地図

ウォリス・フツナ行きの格安航空券の検索・比較

ウォリス・フツナ行き格安航空券はスカイスキャナーで予約

スカイスキャナーでウォリス・フツナ行き格安航空券を見つけてください。どこよりもお得な格安航空券が簡単に見つかります。スカイスキャナーの検索システムでは、世界のあらゆる航空会社のデータを検索し、世界中のあらゆる目的地までの価格を比較して、お客様がご希望の目的地まで、どこよりも安い航空券を探し出します。

フランスの海外準県のひとつウォリス・フツナ

ウォリス・フツナは、またの名をワリス・フテュナという、フランスの海外準県のひとつ。火山性熱帯環礁で、南太平洋のハワイからニュージーランドの間、南太平洋のフィジーの北、サモアの西に位置しており、現地には伝統的に首長として3つの地域に各王が存在しています。17世紀にオランダ人がフテュナ諸島を、18世紀にイギリス人がワリス諸島を発見しましたがが、19世紀にフランスが領有。住民投票を経て1961年にフランスの海外領土となりました。ポリネシア文化圏からも外れているため南太平洋の秘境とよぶにふさわしい環境。いずれもマタイ制度(酋長制)が君臨し、強い自治権を保有しています。ウォリス島には国際空港があり、フィジーニューカレドニアタヒチなどとの間で定期便が運行されています。

ウォリス・フツナの見どころ

ウォリス・フツナの見どころを紹介します。ウォリス島には、いまでも自治権を有する首長がいます。サモア系住民が住むフツナ島、アロフィ島と異なり、ウォリス島の島民はトンガ系で、彼らの伝統音楽や伝統舞踊は、現在のトンガに逆輸入されています。また、石造りの重厚なイメージの教会が島のあちこちに建てられており、火口湖や、ファレ様式の伝統家屋も異国情緒を高めてくれる要素のひとつとなっています。他にも石造りの教会や王宮、火口湖、トンガ砦跡などの見どころがあります。

ウォリス・フツナの各都市行き航空券の最安値は? (往復)

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。