地図

ミュンヘン(MUC)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

ミュンヘン行きのフライトが発着している日本国内の空港

ミュンヘン空港は、市内中心部から約30キロ北東に位置し、ドイツではフランクフルト空港に次ぐ規模の国際空港です。ルフトハンザ ドイツ航空の拠点空港のひとつでヨーロッパ全域をはじめ、中東・アジア・アメリカからの国際線定期便が就航しています。2つのターミナルを有し、開港時から利用されているターミナル1に加え、2003年にオープンしたターミナル2はルフトハンザドイツ航空とスターアライアンス加盟各社がメインに使用しています。日本からは羽田空港からミュンヘン行き直行便が就航。日本国内各地から出発する場合は東京 (羽田) で飛行機を乗り継いで直行便を利用するか、フランクフルト・アムステルダム・パリ・ワルシャワなどドイツ国内またはヨーロッパ主要都市を経由してミュンヘンまで行くことができます。

ミュンヘン行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

ミュンヘン行きの飛行機は、年間の平均で約112,569円です。(*1)

ミュンヘン行き航空券の安い時期・高い時期

ミュンヘン行きの航空券は、年間平均で約112,569円 (大人1名あたりの往復運賃) です。航空券の相場は4~10月が高く、概ね11~12万円台で推移する時期が続きます。6月はエアポケットのように約98,400円まで相場が下がりますが、7月12万円台になり価格のアップダウンが大きいのが特徴。8月は最も高い時期で相場は約141,300円と年間平均より24%高くなります。11~3月は相場の安いシーズン。11~1月までは10~11万円台で価格が推移し、2~3月の相場は93,000~94,000円台10万円を下回ります。3月約93,400円で最安値をマーク。シーズナリティによる価格変動はあるものの、早期割引やセール運賃が適用されるフライトもあるので格安航空券の利用機会が多い路線のひとつです。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

ミュンヘンはドイツ南部を代表する都市で、首都ベルリン・北部のハンブルクに次ぐドイツ第3の都市です。BMWやシーメンスなどドイツを代表する企業の本社も多く経済が発展している都会でありながら、バイエルン王国の都として栄えた時代の歴史的建造物もたくさん残っています。ビールの祭典・オクトーバーフェストの開催期間中は、ドイツ国内はもとより世界中から多くの人がミュンヘンにやって来ます。北緯48度と稚内よりも北に位置し、アルプス山脈に近いことから冬は寒く、雪も降ります。11月ごろから気温が下がりはじめ寒くなるため、防寒着は必須アイテム。過ごしやすい気候の6~9月ごろが旅行のベストシーズンですが、オクトーバーフェスト (9月中旬~10月上旬) やクリスマスマーケット (11月下旬~12月) の期間中もミュンヘンならではの光景やイベントを楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

ミュンヘン行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?ミュンヘン行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接ミュンヘン行きのフライトをご予約いただけます。

日本からミュンヘンへ就航している主な航空会社

日本からミュンヘン空港までは、羽田空港よりルフトハンザ ドイツ航空ANA (全日空) が直行便を就航しています。両社ともにスターアライアンス加盟航空会社であることから、相互にコードシェアを実施。羽田からミュンヘンまでは約12時間のフライトです。ルフトハンザドイツ航空を利用し、成田空港または関西空港よりフランクフルト経由でミュンヘンに行く方法もあります。フランクフルトやデュッセルドルフなどドイツで国内線に乗り継ぐ場合は、ミュンヘンまで約1時間でアクセス可能です。ヨーロッパ主要都市で飛行機を乗り継ぐ場合は、エールフランス (パリ経由) 、LOTポーランド航空 (ワルシャワ経由) 、KLMオランダ航空 (アムステルダム経由) を利用することができます。いずれもフランクフルトまでは1時間30~40分ほどのフライトで到着します。
ヨーロッパのシェンゲン協定加盟国間で飛行機を乗り継ぐ場合、最初のシェンゲン協定加盟国で入国審査を受ける必要があります。また出国審査は最後に出国するシェンゲン協定加盟国での手続きとなるため、十分に乗り継ぎ時間を確保しておきましょう。

ミュンヘン国際空港から都心部へのアクセス

ミュンヘン空港から市内中心部までの主な交通手段は、鉄道・バス・タクシーです。

・鉄道 (Sバーン)
ターミナル1と2の間にあるミュンヘンエアポートセンター (MAC) の地下に空港駅があり、空港とミュンヘン中央駅を結んでいます。S1とS8の2路線がありますが、どちらの路線に乗車してもミュンヘン中央駅までの所要時間は約45分です。乗車券は駅構内の自動販売機のほか、空港内のDB (ドイチェバーン) のチケットカウンターでも購入できます。

・バス
空港からミュンヘン中央駅までルフトハンザ・エクスプレス・バス (Lufthansa Express Bus) が15~20分間隔で運行しています。ルフトハンザ以外の航空会社を利用の場合も乗車可能。ターミナル1・2・ミュンヘンエアポートセンター (MAC) に停車し、中央駅までの所要時間は約45分。料金は11ユーロです。

・タクシー
ターミナル1・2、ミュンヘン・ミュンヘンエアポートセンター (MAC) の到着ロビーを出たところから乗車できます。市内中心部までの所要時間は約35~45分。ミュンヘン中央駅までの料金は70~75ユーロが目安です。荷物1つにつき0.6ユーロの追加料金が発生します。降車時にはドライバーへのチップを渡しましょう。

ミュンヘン旅行のお役立ち情報

オクトーバーフェストだけじゃない!ミュンヘンの魅力

ドイツ南部最大の都市ミュンヘンにはドイツ経済を牽引する企業の本社も多く、経済や商業が発展した都会です。その一方でバイエルン王家の宮殿や離宮など歴史的な建造物や美術館もあり観光資源豊富な街でもあります。ミュンヘン市内中心部マリエン広場周辺には新市庁舎をはじめ、フラウエン教会 (聖母教会) ・聖ペーター教会、レジデンツなど観光名所が集まっています。ネオゴシック様式の新市庁舎は40年もの年月をかけて建てられ、精巧に作られた仕掛け時計は必見です。レジデンツはバイエルン王家が実際に住んでいた宮殿で内部の豪華絢爛な装飾が有名。サッカー好きの人は2006年のワールドカップの会場にもなったアリアンツ・アレーナまで足を運んでみましょう。現在はブンデスリーガ「バイエルン・ミュンヘン」のホームスタジアムとして利用され、近未来的な外観は夜になるとライトアップされます。 またミュンヘンといえば何といってもオクトーバーフェスト。開催期間中は盛大なパレードが行われ、ビアツェルトと呼ばれるビールテントでは、ビールはもちろんソーセージやドイツ料理も味わえます。世界的に有名なノイシュヴァンシュタイン城は、ミュンヘンからドイツ鉄道 (DB) に乗って約2時間。ミュンヘンから日帰りで行けるので、旅行の計画に加えてみてはいかがでしょうか。

国内旅行におすすめの情報・ツール

ミュンヘンへの滞在でホテルをお探しですか?

ミュンヘンのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なミュンヘンのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発ミュンヘン行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。