地図

ウィーン行きの格安航空券

ウィーン行きの飛行機

ウィーン空港は市街地の中心部から約16キロのところに位置し、フラッグキャリアのオーストリア航空とニキ航空のハブ空港としても活用されています。3つのターミナルを有し、ヨーロッパを中心にアジアや中東の航空会社やLCCも乗り入れています。日本からウィーンへの直行便は運休が続いていましたが、2018年5月より成田空港発ウィーン行き直行便の運航が再開。日本国内各都市からは、国内線を乗り継ぎ成田空港から直行便を利用するか、モスクワ、フランクフルト、チューリッヒといったヨーロッパの主要都市を経由してウィーンまで行くことができます。

ウィーン行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

ウィーン行きの飛行機は、年間の平均で約110,697円です。(*1)

ウィーン行き航空券の安い時期・高い時期

ウィーン行きの航空券は、年間平均で約110,600円 (大人1名あたりの往復運賃) です。年間を通して航空券の価格変動率が大きいのが特徴で、最も安い時期は2月。年間平均運賃と比較すると22%も安く往復航空券の相場は約88,700円です。相場が8万円台になるのは2月のみで、格安航空券を利用できる可能性があります。1月3月も年間平均より15~18%ほど安く、往復航空券の相場は約93,000~96,000円台10万円以下です。年間を通して最も運賃が高くなるのは4月。往復で約134,400円と年間平均運賃と比べると19%アップします。旅行客が増える7~8月は平均運賃より9~11%高く、相場は往復12万円台11月に入ると年間平均よりも16%安く約95,000円まで価格が下がります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

オーストリアの首都ウィーン。音楽・芸術の都としても知られ、連日開催されているオペラやコンサートも人気があります。大陸性気候で四季はあるものの、春と秋が短いのが特徴。5月の終わりぐらいから9月ぐらいまでは夏になります。最高気温が40度近くまで上がることもありますが、日本とは異なり湿気が少ないのでカラっとした暑さです。10月の終わりぐらいからは一気に寒くなり、11月に入ると本格的な冬が始まります。12月から2月ぐらいまでは雪が降ることもあるので防寒対策を入念にしておきましょう。旅行の際はフリースやジャケットなどを持参し、重ね着をして体温調節ができるようにしておくと安心です。旅行のベストシーズンは春 (4月ごろ) ・秋 (10月ごろ) の春と秋。過ごしやすく気候も安定しています。冬は寒いですが、クリスマスや舞踏会シーズンのウィーンならではの華やいだ雰囲気も楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

ウィーン行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?ウィーン行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接ウィーン行きのフライトをご予約いただけます。

ウィーンへ就航している主な航空会社

日本からウィーン空港行きの直行便は2016年9月より運休になり、これまではアジアやヨーロッパの主要都市で飛行機を乗り継がなくてはなりませんでした。2018年5月よりオーストリア航空が成田-ウィーン線の運航を再開。週5便の運航で、ウィーンへのアクセスが格段に便利になります。オーストリア航空とANA (全日空) は「スターアライアンス (Star Alliance) 」に加盟しているため、成田-ウィーン線でもコードシェア便の利用が可能。ANAでもオーストリア航空運航便の予約を受け付けています。そのほかにもアエロフロート (ロシア航空) (モスクワ経由) 、フィンエアー (ヘルシンキ経由) 、KLMオランダ航空(アムステルダム経由)、LOTポーランド航空 (ワルシャワ経由) を利用すると、乗り継ぎ時間が少なくウィーン行きのフライトにスムーズに接続します。そのほかにもカタール航空 (ドーハ経由) 、エミレーツ航空 (ドバイ経由) でウィーンに行く方法もあります。運賃がリーズナブルであっても、フライトによっては経由地での乗り継ぎ待ち時間が長い場合もあるので、予約時に最新のスケジュールを確認してみましょう。

ウィーン国際空港から市内中心部へのアクセス方法

ウィーン国際空港から市内中心部までの主な交通手段は、鉄道、バスです。

・シティエアポートトレイン (CAT)
ウィーン国際空港とウィーン・ミッテ駅を直通運転している鉄道で、運行間隔は30分。ミッテ駅までの所要時間は約16分です。空港の観光案内所や乗り場付近の券売機で乗車券を購入できます。ミッテ駅はウィーン中心部に近く、シティ・エアターミナルもあり駅構内でオーストリア航空便のチェックインも可能。連絡しているウィーン地下鉄ラントシュトラーセ駅より主要な観光スポットヘ行くことができます。

・シュネルバーンS7 (郊外電車)
ウィーン空港とウィーン市内のフロリツドルフ (Floridsdorf) を結ぶ電車。途中駅に停車するためフロリツドルフまでの所要時間は約37分です。空港はウィーン市外にあることから、シュネルバーンS7を利用する場合は、ウィーン市境まで (1.7ユーロ) とウィーン市内 (2.4ユーロ) の2枚のチケットを購入する必要があります。ウィーン市内の公共交通機関が乗り放題になる「ヴィエナ・シティ・カード (Vienna City Card) 」を利用する場合は、空港からウィーン市境までのチケットを購入するだけで乗車できます。チケットは空港の観光案内所や自動券売機で販売しています。

・バス (ウィーン・エアポートライン)
空港とウィーン中心部を結ぶバスで、約30分間隔で運行しています。ウィーン中央駅南口・ウィーン西駅行き (所要時間約40分) 、旧市街のモルツィンプラッツ・シュヴェーデンプラッツ行き (所要時間約20分) があります。運賃は8ユーロ。空港到着ロビーにあるウィーン・エアポートラインの自動券売機で乗車券を購入できます。

ウィーン旅行のお役立ち情報

音楽の都ウィーン

ウィーンに来たらまず訪れておきたいのが中心部にあるシュテファン大聖堂。モーツァルトが結婚式をあげた教会としても知られ、ハプスブルグ家代々の墓所でもあります。教会の塔は107メートルあり、ウィーンの街に高くそびえ立っています。モーツァルトが実際に暮らしていたモーツァルトハウスも名所のひとつ。王宮庭園にあるモーツァルト記念像もあわせて訪問してみましょう。音楽が好きな人にはウィーン国立オペラ座でのオペラやコンサート鑑賞もおすすめです。チケットはオペラ座の向かいにあるチケットセンターや公式サイトからオンラインで予約・購入可能。
世界遺産のシェーンブルン宮殿もウィーンで最も人気のある観光名所のひとつ。世界遺産にも登録され、外観は美しいマリア・テレジア・イエローのバロック様式。内部は美しいロココ様式で壮麗な装飾や広間を見学することができます。またウィーンの観光名所は、市内を環状に走るリング通りに集中しています。リング通り沿いにはマリア・テレジアやヨハン・シュトラウスといったオーストリアの歴史に欠かせない偉人たちの記念碑も建てられています。

ウィーン観光に便利な Vienna City Card

「ヴィエナ・シティ・カード (Vienna City Card) 」は、ウィーン市内の地下鉄、トラム、バスに乗り放題の交通カードです。カードはレッドとホワイトの2種類があり、ホワイトカードにはウィーンの定期観光バス「ホップオン・ホップオフ (Hop on Hop off) 」の24時間チケットやガイド付きの市内ウォークなどの特典もセットになっています。カードの有効期限は24時間・48時間・72時間と3タイプあり、ウィーン国際空港やウィーン中央駅の観光案内所で購入可能。スマートフォンにアプリとしてダウンロードすることもできるので便利です。

ウィーンへの滞在でホテルをお探しですか?

ウィーンのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なウィーンのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発ウィーン行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。