地図

与論島行きの格安飛行機チケットの検索

与論島行きの飛行機

与論島空港は島の最西端に位置し、鹿児島・奄美大島・沖永良部・那覇の各空港より与論空港行きの定期便が就航しています。奄美大島発のフライトは、曜日によって沖永良部を経由して与論へと向かいます。東京 (羽田) や大阪 (伊丹) からは鹿児島を経由すると与論島行きのフライトにスムーズに接続します。乗り継ぎ時間も含めると東京から与論島までは約3時間20分で到着します。鹿児島から与論空港までは約1時間15分、那覇からは約40分のフライトです。

与論島行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

与論島行きの飛行機は、年間の平均で約51,848円です。(*1)

与論島行き航空券の安い時期・高い時期

与論島行きの航空券は、年間平均で約51,800円 (大人1名あたりの往復運賃) です。2~6月は航空券価格の相場が安く、年間平均運賃と比べて10%~43%も価格がダウン。最安値は4月で、往復航空券の相場は約33,700円3万円台で往復航空券を利用できるのは1年のうちで4月のみです。4月を除くと、2~6月の運賃相場は約42,000円~約53,000円です。9月~11月も安いシーズンで約40,200円~約51,000円台と相場は年間平均以下。航空券の価格変動率が大きいのが特徴で11月は平均運賃よりも32%もダウンし、格安で航空券を購入できます。与論島行きで航空券が高いシーズンは、旅行や帰省で利用者が増える7~8月と12~1月8月は平均運賃より20%アップの71,000円台になりますが、夏休みと年末年始を除けば格安航空券を利用しやすい路線と言えそうです。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

鹿児島県奄美群島のなかで最も沖縄県に近い与論島。鹿児島県最南端にあり、年間平均気温は22.5度と1年を通して温暖な気候です。美しいビーチが広がり、島の周辺にはダイビングスポットも多く、都会の喧騒を離れてのんびり過ごすことができます。夏は陽射しが強く30度を超える日が続きますが、周囲が海に囲まれているので35度を超える猛暑日は少なく、ビーチでのバカンスを楽しめます。 ゴールデンウィークが終わった頃から梅雨に入り、7月から10月は台風が襲来することもあります。台風シーズンは飛行機が欠航になることもあるので、旅行を計画する際には天候情報にも注意しましょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

与論島行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?与論島行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接与論島行きのフライトをご予約いただけます。

与論島へ就航している主な航空会社

与論島空港への定期便は、日本エアコミューター琉球エアーコミューター (RAC) の2社が運航しています。日本エアコミューターは鹿児島、奄美大島、沖永良部と与論島を結ぶ3路線、琉球エアーコミューターは那覇と与論島の1路線を就航。また与論島に乗り入れているLCCはありません。日本国内の各都市からは鹿児島や那覇で国内線を乗り継いで与論島へ行くことができます。ただし、与論行きのフライトは便数が少ないので、予約をする際には乗り継ぎ時間を十分に確保し、接続便に無理なく乗れるかどうかを確認しましょう。日本エアコミューターと琉球エアーコミューターともに小型機のため機内の収納スペースが限られていることから、機内の持ち込み荷物は10kg以下のハンドバッグといった身の回り品のほか、3辺の和が100cm以内 (幅45cm×高さ35cm×奥行20cm) の手荷物1個までとされています。

与論島空港から市内中心部へのアクセス方法

与論空港から市街地までの主な交通手段はタクシーです。島の中心部の茶花までは約5~10分で料金は800円~900円、与論港までは約10分で600円~750円が目安。島にはタクシー会社が2社あり、初乗りは500円で、貸し切りや観光案内も行っています。その他、島内の交通手段としては、バスやレンタカー、レンタバイク、レンタサイクルがあります。またホテルや民宿などでは、空港まで無料送迎サービスを行っているところが多いので、予約時に確認しておくと到着してからスムーズに移動できます。

与論島旅行のお役立ち情報

美しいビーチが魅力の与論島

与論島の魅力は何と言っても美しいビーチです。大金久海岸は与論島最大のビーチで約2キロにわたって真っ白な砂浜が続いています。また春から夏にかけ、中潮から大潮の干潮時だけ大金久海岸の沖合1.5キロのところに浮かぶ百合ヶ浜も与論島の絶景ポイントのひとつ。そのほかにも美しいビーチがたくさんあり、マリンスポーツやシュノーケリングも楽しめます。また与論島には河川がないため海の透明度が高く、ダイビングスポットも多いのも特徴。サンゴ礁が隆起してできた島ということもあり、サンゴはもちろんウミガメにも遭遇するチャンスもあります。黒糖焼酎やマンゴー、パッションフルーツといった島の名産品も多く、お土産にもおすすめです。

与論島でのクレジットカード利用について

都会の喧騒を離れ、のんびりとした時間が流れる与論島。島内にはコンビニやスーパーもあり、24時間営業ではありませんが、食料品や日用雑貨類の購入は特に心配はいりません。ただし、クレジットカードが使えるのは一部のホテルのみで、宿泊施設や飲食店などではクレジットカードが使えない店舗もあります。支払いが現金のみのお店もありますので、ある程度の現金を準備しておくと安心です。

国内旅行におすすめの情報・ツール

与論島への滞在でホテルをお探しですか?

与論島のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な与論島のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発与論島行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。