地図

富山行きの格安飛行機チケットの検索

富山行きのフライトが発着している日本国内の空港

富山空港は富山市中心部から約7キロに位置し、富山きときと空港という愛称で親しまれています。国内で唯一河川敷に建設された空港で市街地が近いこともあり、着陸時には窓から街の様子を間近に眺めることができます。国内線は札幌 (新千歳) ・東京 (羽田) の2路線、国際線は上海 (浦東) ・大連・台北 (桃園) の4路線で定期便が就航しています。国際線はソウル行きの直行便も就航していましたが、現在運休中です (2018年3月現在) 。夏ダイヤと冬ダイヤで運航スケジュールが変更になる場合もあるので、予約時にフライト情報を確認しましょう。羽田-富山線は1日に4往復、札幌-富山線は1日に1往復を運航。北陸新幹線の開業により羽田-富山線は新幹線との競合路線でもありますが、航空便は片道1時間と短時間で移動できるメリットがあります。

富山行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

富山行きの飛行機は、年間の平均で約37,018円です。(*1)

富山行き航空券の安い時期・高い時期

富山行きの航空券は、年間平均で約37,018円 (大人1名あたりの往復運賃) です。航空券の価格変動が大きいのが特徴。1~2月は航空券の相場が安いシーズンで、最安値の2月は年間平均より29%安い約26,500円が相場です。3月は一転して最高値になり約45,000円まで相場がアップしますが、4月は再び27,500円台まで価格が下がります。5~8月のレジャーシーズンは航空券の相場が高くなり、41,000~44,000円台で推移。9月以降は36,000~38,000円台で相場はアップダウンを繰り返しますが、11月は年間平均より16%安く約31,600円まで価格下がります。夏休みなどレジャーシーズンは価格が高くなりますが早期割引やセール運賃が適用されるフライトもあるので、格安航空券を利用できる機会も多くあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

富山県は北陸地方の中央に位置し、東側に立山連峰、南側に飛騨山地が広がっています。北国の寒いイメージがありますが、年間平均気温は14度で比較的温暖です。立山黒部アルペンルートをはじめ大自然を満喫することができ、登山初心者でも日帰りで楽しめる登山やトレッキングルートもあります。冬は降雪が多く、山間部は豪雪地帯となるものの平野部は比較的雪が少ないです。立山アルペンルートへの観光は春から秋がベストシーズン。冬は「天然のいけす」と呼ばれる富山湾で水揚げされる寒ブリ、紅ズワイガニ、甘エビなどが食べごろを迎えます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

富山行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?富山行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接富山行きのフライトをご予約いただけます。

富山へ就航している主な航空会社

富山空港へ国内線定期便を運航している航空会社はANA (全日空) の1社のみで、札幌 (新千歳) ・東京 (羽田) の2路線を運航しています。羽田空港で飛行機を乗り継ぐことにより日本全国各地から富山まで行くことができます。国際線は中国南方航空 (大連行き) ・中国東方航空 (上海行き) ・チャイナエアライン (台北行き) が就航しています。2017年2月よりチャイナエアラインの運航する日本-台湾間路線はJAL (日本航空) とコードシェアを行っており、富山-羽田線もJAL便名で予約可能です。現在のところ、国内線・国際線ともに格安航空会社 (LCC) は乗り入れていません。

富山空港から都心部へのアクセス

富山空港から市内中心部へは、バス・タクシー・レンタカーが主な交通手段です。

・バス
富山駅前行き、奥飛騨温泉・高山行きの空港バスが運行しています。富山方面だけでなく、飛騨高山方面への観光もアクセス良好です。飛行機の発着時間に合わせての運行で、JR富山駅まで所要時間は約20分、料金は410円です。途中、市役所前・城址公園・ANAクラウンプラザホテル前にも停車し、各停留場から市内の主要ホテルに近いので便利。奥飛騨温泉・高山行きは終点まで約1時間40分、料金は片道2、060円で利用可能です。

・タクシー
高岡市・魚津市・砺波市を対象に空港連絡乗り合いタクシー「そらタク」が運行しています。事前予約制で利用前日の17時までに予約が必要。1名でも乗車可能ですが、2名以上の利用のほうが安い料金で利用できます。1名利用の場合、高岡市は3,500円、魚津市は5,000円、砺波市は3,500円で利用できます。一般タクシーは国内線到着ロビーを出て正面にタクシー乗り場があり、JR富山駅までは約20分、料金は3,000円です。また事前予約制で空港から長野県長野市・千曲市・坂城町への定額タクシーも運行しています。

・レンタカー
国内線1F到着ロビーにレンタカーの受付カウンターがあります。トヨタレンタリース・日産レンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズカーレンタル・オリックスレンタカーの5社が営業中です。事前予約を済ませておくと手続きがスムーズです。

富山旅行のお役立ち情報

雄大な山々に囲まれた絶景ポイントがいっぱい!富山の魅力

富山市街から比較的近いところにある富山空港は、県内各地への観光拠点となるJR富山駅にも20分ほどで行けるのでアクセスが便利です。立山連峰の美しく雄大な姿は市内からも眺めることができ、富山市役所展望塔からは立山連峰、富山港の眺望を楽しめます。富山城址公園や富山環水公園は美しい景観が広がり、のんびり散策をするだけで心地よい時間を過ごせます。

また、富山県の観光名所といえば何といっても立山黒部アルペンルート。夏の登山シーズンには多くの観光客が訪れ、黒部ダムの見学、黒部渓谷のトレッキングやトロッコへの乗車など、さまざまな楽しみ方できます。温泉が好きな人には宇奈月温泉や氷見温泉郷がおすすめ。冬になると寒ブリに代表される海の幸、美味しい地酒など地元の食材も堪能できます。少し足を伸ばせば世界遺産の五箇山合掌造り集落を訪問することもできます。新緑の美しい夏だけでなく、雪が降る冬の景色も格別です。富山空港の愛称にも使われている「きときと」とは富山の方言で新鮮な、いきいきしたという意味で、その言葉のとおり季節ごとにきときとの魅力にあふれています。

国内旅行におすすめの情報・ツール

富山への滞在でホテルをお探しですか?

富山のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な富山のホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発富山行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。