地図

ミャンマー行きの格安航空券の検索・比較

日本からミャンマー行きのフライト

ミャンマーは、東南アジアのなかでも経済発展が見込まれる新興国として注目されています。旧首都であるヤンゴン郊外には工業団地があり製造業を中心に日本から進出している企業も多く、出張でミャンマーに行く人も増えています。世界三大仏教遺跡のひとつ「バガン」をはじめ、ヤンゴンやマンダレーには多くの仏塔や寺院、遺跡などの観光資源が豊富。ヤンゴンの中心地ダウンタウンエリアには高級ホテルやレストランがあり、ショッピングにも便利です。またインヤー湖の近くには大型ショッピングモール「ミャンマープラザ」もオープンし、観光客にも人気のスポットとなっています。

ミャンマーではヤンゴン国際空港が一番規模の大きい空港で、日本からはANA (全日空) が就航しています。2016年に新しい国際線ターミナルがオープン。第1・2ターミナルが国際線、第3ターミナルが国内線専用ターミナルです。タイ国際航空マレーシア航空シンガポール航空中国国際航空 (エアチャイナ) といったアジアの主要な航空会社のほか、タイスマイルエアアジアといったLCCも乗り入れています。ミャンマーの国営航空会社であるミャンマー・ナショナル航空は、ミャンマー第二の都市マンダレー国際空港や首都ネピドー空港をはじめ、国内線の路線ネットワークが充実しています。

ミャンマー行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からミャンマー行きの航空券は、年間の平均で64,985円です。(*1)

ミャンマー行き航空券の安い時期・高い時期

1年で最も運賃相場が高くなるのは4月で、年間平均運賃より約15%アップします。5月も平均より航空券の価格が5%アップしますが、6月になると年間平均より運賃が約14%下がります。8月の夏休み期間中は通常期よりもやや値段があがりますが、平均より6%ほどのアップ率なので夏休みも格安で往復航空券を利用できるチャンスがあります。また1月は運賃が下がるシーズンで約14%も年間平均より安く、リーズナブルに航空券を購入できます。(*2)

ミャンマーは日本と比較すると湿度が高く、雨季と乾季があります。4~10月は雨季。4月から5月にかけては気温が上昇し、最高気温が40度近くなることもあります。11月から3月は乾季で天候も安定しているので旅行に適したシーズンです。年間を通して気温が高く、乾季でも平均気温が30度を超えているので、暑さと日焼け対策をしておくことが大切です。
敬虔な仏教徒の国としても知られるミャンマー。金色に輝く仏塔 (パゴダ) は釈迦の住む家と考えられ、多くの人たちが参拝に来ています。夕方になるとライトアップが始まり、美しく荘厳な景色に心癒されることでしょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

ミャンマーの人気都市行きの航空券

ミャンマー行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?ミャンマー行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接ミャンマー行きのフライトを予約することができます。

ミャンマー行きの直行便を就航する日本の空港

日本からは成田空港発→ヤンゴン行きの直行便があります。名古屋や大阪など国内の主要都市から出発する場合は、国内線を乗り継いで成田発の直行便を利用するか、バンコク、ハノイ (ベトナム)・シンガポールなどアジアの主要都市を経由してヤンゴンまで行くルートもあります。

日本からミャンマーへ運航している航空会社

ANA (全日空) が成田発 - ヤンゴン行きの直行便を毎日運航しており、ヤンゴンまでの飛行時間は約7時間10分です。直行便以外を利用する場合は、タイ国際航空 (バンコク乗り継ぎ)・キャセイパシフィック航空 (香港乗り継ぎ)・ベトナム航空 (ハノイ乗り継ぎ) を利用して、アジアの主要都市を経由してヤンゴンへ行くことが可能。LCCを利用する場合は、バンコクからタイスマイル、クアラルンプールからエアアジアがヤンゴンやマンダレー行きの直行便を運航しています。

ミャンマーの主要空港から市内までのアクセス

ミャンマーの空の玄関口であるヤンゴン国際空港から市内までは、エアポートタクシーを利用するのが一般的です。到着ロビーに専用のタクシーカウンターがあるのでホテル名や行き先の住所を伝え、料金を先払いします。ドライバーと料金交渉をしなくてもよいので安心して乗車できます。空港からヤンゴン市内中心部のダウンタウンまでは約40分前後で到着しますが、交通渋滞と重なると2時間近くかかる場合もあります。またマハムニパゴダで有名なミャンマー第二の都市 マンダレー国際空港から市内まではタクシーで約1時ほどです。

寺院や仏塔の見学は裸足が基本!

ミャンマーの人たちは仏教への信仰があついことで知られています。仏塔や寺院を見学する際は土足厳禁。靴はもちろん、靴下も脱がなくてはなりません。女性は見学時には裸足になる必要があるので、ストッキングではなく、ミャンマー滞在中はソックスを穿くほうが便利です。また男女ともに肌の露出が多い服装では施設を見学できない場合もあるので、長袖シャツや羽織るものを準備しておくことをおすすめします。
ミャンマーでは、訪問する地域によっても治安や衛生面に注意が必要な場合があります。出発前に外務省の海外安全ホームページで安全情報を確認したり、「たびレジ」に登録して渡航中も最新情報をキャッチできるようにしておくと安心です。
そのほか、ミャンマーの魅力・見どころをスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

ミャンマーへの滞在でホテルをお探しですか?

ミャンマーのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な ミャンマーのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

ミャンマーの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。