地図

釧路行きの格安飛行機チケットの検索

釧路行きのフライトが発着している日本国内の空港

釧路空港は釧路市中心部より約20キロ北西に位置し、道東における拠点空港のひとつです。たんちょう釧路空港という愛称で、タンチョウのネオンサインやモニュメントなど、建物の外観や意匠にもタンチョウのデザインを取り入れています。国内線は札幌 (新千歳・丘珠) 、東京 (羽田) の2都市3路線で定期便を運航しています。日本各地からは羽田または新千歳空港を経由して釧路まで行くことができます。また2018年8月より関西-釧路線が新規に開設される予定で、これまで以上に道東へのアクセスが向上します。

釧路行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

釧路行きの飛行機は、年間の平均で約39,303円です。(*1)

釧路行き航空券の安い時期・高い時期

釧路行きの航空券は、年間平均で約39,303円 (大人1名あたりの往復運賃) です。最安値になるのは1月で、相場は年間平均価格より21%安く約32,500円です。4~5月は年間平均よりもやや高い41,400~42,000円台で価格が推移。6月は一転して38,000円台まで相場が下がりますが、7~8月は価格が上昇。8月は年間平均より16%高くなり運賃相場は約51,400円です。10~11月約32,900~33,200円と相場が安い時期になります。12月43,900円台まで価格がアップしますが、レジャーシーズンや年末を除けば比較的相場が安く、早めに予約をすれば早期割引が適用される場合もあるので格安航空券を利用できる機会も多くあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

釧路は太平洋に面し、北海道東部を代表する都市のひとつです。釧路市の北側には日本最大の湿原・釧路湿原が広がり、特別天然記念物タンチョウの姿を観察することもできます。酪農を中心とした農業が盛んですが、釧路炭鉱は日本で唯一の坑内堀炭鉱で現在も海底下から石炭を採掘・生産しています。1年を通して冷涼な気候で、沿岸部は夏でも気温が25度を超えることはほとんどありません。一方、内陸部の阿寒湖付近は夏になると30度を超える日もあり、日中はかなり暑くなります。秋から冬にかけては晴天が続き、北海道の都市のなかでは降雪が少ないのも釧路の特徴です。旅行のベストシーズンは春から夏のシーズン。釧路湿原にはたくさんの花々が咲き、カヌーで湿原をめぐるツアーも人気があります。冬はタンチョウをはじめ、たくさんの野鳥が越冬のために飛来。野鳥観察を楽しむこともでき、秋から冬の旅もおすすめです。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

釧路行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?釧路行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接釧路行きのフライトをご予約いただけます。

釧路へ就航している主な航空会社

釧路空港行きの国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空) ANA (全日空) エアドゥ (AIR DO) 北海道エアシステム (HAC) の4社です。羽田-釧路線はJAL・ANA・エアドゥの3社が運航、新千歳-釧路線はANA、丘珠-釧路線は北海道エアシステムがそれぞれ運航しています。ANAはエアドゥとコードシェアを行っており、羽田-釧路線のエアドゥ運航便はANA便名でも予約できます。また2018年8月より新規に就航する関西-釧路線は、格安航空会社 (LCC) のピーチが運航します。

釧路空港から都心部へのアクセス

釧路空港から市内中心部へはバス・タクシー・レンタカーが主な交通手段です。

・バス
飛行機の到着時間にあわせて釧路市内行きの空港連絡バスが運行しています。バスは航空機が到着してから15~20分後に、到着ロビー正面の乗り場から出発します。釧路駅前やフィッシャーマンズワーフMOOを経由し、終点は釧路市役所前。釧路駅前までは約45分、フィッシャーマンズワーフ、釧路市役所前までは約55分、運賃は片道940円です。そのほかにも釧路空港と阿寒湖温泉間を運行している阿寒エアポートライナーも利用できます。航空ダイヤに合わせた運行で、阿寒湖温泉の主要宿泊施設に停車します。途中下車して周辺を観光しても料金は変わりません。事前にWEB予約ができるので、レジャーシーズンは早めの予約が安心です。

・タクシー
空港到着ロビーを出て左手にタクシー乗り場があります。釧路駅から市内までは約20キロ。釧路駅までは約40分 (料金5,500円) が目安です。タクシー会社によっては釧路湿原展望台・丹頂鶴自然公園・阿寒湖などの名所をまわる観光タクシーサービスを行っているところもあります。

・レンタカー
空港到着ロビーにレンタカーのサービスデスクがあります。トヨタレンタリース・日産レンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズカーレンタル・オリックスレンタカーといった大手レンタカー会社の営業所が空港近くにあり、事前予約をしておくと無料送迎サービスを利用できます。

釧路旅行のお役立ち情報

貴重な植物や動物が生息する日本最大の湿原へ!釧路の魅力

日本最大の湿原である釧路湿原国立公園は釧路の観光地として最も人気があります。釧路湿原には約700種類の植物や200種の鳥類など多様な動植物が生息し、国定公園内の5つの展望台や6つの遊歩道から豊かな自然の世界を観察することができます。釧路川をカヌーで下ったり、ホーストレッキングを楽しんだり、大自然を満喫できるネイチャーツアーも盛んで、バードウォッチングを楽しむ人もたくさん訪れます。釧路市丹頂鶴自然公園は空港から車で10分とアクセスがよく、特別天然記念物タンチョウを間近で観察することも可能。阿寒湖も北海道を代表する観光地のひとつ。日本百名山にも数えられている雌阿寒岳・雄阿寒岳の登山にチャレンジする人も多く、頂上から眺める阿寒湖の景色は格別で季節ごとに異なった風景を楽しめます。阿寒湖畔エコミュージアムセンターでは大きくて丸い謎の生物・阿寒湖のマリモも見学可能。さまざまなアクティビティを体験した後は湖畔にある阿寒湖温泉でのんびり過ごすのもおすすめです。

国内旅行におすすめの情報・ツール

釧路への滞在でホテルをお探しですか?

釧路のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な釧路のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発釧路行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。