地図

モンゴル行きの格安航空券の検索・比較

モンゴルの英雄の名を冠したチンギスハーン国際空港

モンゴルは広大な高原と砂漠が広がる東アジア北西部の国です。モンゴル出身の大相撲力士も多く、また歴史的にもつながりが古いことから日本人にとっては馴染み深い国のひとつですが、日本とモンゴルの間に正式に国交が結ばれたのは1972年になってからです。最近はゲル (移動式住居) への宿泊、乗馬など遊牧民の生活を体験できるモンゴル旅行を楽しむ人も増えています。

チンギスハーン国際空港は首都ウランバートルの中心部から約10キロに位置する国際空港でナショナルフラッグキャリアであるMIATモンゴル航空 のハブ空港としても活用されています。モンゴル国内各地にはウランバートルからフンヌ・エアが国内線定期便を運航しています。モンゴルは近年急速に経済成長が進み航空需要の増大に対応するため、2019年の開港を目指し新ウランバートル国際空港の建設が進められています。新空港では大型機の発着も可能な滑走路が整備され、モンゴルの新しい空の玄関口となる予定です。

モンゴル行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からモンゴル行きの航空券は、年間の平均で約88,510円です。(*1)

モンゴル行き航空券の安い時期・高い時期

日本からモンゴル行きの航空券は、年間平均で約88,510円 (大人1人あたりの往復運賃) です。1~4月は相場の安い時期で、1月の航空券価格は年間平均より29%安い約68,900円で最安値になります。2~3月7万円台で推移し、4月になると価格が少し上がり相場は約84,000円台になります。5~8月は過ごしやすい気候になるためモンゴル旅行のベストシーズンを迎え、相場も高くなります。この時期の航空券価格は10~11万円で、最高値になる8月の相場は約114,400円で年間平均より18%アップします。9~12月は相場が安く、7~8万円台で往復航空券を利用できます。 (*2)

人気のある5~8月も出発日によって価格差があり、旅行日程によって格安航空券を利用できる場合もあります。夏休み中も出発のピークを少しはずすだけで価格が安くなるので、モンゴル旅行を検討中の場合は、フライトを検索して航空券の相場をチェックしてみましょう。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

モンゴルの人気都市行き 格安料金のチケット

モンゴル行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?モンゴル行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接モンゴル行きのフライトを予約することができます。

モンゴル行きの直行便を就航する日本の空港

モンゴルのウランバートルチンギスハーン国際空港までは成田空港から直行便が就航しています。直行便以外のアクセス方法として、羽田・関西・名古屋・福岡などの主要空港からソウルを経由してウランバートルまで行くことができます。ソウルでは金浦空港から仁川空港まで空港間の移動が必要な場合もあるので、出発空港でスルーチェックインやスルーバゲージの手続きが可能か予約時に確認しましょう。そのほかにも北京や釜山を経由し、ウランバートルまで行くルートもあります。

日本からモンゴルへ就航している主な航空会社

日本からウランバートル・チンギスハーン国際空港までは、 MIATモンゴル航空が直行便を週4便運航しています。直行便の場合、ウランバートルまでは5時間35分のフライトです。運航日が限られていますが、旅行者が多くなる夏期は増便される場合もあります。大韓航空はソウル-ウランバートル線を運航し、日本国内への就航都市も多いのでソウルでウランバートル行きのフライトにスムーズに乗り継げます。また日本-ソウル間にはエアソウルジンエアーといったLCCも就航しているため、ソウル経由のフライトではお得な格安航空券を利用することもできます。

モンゴル チンギスハーン国際空港から市内までのアクセス

モンゴルへの旅行や出張の起点となる首都ウランバートルのチンギスハーン国際空港。市内へのアクセスはタクシーが主な交通手段で、市内中心部までは車で約30~40分で移動できます。公共の路線バスも運行していますが、最寄りのバス停は空港から徒歩10分ほどのところにあり、ウランバートル旅行がはじめての人にとっては少しハードルが高そうです。一部のホテルでは事前予約制で空港送迎サービスを行っているところもあります。ウランバートル市内に入ればタクシーのほかバスが主な交通手段。ICカード (U money) を購入しチャージをしておくとバスの乗降時に便利です。 またゴビ砂漠を目指す場合は、砂漠の入り口となるダランザドガドまでウランバートル国際空港からフンヌ・エアの国内線が飛んでいます。

モンゴル旅行のお役立ち情報

2019年開港!新ウランバートル国際空港

2019年の開港を目指し、建設が進められている新ウランバートル国際空港。現在利用されているチンギスハーン国際空港は空港周辺の地理的な制約もあり、強風などの天候事由による欠航や遅延が発生することもしばしば。また滑走路が短いため発着可能な航空機材も制限されていましたが、新空港開港後は航続距離の長い大型機も乗り入れ可能となります。新空港はウランバートル市内から約60キロ郊外にあり少し遠くなりますが、日本からの直行便増加やLCCの乗り入れによるモンゴルへのアクセス向上が期待されています。現在、チンギスハーン国際空港に就航している国際線フライトは新空港に移行予定です。新空港供用開始後にウランバートルに行く場合は、空港アクセス等のインフォメーションもチェックしておきましょう。

そのほか、トルコの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

モンゴルへの滞在でホテルをお探しですか?

モンゴルのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な モンゴルのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

モンゴルの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。