地図

奥尻(OIR)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

奥尻行きの格安航空券はスカイスキャナーで

奥尻行きの格安航空券を入手するには、スカイスキャナーの利用が便利。スカイスキャナーのシステムは大変シンプルで早いのが特長です。しかもご利用は無料!航空券の価格を比較し、クリックすれば、該当する航空チケットを取り扱う代理店や航空会社のサイトへとアクセスし、直接奥尻行きの格安航空券をご予約いただけます。

観光地として復興を遂げた奥尻

奥尻は、北海道南西部の日本海上に浮かぶ島。1993年に発生した北海道南西沖地震による大津波で、島の南側を中心に壊滅的な被害を受けましたがが、現在は観光地として復興しています。観光資源も豊富で、特にウニやアワビ、イカなど新鮮かつ豊富な海産物が味わえることに注目が集まっています。空の玄関口として、島の西部に 奥尻空港があり、函館空港から1往復就航。また奥尻港には江差町との間に通年で日に往復2便、せたな町との間に夏季のみ日に1便または2便のフェリーが運航しています。ちなみに北海道南西沖地震のあと、防波堤などの大規模な津波対策がなされ、島における津波対策の先進地ということで各国の防災担当者から注目をあびることとなりました。

奥尻の観光スポットの数々

奥尻には大自然の魅力を満喫できる観光スポットがいくつも存在します。フェリーが発着する奥尻港がある奥尻エリアは観光拠点となる場所。奥尻港に向かうフェリーの船上から島を見渡すと、ひときわ目を引く壁画「サムーン」が見えます。奥尻島のシンボル的存在の名勝「鍋釣岩」は、鍋のつるのように中が空洞になった高さ18mの大岩。奥尻エリアから歩いて5分の場所にあります。また、奥尻港から10分ほど山手に進んだ場所に、スポーツとレクリエーションの公園「ファミリーパーク」が。この島の名産「ウニ」をモチーフにしたモニュメント「ウニマル」はあまりにも印象的です。また、これらの名所を散策できる「島歩きフットパス」というコースを設定。多くのツーリストがウォーキングを楽しんでいます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。