地図

成田空港行きの飛行機・国内航空券の検索

成田空港行きのフライト

成田空港 (NRT) は東京をはじめ首都圏全体の国際空港として機能しています。3つのターミナルを有する大規模空港として世界各国から80を超える航空会社が乗り入れ、国際線の発着便数としては日本で最も規模が大きい空港です。LCCの参入で国内線の路線ネットワークも拡大。札幌 新千歳大阪 (伊丹関空)、中部セントレア福岡をはじめ、函館仙台小松新潟広島松山高松佐賀大分熊本鹿児島奄美大島沖縄の18空港から定期便が就航しています。2015年にはLCC専用の第3ターミナルもオープン。成田空港を拠点化するLCCもあり、国内線・国際線ともにLCCの利用者は増加傾向にあります。国内線と国際線間の飛行機を乗り継ぐ人も多く、2020年の東京オリンピックの開催にむけて海外からのインバウンド需要にも対応できるよう空港内施設の拡充も進められています。

成田空港行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

成田行きの飛行機は、年間の平均で約16,300円です。(*1)

成田空港行き航空券の安い時期・高い時期

2月は最も安いシーズンで、年間平均運賃と比較すると19%低下。往復航空券の相場は約13,300円です。1~6月11~12月の期間、往復航空券の相場は年間平均運賃以下になるので格安航空券が利用できそうです。1月は2月に次いで安く、平均運賃より16%価格が下がります3~6月までは約15,000~16,000円台が相場です。7~10月は運賃が高いシーズンで、8月は年間平均より40%アップし、往復航空券の相場は約23,000円にまで上がります。年間を通して価格の変動率が大きいのが特徴ですが、成田空港にはLCCも就航しているので7~8月を除けば格安航空券を利用しやすい路線と言えそうです。

成田空港付近は東京とほぼ同じような気候で年間を通して温暖ですが、冬はかなり冷え込みます。国際線の発着がメインですが国内線もLCCの参入とともに路線数が拡大し、国内線・国際線の乗り継ぎ利用をする人も増加傾向にあります。空港付近にはホテルも多く、早朝出発便や夜間到着便を利用時に宿泊する人もいます。成田山新勝寺をはじめ観光名所もあり、東京の空の窓口として年間を通して多くの人に利用されています。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

成田行き 格安料金のチケット

成田空港行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?成田空港行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接成田空港行きのフライトをご予約いただけます。

成田へ就航している主な航空会社

成田空港 へ国内線定期便を運航している航空会社は、JAL (日本航空)ANA (全日空)アイベックスエアラインズ (IBEX)ピーチジェットスターバニラエア春秋航空日本の7社です。国際線定期便はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームをはじめ世界的な航空アライアンスに加盟するフルサービスキャリアをはじめ、LCCも含めると80社を超える航空会社が就航。ジェットスターによる成田空港への就航を皮切りにアジアを中心としたLCCの参入が相次ぎ、日本国内線の航空券を最安値の片道5,000円以下で設定しているLCCもあります。また東京都内から成田空港までの格安高速バスや成田スカイアクセス線 (京成電鉄) の開業などで、都心から空港へのアクセス改善により国内線利用客も増えています。

成田空港から都心部へのアクセス方法

成田空港から首都圏各地への主な交通手段は鉄道・バス・タクシー・レンタカーです。鉄道やバスの運賃は予告なく変更される場合があるので、成田空港のWEBサイト「成田空港アクセスナビ」より 各交通機関を利用した場合の所要時間・料金を確認してみましょう。

・鉄道

JR・京成線ともに空港ターミナルと駅が連結。JR特急成田エクスプレスの場合、東京駅まで約60分。渋谷駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅まで約80分~90分で到着します。料金は2,820円からで目的地によって異なります。京成アクセス特急を利用すると、羽田空港国内線ターミナルまでの所要時間は約105分 (料金1,800円) 。京成スカイライナーの場合は、京成上野駅まで約40~60分 (料金2,470円) かかります。

・バス

空港到着ターミナルよりエアポートリムジンバスが発着しています。東京駅八重洲北口、TCAT(東京シティ・エアターミナル) までは約90分 (料金2,800円~3,100円) 、羽田空港までは約90分 (料金3,100円) です。新宿駅西口、池袋駅西口、YCAT (横浜駅東口)といった主要駅までは約100分で到着。料金は3,100~3,600円です。東京ディズニーリゾート地区までの所要時間は約60~85分、料金は1,800円です。日比谷・銀座エリア・新宿エリア・六本木・赤坂エリアなど都内の主要ホテルにも停車する路線も運行しています。

・タクシー

TCAT(東京シティ・エアターミナル) までは約120分で到着。料金は23,700円です。その他、都内各地へ定額制タクシーもあります。エリアによって料金が異なりますが、都心部までの料金の目安は16,000円~26,500円です。

・レンタカー

第1ターミナル、第2ターミナルの到着階に専用カウンターがあります。ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル各社のサービスデスクがあり、事前予約をすませておくと便利です。なお第3ターミナル (LCC専用) にはレンタカーカウンターはありません。

成田空港のお役立ち情報

出発前にプチ観光が楽しめる成田空港周辺のおすすめスポット!

成田空港周辺にはいくつか観光スポットがあります。空港周辺のホテルでは日帰り (デイユース) プランを設定しているところもあり、飛行機の乗り継ぎなどで空いた時間を過ごすことも可能です。成田山新勝寺は1,000年以上もの歴史があり、仁王門や三重塔、釈迦堂などは特に見応えがあります。お正月には初詣の参拝客で賑わいますが、成田空港から海外へ出発する前に立ち寄る人も少なくありません。新勝寺に続く表参道や周辺の成田山公園もおすすめです。またイオンモール成田は、空港周辺のホテルからのシャトルバスも停車し、何でもそろう大型ショッピングセンターで海外からの旅行客に人気があります。フードコートも充実。春は空港近くのさくらの山公園に立ち寄ると、桜が満開になりお花見も楽しめます。さくらの山公園は成田空港を発着する飛行機の撮影ポイントとしても有名。迫力あるジェット機を間近で見ることもできます。

成田空港でLCCや国内線を利用するときの注意点

成田空港では保安や利用者の安全を目的として、本人確認としてパスポートや運転免許証などの提示を求められる場合があります。国内線のみを利用する場合も、念のため身分証明証を持参するようにしましょう。またLCC専用の第3ターミナルは、第1・第2ターミナルとは少し離れています。専用シャトルバスも運行していますが徒歩で移動する場合は15分ほどかかります。ターミナル間の移動が必要な場合は時間に余裕をみておきましょう。第1・2ターミナルから発着しているLCCもあるので、予約時にどのターミナルに行けばよいか事前のチェックを忘れずに!成田空港で飛行機を乗り継ぐ場合、遅延により接続するフライトに乗り継げなくなったら手続きが大変です。LCCは時折遅延することもあるのでスケジュールには十分余裕をもたせておくようにしましょう。

そのほか東京観光や成田空港のお役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

国内旅行におすすめの情報・ツール

東京への滞在でホテルをお探しですか?

東京のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な東京のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発東京 成田行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。