地図

ユジノサハリンスク(UUS)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

日本からユジノサハリンスクへのフライト

空の玄関口である「ホムトヴォ空港」は、空港ターミナル及びその付帯施設は民間ですが、飛行場本体はロシア軍との共用。ユジノサハリンスク空港とも呼ばれており、現在は新千歳空港から週2便、約1時間20分のフライトを就航、また東京からはヤクーチア航空成田空港から直行便が週2便就航、約2時間10分のフライトで就航しています。

ユジノサハリンスク行きの航空券ならスカイスキャナーで検索

ユジノサハリンスクの飛行機チケットを格安で入手するなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更できるため、あなたに最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売する航空会社・旅行代理店のサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、ユジノサハリンスク行きのフライトをスムーズにご予約いただけます。

極東ロシアに位置するユジノサハリンスク

ユジノサハリンスクは、ロシア連邦極東連邦管区サハリン州の都市で、同州の州都。日本語では旧称である「豊原」と呼ぶこともあります。日本統治時代には樺太庁を設置。ソ連併合後は市街地の発展が著しく、主にパルプ、製紙工業が盛んとなりました。

日本となじみの深いユジノサハリンスク

北海道稚内からわずか159kmの距離にあるユジノサハリンスク。現在の郷土誌博物館など日本領時代の建物が点在し、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。大泊(コルサコフ)や真岡(ホルムスク)などかつての日本名と結びついた周辺の都市も散在。大正12年、詩人であり作家の宮沢賢治がこの地を訪れ、サハリンの鉄道に乗車し樺太を北上したのですが、その体験から名作「銀河鉄道の夜」が生まれたとされています。

ユジノサハリンスクへの滞在でホテルをお探しですか?

ユジノサハリンスクのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なユジノサハリンスクエリアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発ユジノサハリンスク行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。