地図

シンガポール (SIN) 行きの格安航空券・LCCの検索

日本からシンガポール行きのフライト

シンガポールは東京23区と同じぐらいの国土面積を有する、シンガポール島と60ほどの島々からなる小さな国です。近年は世界屈指の金融センターとして発展し、アジア太平洋地域における存在感を高めています。日本からシンガポールへのフライトは、直行便で約6時間〜7時間ほど。その玄関口となるチャンギ国際空港は東南アジアを代表する拠点空港のひとつで、5つのターミナルを有する巨大空港です。シンガポール航空シルクエアーをはじめ、ジェットスタースクートといったLCC (格安航空会社) のハブ空港でもあり、世界から100を超える航空会社が乗り入れています。またチャンギ国際空港はSkytrax (スカイトラックス) 社が実施している「世界の空港ランキング (World Airport Awards)」で5年連続1位を受賞。出発から到着までの利便性や施設のスペック、サービス品質などあらゆる面で利用者からの評価の高い空港です。

シンガポール行きの航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からシンガポール行きの航空券は、年間の平均で約61,000円です。(*1)

シンガポール行き航空券の安い時期・高い時期

年間の平均運賃と比較すると、ゴールデンウィーク期間の4月・5月3~5%、年末の12月約13%運賃の相場が高くなります。日本から気軽に行ける旅行先として人気のシンガポール。お正月休みが明けてから1~3月6月~7月は運賃の安い時期で年間平均よりも5~12%運賃が下がります。(*2)

シンガポールは1年を通して高温多湿で、年間の平均気温は27度、最高気温は30度を超えることもよくあります。年間を通して大きな気候変化がないため、いつでも気軽に訪問することができます。また、9月にシンガポールでF1グランプリが開催されるため、この期間は世界中からシンガポールへと観戦に訪れる人が多く、通常期よりも航空券の運賃がアップします。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

シンガポール行き 格安料金のチケット

シンガポール行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?シンガポール行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接シンガポール行きのフライトをご予約いただけます。

シンガポール行きの直行便が就航している日本の空港

シンガポールへは成田空港羽田空港関西国際空港中部国際空港 (セントレア)福岡空港から出発するフライトが就航。羽田空港や関西空港を深夜に出発し、シンガポールに早朝に到着する便は現地で朝から時間を有効に活用できるので、観光客だけでなく出張利用のビジネスパーソンにも人気があります。日本から出発し台北やバンコクで乗り継いでシンガポールに行くこともできますが、海外での乗り継ぎ時間を含めると10時間ほどのフライトになる場合もあります。地方空港からは、日本国内線を乗り継いで東京・大阪・名古屋・福岡からの直行便を利用して時間を有効に使うことをおすすめします。

シンガポールへ就航する航空会社

シンガポール航空が成田・羽田・関西・名古屋・福岡空港に乗り入れており、便数も多く便利です。シンガポール航空はサービス品質が高いことでもよく知られており、スカイトラックス (Skytrax社) からも最高位の5スターエアラインに認定されました。成田空港発のシンガポール行きの便は、JAL (日本航空)ANA (全日空)デルタ航空の3社が就航しています。JAL・ANA・シンガポール航空は羽田空港発の便も運航。LCCの直行便はありませんが、日本を出発しアジアの都市を乗り継いでシンガポールに行く方法もあります。フライトを乗り継ぐ場合は、フルサービスキャリアと比較すると時間はかかりますが、格安の運賃で利用できるのが魅力。またシンガポール航空の子会社であったLCCのタイガーエアは2017年7月にスクートと合併し、今後はスクート(Scoot)にブランドが統一。アジアやオセアニアをはじめとする世界60都市へネットワークを拡充中。今後も路線ネットワークの拡大で、格安航空券を利用してシンガポールへ気軽に行ける機会が増えることが期待できます。スカイスキャナーでは下記のエアラインが人気です。

フルサービスキャリア
航空会社 主な就航ルート
シンガポール航空 羽田→シンガポール, 関西国際空港→シンガポール, 福岡空港→シンガポール など
JAL (日本航空) 羽田→シンガポール, 成田→シンガポール, 中部国際空港→シンガポール, など
ANA (全日空) 羽田→シンガポール, 関西国際空港→シンガポール, 成田→シンガポール など
中国国際航空 羽田→シンガポール, 関西国際空港→シンガポール など
中国東方航空 中部国際空港→シンガポール, 関西国際空港→シンガポール など
LCC
エアアジア 関西国際空港→シンガポール, 羽田→シンガポール など
スクート 成田→シンガポール, 関西国際空港→シンガポール など
ジェットスター航空 関西国際空港→シンガポール, 成田→シンガポール など

チャンギ国際空港→市内までのアクセス

チャンギ国際空港(SIN) からシンガポールの中心部までは公共交通機関が発達しているので、MRT・タクシー・バスなどどの交通機関を利用すれば30分ほどで到着します。MRT(電車・地下鉄)は路線数も多く、人気の観光地の近くにはMRTの駅があるので便利です。「シンガポール・ツーリスト・パス」というプリペイド式カードを購入すると、有効期限内にバスとMRTが乗り放題になるのでお得。ホテルはオーチャード地区・マリーナ地区・リバーサイド地区に集中しているほか、ファミリーでレジャーが楽しめるセントーサ島にも大型のリゾートホテルがあります。多くのホテルがMRTの最寄り駅から徒歩圏内にあるため、はじめてシンガポールに行く人も迷うことなくスムーズにアクセスできるでしょう。人気のマリーナベイ・サンズにはMRTのベイフロント駅から直結しているほか、路線バスも停車。さらに「シンガポール リバークルーズ(水上タクシー)」も発着しています。

ガーデンシティといわれるシンガポールならではのエチケット

また、シンガポールは「ガーデンシティ」と呼ばれるように大都市でありながら緑が多く、街がとても清潔。治安も良く、日本にいるときとほぼ同じような感覚で過ごせますが、注意したほうが良い点もいくつかあります。シンガポール国内へのガムの持ち込み、禁煙エリアでの喫煙、公共交通機関の中での飲食は禁じられています。罰則もありますので、旅行や出張の際にはマナーをしっかり守るように心がけましょう。
そのほか、シンガポールの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

海外旅行におすすめの情報・ツール

シンガポールへの滞在でホテルをお探しですか?

シンガポールのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なシンガポールのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発シンガポール・チャンギ国際行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。