地図

アメリカ行きの格安航空券の検索・比較

アメリカ行きの便

日本からアメリカ行きのフライト

国土の広いアメリカでは、飛行機は一般的な交通手段といっても過言ではありません。国内の空港は5,000以上もあり、航空会社も数多く存在。日本とアメリカを結ぶ直行便の発着空港は東海岸・西海岸・中西部・南部に点在しています。代表的な空港としては以下の都市へ日本から直航便のフライトが運航されています。

また航空大国とも言われるアメリカには多くのLCCが就航。日本からアメリカ本土へのフライトで利用できるLCCはありませんが、アメリカ国内やアメリカを経由して中南米を移動する場合に、格安運賃で利用できるサウスウエスト航空ジェットブルーは人気のLCCです。

アメリカ行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

アメリカ行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

アメリカは国土が広く西海岸か東海岸かによってもまったく気候が異なります。またハワイ・ホノルルは1年を通してTシャツ1枚で過ごせるほど温暖です。ロサンゼルスサンフランシスコがあるカリフォルニアも年間を通して過ごしやすい気候ですが、朝晩の寒暖差があるので体温調節ができるようにしておくとよいでしょう。ニューヨークワシントンなど東海岸の都市は5月~9月の夏が過ごしやすく、旅行のベストシーズンです。ワシントンの桜やニューヨークのセントラルパークは紅葉がとても美しく、どの季節も見どころが異なり、それぞれの都市で違った魅力や楽しみ方があります。シカゴなどの中西部は緯度が高い場所に位置しており、冬はかなり寒く氷点下になることも多いので防寒対策をしっかりしておきましょう。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃。価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

アメリカ行きの直行便を就航する日本の空港

日本からは成田・羽田・関空・中部セントレア・福岡・新千歳からアメリカ行きの直行便が就航しています。最も便数が多いのがハワイ・ホノルル線です。日米の大手航空会社のほか、LCCのエアアジアX関空→ホノルル線に就航しました。ハワイは日本人にとって人気の旅行地のひとつですが、多くの航空会社から自分の好みにあわせてフライトを選択することができます。成田・羽田からはロサンゼルスサンフランシスコニューヨークワシントンといったアメリカの主要都市に直行便が就航しています。

アメリカへ就航する航空会社

日本に乗り入れているアメリカの航空会社はユナイテッド航空アメリカン航空デルタ航空ハワイアン航空の4社です。日系の航空会社では、JAL (日本航空)ANA (全日空) がアメリカの主要都市に就航。また成田→ロサンゼルス線にはシンガポール航空便の直行便もあります。2017年には関空→ホノルル線にエアアジアXが就航するなど、アジアの航空会社も日本からアメリカ行きの路線に参入しています。

アメリカの主要空港から市内までのアクセス

アメリカの主要空港から市内中心部までは、空港シャトルバン、バス、タクシー、鉄道がよく利用されている交通手段です。空港シャトルバンは小型の乗り合いバンで、目的地をドライバーに告げるだけでホテルや国際会議場などへ行くことができます。スーツケースなど荷物が多い場合は、バスや鉄道での移動が負担になることもしばしば。同じホテルやエリアに宿泊する人どうしでの乗り合いなので、どの空港でもよく利用されています。車社会のアメリカならではの移動手段とも言えますが、ホテル玄関まで行くことができるので便利です。

アメリカ旅行中は、ビーチでのバカンスを楽しむ、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどのテーマパークにファミリーで遊びに行く、国立公園などで大自然を満喫するなど旅の目的やスタイルによっても異なりますが、レンタカーやシャトルバスなどを上手に利用すると時間が効率的に使えます。また空港への送迎に「Uber (自動車配車サービス)」を利用する人も増加中。アメリカではUberは一般的に利用されていますが、ドライバーとは簡単な英語でのコミュニケーションが必要です。

アメリカ旅行のお役立ち情報

アメリカ行きの航空券

アメリカに入国する際に電子渡航認証システム (ESTA) の申請手続きは早めに

アメリカに入国する場合は電子渡航認証システム (ESTA) が導入され、事前に渡航認証を取得する必要があります。ESTA専用のウェブサイトから渡航の72時間前までに済ませなくてはなりません。申請者情報・パスポート情報・渡航情報・米国滞在中の住所の登録が必要です。早めに手続を済ませておきましょう。最近、アメリカの入国審査が厳しくなっており空港での審査に時間を要することが予想されます。アメリカへの渡航目的や滞在場所などは英語で説明できるとよりスムーズに審査が進むでしょう。

アメリカのサマータイム

アメリカでは3月の第2日曜日〜11月の第1日曜日まで、サマータイムが実施されます。この期間は時間が1時間早められるので、アメリカの旅行時間中にサマータイムと通常時間が切り替わる場合は、飛行機をはじめ各交通期間を利用する際に注意が必要です。最近はスマートフォンのアプリで日本との時差や現地時刻を確認できるので、現地での移動の際に活用しましょう。アリゾナ州とハワイではサマータイム制度はありません。
そのほか、アメリカの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

アメリカへの滞在でホテルをお探しですか?

アメリカのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なアメリカのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。