 羽田→ソウル, 成田→ソウル, 関空→ソウル など
ANA (全日空) フルサービス 羽田空港→ソウル
JAL (日本航空) フルサービス 成田→プサン (釜山) など
ジンエアー LCC 福岡→ソウル, 成田→ソウル, 関空→ソウル など
ティーウェイ航空 LCC 成田→ソウル, 福岡→ソウル, 関空→ソウル など
チェジュ航空 LCC 関空→ソウル, 成田→ソウル, 福岡→ソウル など
ピーチ (Peach) LCC 関空→ソウル, 羽田→ソウル, 那覇→ソウル など
イースター航空 LCC 成田→ソウル, 関空→ソウル, 福岡→ソウル など

韓国の主要空港から市内までのアクセス

ソウルの空港→市内

仁川国際空港 (ICN) からは約15分間隔でソウル市内へのリムジンバスが運行し、所要時間は約1時間40分。金浦国際空港 (GMP)は仁川国際空港よりも市内中心部に近く、リムジンバスを利用すれば街の中心まで約45分で到着。市の中心部にはホテルも多く、地下鉄やバスなどの公共交通機関も発達しています。ソウル市内ではプリペイド式の交通ICカード「T-money」カードを購入すると、地下鉄やバスへの乗降時に都度切符を購入する必要はありません。ソウル市のオフィシャルサービスとして運営されているインターナショナルタクシーでは、英語や日本語の話せるドライバーが運転していることもあり観光客からも人気です。

釜山の空港→市内

プサン (釜山) の金海国際空港 (PUS)からはKALリムジンバスを利用すれば約40分〜60分で市内へ到着し、市内の主要ホテルにも停車します。

冬季オリンピック開催地周辺も見どころがいっぱいの韓国

2018年冬季オリンピック・パラリンピックが平昌 (ピョンチャン) で開催され、フィギュアスケートをはじめ人気種目の観戦で韓国に行く人も多いのではないでしょうか。平昌は自然豊かなスキーリゾートで、スキーやスノーボードが存分に楽しめるだけでなく、韓国ドラマ『冬のソナタ』のロケ地となったことでも知られています。またニューヨークタイムズが選ぶ「2016行きたい場所 (52 Places to Go in 2016)」にも選出されました。またフィギュアスケートの競技会場がある江陵 (カンヌン) は、韓国三大海水浴場のひとつで美しいビーチが広がる鏡浦 (キョンポ) リゾートや歴史的な家屋が並ぶ観光名所です。ソウル市内からはバスで約2時間30分ほどで行けるので、リゾート地としても人気があります。ぜひ訪れてみてはいかでしょう。
そのほか、韓国の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

韓国への滞在でホテルをお探しですか?

韓国のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な韓国のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。