地図

ラブハンバジョ (LBJ)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

ラブハン・バジョ行き格安航空券はスカイスキャナーで

ラブハン・バジョ行きの航空券の価格を比較し、格安で手に入れるためにはスカイスキャナーを活用してください。スカイスキャナーでは、600社以上の主要航空会社・旅行代理店が取り扱う航空券を比較し、お客様に最安値の航空券情報を提供。上記の検索ボックスに日付を入力すると、指定した日程で、ラブハン・バジョ行き最安値航空券を見つけることができます。

インドネシアの港町ラブハン・バジョ

ラブハン・バジョは、インドネシア、東ヌサ・トゥンガラ州、フローレス島最西端の港町。インドネシア語で、バジャウ人の港という意味を持っています。バジャ人とは、舟で一生を過ごす漂海民のこと。周辺の漁師はバジャウ人の血が流れているといわれています。コモドオオトカゲの生息するコモド島、リンチャ島への拠点となっており、付近の海には、ジンベイザメが生息。ダイビングのポイントとなっています。空の玄関口であるコモド空港には、バリ島、デンパサールからメルパチ航空が、ビマ経由のプロペラ機で就航しています。

ラブハン・バジョの観光スポット

ラブハン・バジョは海外から、珍しいコモドドラゴンを見にやってくる旅行者の正面玄関となっています。大きな歴史的なスポットなどはありませんが、釣りやダイビングなどで外国人旅行者に人気の町となっています。コモドドラゴンはこの町のシンボル。ラブハン・バジョの最大の観光地は何と言ってもコモドドラゴンで、「現代に生きる最後の恐竜」などと世界に紹介されています。バドゥチュルミン鍾乳洞は、1958年オランダ人によって発見されたといいますが、一説によれば大東亜戦争当時オランダ軍や日本軍などの軍事機密が隠された場所でもあると言われています。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。