地図

マナド(MDC)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

マナド行き格安航空券情報はスカイスキャナーで

マナド行きの航空券の価格を比較し、格安チケットを見つけるにはスカイスキャナーの活用をオススメします。航空会社・旅行代理店が取り扱う航空券を比較し、航空会社・旅行代理店から直接飛行機チケットを予約。上にある検索ボックスに日付を入力すると、指定した日程で、マナド行き最安値航空券を見つけることができます。

インドネシアの北東に位置するマナド

マナドは、インドネシアバリ島の北東、スラウェシ島のミナハサ半島最北端に位置する都市。古くから香辛料貿易で栄えた港町です。ダイビングの聖地として知られ、マナド沖のブナケン国立海洋公園は、水深1500m以上から急激に立ち上がった世界屈指の豪快なドロップオフを誇っています。大通りに沿って ヨーロッパ風の教会が立ち並び、陽気で開放的な雰囲気を持つマナドは、イスラム人口の世界一のインドネシアの中では異色の街。他の地域であるような宗教紛争とも無縁のマナドは、治安の良さではインドネシアでもトップクラスを誇っています。空の玄関口であるサム・ラトゥランギ国際空港はマナド市内から13kmの所に位置。ジャカルタシンガポールダバオからの直行便があります。

マナドの魅力

マナド湾に面して広がるマナドは、かつてはウェナンと呼ばれていたが、1623年にマナドと改名。古くから香辛料貿易の拠点となってきたマナドでは、スペインオランダ統治時代のキリスト教布教を経て、現在もキリスト教徒が人口の7割を占めています。ダイビングを中心とした観光化とともに最近急激に都市開発が進み、海岸通り沿いには、巨大なショッピングモールが登場しています。空港から町の中心までは約30分程度。リゾートは空港から約30分~50分程度の場所にあります。豊富な種類の珊瑚や熱帯魚、世界有数のダイビングスポットで1500mのドロップオフをもつブナケン島を擁していることから、世界中のダイバーにマナドの名は広く知られています。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。